PSO2ブログ「あけがたの出来事」

PSO2 ship9が拠点のチーム「暁の女神」のチームブログ的ななにか。 当ブログで使用しているPSO2の画像の権利は全て(C)SEGAが保有しています。 当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ: 雑談記事

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 本日は雑談記事。
 数日前に公式サイトにて発表があったこの記事。
09
 公式放送で話が出てたりしたっけ?っという感じで、急に決まった対応なのだろうかという印象。

 内容的には各クラスの80キャップ解放の為の条件を緩和しますよというもの。
 ただこの対応にはちょっと異議があると言うか、やるにしてもなんでこんなに早く?という感じでまだまだゲームのバランス調整方針がブレブレな印象が感じられます。

 木村Dは80キャップ解放の発表当時に「条件が厳しすぎない?」という質問に対して、「しっかりとレベル75でできる事をやってる人に向けてのさらなるステップアップとして用意しているもの」といったニュアンスの回答をしており、さらに「条件は厳しいけれど事前(実装まで)に準備ができる事なので、この条件を変える事は無い」とも仰ってました。

 当時は80が条件となるクエストも部分的にしか入れないと言っていた割にはグラーシア、再戦大和、魔神城戦G3+、不断の闘志XH、年明け以降はエリュトロン・ドラゴンの再戦クエストも実装予定と結局なんだかんだと80が条件となるクエストをバンバン配信してきており、80キャップ解放の発表当時を振り返るとちょっと話が違うじゃないかという状況にはなってしまっているかなとは感じます。

 それでという事なのかは解りませんが、通常クラスにおけるキャップ解放条件を緩和してもう少しハイエンド向けコンテンツに人が集まるようにという事なのでしょうが、今回条件から外される「〇〇の極致を志す者」の称号は所謂SP獲得オーダーと言われるものを各クラスで用意されているものを全て達成した証として貰える称号となっており、1クラスで用意が必要なクラスエクスキューブの数も21個と75キャップ段階では集められる数も1個ずつなのでそれなりに骨が折れる作業が求められる内容だからこそ80キャップ解放の条件としては相応しいかなとは思っていました。

 今回この対応が行われる理由としてはもう一つ考えられて、EP5スタート以降のゲームの不振で離れていったユーザーの穴埋めを少しでもこれでやっていこうという目的も兼ねているのかな?という印象で、公式がこれまでやってきた事に対する後始末をやっているような感じでどうも単純な条件緩和には感じられません。
 条件緩和が入る事でこれまでレベルの兼ね合いで一緒に遊ぶことが出来なかった人と一緒にグラーシアや再戦大和といったコンテンツを遊べるようになるのは良い事ですが、頑張った者同士が一緒に遊べるからこそ生まれる効率もあったと思うので今後その辺が無くなってしまいそうなのは残念かなと感じます。

 どちらにせよ実施されてしまう対応ではあるので、今後はエキスパ条件追加や強化等でよりハッキリとした住み分けが出来るような対策が必要なんじゃないかなとは思います。
 個人的にはこの緩和はやるにしてもキャップ解放実施から1年も経たずにやってしまうのは違うと思いますし、今回緩和されることで今後は80条件のコンテンツがより増えますよと言ってるようなものなので、今後はどんどんクエストも先細りしていくのかもしれないのが予想されます。

 今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです♪

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 二日続けての所感記事。本日はリニューアルされた懐世調査:リリーパについてです。
27
 ナベチに続いてリリチもリニューアルされ、また元気を取り戻したアルティメットクエストですが、今回はこのリニューアルに合わせてスレイヴシリーズ武器がNT化。新性能で割と強い武器となっております。

・「誘惑の魔盾」与ダメージが17%上昇。一定間隔(30秒)で吹き飛ばしを無効化するバリアを展開。(PP自動回復量20%上昇。攻撃時PP回復量30%上昇。)

・「誘惑の調べ」(タクトのみ)一定間隔(20秒?)で吹き飛ばしを無効化するバリアを展開。(PP自動回復量上昇。攻撃時PP回復量上昇。)
 こちらのほうは詳細な数値がまだ出てきて無いので続報待ちという所。

 誘惑の魔盾に関してはネメシスNTの聖浄の盾と持ち替え運用を行ってもバリアの有無と再展開までのカウントがリセットされないようになっており相互関係がある仕様。
 PP回復関係の効果に関しては聖浄の盾のPP消費量減少効果と同じくバリア展開中のみ適用される効果となっています。また吹き飛ばしの他にノックバックやダウンも無効化する仕様で、5秒ほど効果が持続する為多段ヒットも防げるようになっています。


