PSO2ブログ「あけがたの出来事」

PSO2 ship9が拠点のチーム「暁の女神」のチームブログ的ななにか。 当ブログで使用しているPSO2の画像の権利は全て(C)SEGAが保有しています。 当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ: 雑談記事

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 昨年12月下旬に邪竜戦が実装されてから1ヶ月程になりますが、まぁ邪竜ばかり予告されるのなんので、最近再戦黒竜が登場してきましたが、いまいちモチベーションが上がってきません。
05
 基本的にステータスが4人用に調整されているだけで、やることは通常の邪竜と基本的に変わらないので、床ペロと制限時間にさえ気を付けていればクリア自体は簡単な黒竜さん。

 ただ、全体の火力が伴わなくていたずらに時間がかかってしまうのは良く無いですし、同じことの繰り返しなので集中力が切れてしまう事もあると思います。

 今回は個人的に色々と黒竜戦におけるPT構成を考えてみたので、その話をつらつらと。

●安定性と火力の両立ならばWBとTeは必須か●
 黒竜は火力が邪竜より上がっていますし、そもそも攻撃の挙動が結構厄介で分かっていても当たってしまう事が多い為、Teの使用する効果の高いデバンドは安定性を求める場合は必須と言っても良いでしょう。またWBとTeのシフタアドバンス・ストライク・クリティカルといったスキルは全体の火力アップに貢献しますので、一番バランスが良い安定性のある構成にするならばTeとWBがいると良いでしょう。

●PSに自信があるならば全員DPSが最も早い?●
 黒竜は邪竜よりも通るダメージが低いので、早期討伐を目指すならば4人全員が最も火力を出せるクラスで臨むのが一番かと思います。被弾の大きさや補助が無いのでリスクの大きい戦いにはなりますが、慣れてしまえば一番楽な構成かなという感じでしょうか。

●全員Guでチェインの瞬間火力で勝負する●
 ここからはお遊びの次元ですが、4人全員がGuで順番に弱点部位に対してチェインを決めていって瞬間火力で攻めるというもの。ただし、邪(黒)竜は図体の割に素早いので近接戦闘をするGuとしては戦いにくい相手。うまくグリムで接近しつつ、スタイリッシュロールで被弾しないような立ち回りが基本なので求められるPSは高めなのかなという印象。

●全員Foでイルバでひたすら攻める●
 弱点属性が氷である事を利用して、ひたすらイルバを撃って行くスタイル。これもお遊びにはなりますが、イルバの7回目の爆発を沢山打ち込んで高いダメージを安定して入れていくことで黒竜を制圧するというもの。先ほどのGuと違って接近の必要が無いのが利点で、ある程度なら動き回られても攻撃が継続していくというのが強みです。Foでなくてもイルバの火力が確保できるならば他のクラスでも良いと思います。

●結局はラコニウムソードが重要?●
 ダメージカットも入ってそもそも蓄積ダメージでは弱点露出しにくくなっているので結局はバスターディバイドをしっかり当てて早い段階で弱点を露出させないと時間がかかってしまいますからまずはしっかりとしたラコニウム担当を決めて臨まれるのが重要。

 といった感じであれこれと考えてみましたが、黒竜下方の声も割とあったりするみたいで、うっかり運営が下方対応しちゃう可能性もありそうなのでそうなったらそうなったでまた話は変わってきそうですけれどね。ただ、下方が必要なほどの難易度ではないと思うので、色々と攻略を研究していくほうが面白いんじゃないかなと思います。

 今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 1月24日より登場した「エリュトロン・ドラゴン」の再戦版となる「ドラゴン・アートルム」。実装初日から何度か回しましたので所感記事をつらつらと。
05
 初日はメンテバーストの影響もあって1回しか行けませんでしたが、初黒竜でしたので出来るだけ安全策をという感じでHr×2、Ra、Teだったかな?の構成で臨みましてとりあえず14分程で1度もペロらずに初回クリア出来ましたという感じでした。

 発表当時は黒竜戦だけかと思っていたのが、アプデページを見ると前哨戦の様子等載っていたので、前哨戦から死亡回数3回までにクリアは結構シビアかなと思いながらも難なくクリアできたので少し拍子抜けでした。

 実際クエストの内容や黒竜の挙動等に関しては通常の邪竜戦と変化は全く無く、魔物種も含めステータスが弄ってあるだけという内容かなと思いました。
 グラーシアと同じような仕様だとすればHPは邪竜の40%程という感じで、こちらの攻撃に対するダメージカットも入って体感的にはHPは70~80%位かなという感じ。攻撃力も10%アップの補正があるとの事ですからしっかりアークスを殺しにきてるような調整になっている感じです。

 PT構成としてはTeはとりあえず必須かなという印象です。4人全員がPSに自信のあるプレイヤー同士ならば4人全員DPSが一番早いとは思いますが、普通にやるならばやはりTeを据えて安定性を確保したほうが良いと思います。

 また、床ペロ防止策としてドリンクはデバンドリンクかガッツドリンクがやはり良いでしょうし、チームツリーもついつい攻撃力やレアドロを貰ってしまいがちですが防御力を貰っておくとより受けるダメージが減るので、HP回復潜在武器(フォルニス等)や乙女があればちょっとやそっとでは床ペロしなくなり強気に立ち回れるようになります。
 それでもという人は実装前から対策として話が出ていたスキルリングのパーティーオブタフネスとフレンズプロテクションの装備を試されるのも良いかもしれません。被ダメを約10%軽減との事で大分大きなカット率になりますし、ネメシスNTの潜在「聖浄の盾」もバリアによる被ダメ軽減60%が付いているので、Teの補助やドリンク、チムツリで補ってもなお死んでしまうという人はこれらの装備を試されるのがおすすめです。ただ、フレンズプロテクションは現在入手不可能なアイテムになっているので、持っていない人はエフォートシンボルで代用されても良いかもしれません。

 ドロップの内容については実装前にSOPが付きやすく、時還石クロノスが落ちるという事でしたが、それ以外は通常の邪竜戦と変わらずといった感じで、SOP付与の恩恵についてもバルが落ちてなんぼという感じなので黒竜が特に美味しいという感じでは無いです。

 これからまたソロクリア勢やどれだけクリアタイムを詰めれるか勢といった人達が色々と研究をしていくのでしょうけれど、とりあえず安定してクリアするための対策はしばらく取っておいて、確実に黒竜クリアをしていくほうがしばらくは良いかと思います。
 慣れてきたら徐々に全員DPS構成でクリアタイムの記録を目指したり、ソロクリアといった遊びにチャレンジしていかれると良いかと思います。

 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 本日は雑談記事です。
38

 少し前に放送されたPSO2STATIONにて、EP1~3モードの廃止が発表されました。
 ゲームシーケンスの整理を行う為という事で、今後はEP4~5のモードに全て統一されていくとの事。
 これに伴ってEP1~3で行っていたストーリー進行コンテンツのマターボードが廃止になるという事で個人的にはちょっとした衝撃が走りましたが、今からマターボードを遊ぶ人も少ないでしょうし、今はオムニバスもイベントクロニクルもありますからね。

 で、マターボードの廃止に伴ってマターボード内に用意されていた各種報酬の取得や、関連のクライアントオーダーの受注が出来なくなってしまいます。
 個人的に大きいなと感じているのが称号。マターボードに関連した称号自体は存在が残るが取得が不可能になるという点。

 新世武器登場以降こういった存在はするけど取得が不可能になってしまった称号というのは割と多く、折角なら取得条件を変えてあげれば良いのにと思うのですよね。
 今回のマターボード廃止で沢山の称号が取得不可能になってしまうのは勿体ないなと思うので、取得条件をオムニバスの進行状況だったり特定イベントの閲覧とかで取得できるように条件を変更して無駄にならないようにしてあげればと思いました。

 今後もゲームのアップデートが進んでいくにつれて古いコンテンツが廃止・削除されてる可能性は高いのでただ廃止していくのでは無く、ちゃんと残っていくものに対してのフォローはしていってほしいなと思います。

 今回は以上でございます、また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 本日は雑談記事。
 10日より配信となった「逢魔に誘う幻惑の森」が配信され、限定ドロップ品として紅葉モチーフの和風武器NTが新しく登場しました。
14
 配信前はEP2時代に非常に高い人気だった紅葉武器が☆13NT化してリニューアルされるという事で昔からPSO2をやっている人にとっては楽しみな武器だったのですが、、、

 蓋を開けてみると色々と残念仕様で、「SOPにも対応!」なんて謳っていながら紅葉NT自体にはSOP因子では無くステⅤが設定され、さらには幻惑の森で新たに登場した天然付与のSOPもバル武器のみに付くとの事で紅葉NTは拾ってもSOPが付いている事すらも無いという始末。

 さらには潜在能力も基本威力10%上昇で晴れの天候時のみ+3%という微妙なもので、晴れの天候時の+3%込みでネメシスやスレイヴを超えるかな?という感じで、HPやPP等の火力以外のOPを盛った場合はバジリスといい勝負するかなという感じになってくるので、交換やアップグレードのシステムも用意されておらず完全にドロップ限定品なので、よっぽど思い入れのある人かこの武器のデザインが好きな人以外は無理に集める必要も無いですし、乗り換える必要も無さそうな感じ。

 またSOPに対応と言っても結局はS1~3までの対応で紅葉独自のSOPが展開されなかった事から手に入れてもこれらの武器にSOPを付ける価値があるかと言われると正直微妙でよっぽどSOP素材を持て余している人以外は普通にステ盛りしちゃったほうが良いかなと思います。

 個人的にも期待していた武器だったのですがちょっと残念な武器として登場しちゃったなという感じです。せめて☆11の旧式からアップグレードできるようにしてくれてればなーと思いました。
 最近ネメシス・スレイヴNTやバル武器、そして今回の紅葉NTとドロップ限定でのみ新しい武器が追加される傾向が強く、これまでコレクトファイル中心に武器を集めていた人にとってはちょっとやりくにい感じになりつつありますし、コレクトファイルが実装されたバックボーンを考えると、この先もドロップ限定であれこれ追加されていくのはまた同じことの繰り返しみたいになってあんまり良くないんじゃないかなと感じています。特にシート枠拡張しちゃってる人なんかはこの先ドロップ限定品が増えてきてコレクトファイルの配信が少なくなってくると、折角SG使って枠拡張したのにと不満はきっと出てくるのではないでしょうか?

 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 本日は雑談記事。
 元旦から実施されてきた報酬期間の成果のお話し等々。
キャプチャ01
 今回の報酬期間はタイミング的にNT化されたネメシス、スレイヴやアトラ武器の仕上げの為にという感じの開催でしたが、個人的には武器の強化は今回は無しでした。

 本当ならアトラ武器を作りたかったところですが、いかんせんドロップに恵まれず、落ちてもS級無しという事ばかりで、実装時に計画していた構成のアトラを仕上げるには至らなかった感じです。必要なバル武器をマイショップ購入するにしても必要になるメセタが大分大きな額になる感じでしたし、、、アトラ以外の武器を他にという事も考えたのですがネメシスもスレイヴもテク職用で使っていたロッドやウォンドの旧式版をアップグレードしてちょっとOPを新しくする程度の内容しか出来ない状態で、今環境的にFoは苦しいポジションですし、ウォンドも今は殴りTeをやる予定がすぐには無い事もあってスルーという感じで、この辺はバランス調整が落ち着いてからかなという所。
 テク職武器以外も必要な装備はクリファドで作ってある事もあって今新しく作る必要性も無く、個人的には無計画なまま突入してしまった報酬期間でした。

 とはいえ折角の報酬期間何も作らずというのも勿体無かったので今回はユニットをちょっと新調しました。
 私はメインテク職とそれ以外のクラスという感じで2パターンのユニットを運用するようにしていて、今回はテク職以外のHrや今良く遊んでいるRaで運用する為のPP特化ユニットを新調しました。
 それまでは同じくPP特化のクラフトサイキで事足りていたのですが、いい加減全身☆12にしてリングスキルの複数運用をしたほうが良いなという事で、全身クリファドにしてエアリバーサル、ステップジャンプ、アトマイザーラバーズを付与させました。リングスキルについてもどのクラスでもあって困らないスキルという事でこの3つを選択しましたという感じです。

 EP3くらいまでは各種打撃ユニ、射撃ユニ、法撃ユニという風に作っていたのですが、基本的にテク職しか遊ばないスタイルでしたし、新しく良いユニットが出る度にそれぞれ作り直すのも面倒になってしまって法撃ユニット以外はもうPP盛りで良いかなという感じになってしまった感じ。

 法撃ユニットのほうは早々と全身☆12にしてしまったのでこれでもう☆11ユニットを装備することはもう無いかなという感じです。とはいえユニットの性能自体は☆11ユニットもしっかりクラフトを施してあれば全然現役性能なのでリングスキルは便利ですけど特に複数運用が必要無い人なんかはまだ☆11ユニットでも良いと思いますし、☆12ユニットはエキスパ取得条件に含まれてますが、本格的な乗り換えはリングスキル複数運用の必要性を感じた時で良いかと思います。

 一応報酬期間を無駄にせずに済んだかなという感じで、アトラやその他装備に関しては今日からスタートする「ARKS NEW YEAR CARNIVAL 2018」のウェブ連動イベントの報酬期間の機会で良いかなという感じです。

 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。

↑このページのトップヘ