 今回もアップグレードに関してはネメシスNTと同じ方法でジグから交換という感じで、コレクトファイル無しのドロップ限定品となっています。
 
 クエストの内容としては雑魚エネミーのHPが1.5倍、ボスエネミーのHPが2.5倍、エネミー攻撃力が2倍に上昇しておりリニューアルの調整内容としてはナベチと同じとなっております。やはり攻撃が苛烈になり非常に硬くなった印象で、しっかり12人で回して行かないとナベチよりも道中のエリアが狭めとなっているのでアンガやグランゾが出現した際は事故に巻き込まれやすくなった感じです。
 
 またリニューアル配信と同時にナベチと同じくリニューアル記念ブーストも実施されております。
31
 今回もナベチ同様に好評なら第2弾キャンペーンブーストも用意されるかと思いますが、今回のブースト内容は以下の通り。
(開催期間:2017年12月6日~20日メンテ前まで)

 ・エネミーHP+100%
 ・レアドロップ倍率+150%
 ・獲得経験値+150%
 ・☆14アカツキのドロップの追加。
 ・☆14ユピテルトゥルスのドロップの追加。
 ・☆14クヴェレウィンディアのドロップの追加。
 ・☆12リア/ウェラボードのドロップの追加。


 今回は大和産☆14が3種にナベチと同じくウェラボードがキャンペーン中ドロップに追加されております。エネミーHPも上昇しておりリニューアルの強化分と合わせると5倍の強化となりゼータ・グランゾが2500万、イプシロン・グランゾが3400万程までHPが引き上がりDFルーサーやエルダーと同等くらいのHPをこのキャンペーンブースト中は発揮しているみたいです。


 という事で個人的な感想としては、ナベチリニューアルの時にも感じた事ですが石をもう少し集めやすくして欲しかったかなという所です。長くプレイしている人ならば旧式版の完成品の用意があるでしょうけれどクエスト自体が実装された当時にプレイしていなかった人は欲しい武器を狙って取るのにやはり石集めから頑張らなくちゃいけないのはちょっと敷居が高すぎるかなと感じます。長くプレイしている人でも今回のスレイヴNTの性能を見て改めて別の武器種のスレイヴがほしくなった場合やはり狙ってその武器をドロップさせる事は難しいので旧式武器からのアップグレードに頼ると思いますから、この際旧式の交換に関してはレートを調整するなり、石を集めやすくするなりで緩和策があればよかったのにというのは強く感じます。
 この流れだとアーレスやインヴェイド・オフスティアのNT化もなんだかありそうな感じなので、もしやるとするならやはり「今から旧式版を集める」という点に関しては緩和策は用意してほしいかなと思います。特にオフスティアNTなんかはどうせ簡単にアップグレードさせてくれなさそうですし。

 今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです♪

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 昨日から発生するようになった緊急クエスト、「氷上のメリークリスマス2017」の所感等をつらつらと。
21
 昨日初日に2回ほど回った感じとしてはドロップもそこそこ、周回数もそこそこという感じで旨味に欠けるような印象。ここ最近ポリタンやリニューアルナベチだったりで☆14ドロップチャンスが多く用意されてた時に比べると今回は基本的にフォルニス復刻用クエストですし、ドロップ限定品のツイントンファーもそれほど魅力的な武器じゃなかった事もあって今年最後の季節緊急としては総合的に微妙な印象。あとはリリチリニューアルとタイミングが同じになった事もあってそちらを優先する人も割と多い印象で配信初日からスルーされ気味だったんじゃないかなと感じました。

 クエストの内容としてはいたってシンプルで丸ぐる形式のトライアルでクエストポイントを稼いでいく。登場するボスエネミーは今年配信された各季節緊急で二つ名付きで登場した連中が多く出現。戦道で登場した「月光のガル・グリフォン」やトリトリで登場した「幽幻のディーオ・ヒューナル」も登場する為ドロップ限定品のバレットクナイやリュミホーレーを再度ゲットできるチャンスにもなっております。

 ただ、やはりという感じでトライアルの発生に周回毎に波がある感じで発生しない時は本当に雑魚ばかり湧いて全然ポイントが蓄積されず時間だけかかってしまう事もちらほら。さらには戦道やトリトリと違ってトライアルを掘る為に過剰に先行するプレイヤーも時には居たりするのでそうなってしまうと本当に統率が取れずさらに余計に時間がかかったりという事もあるので、丸ぐるではなく進行型で良かったんじゃないかなと感じます。

 ドロップ品に関してはお馴染み☆10ディオシリーズに全クラス装備可能なタクト「ローズスキュア」が再登場したり☆13ラッピーエッグのチャンスもあります。メリクリコレクト品についてはセント・ラッピーか聖夜のデウス・ヒューナスからドロップするようになっています。
 今回再登場となっているフォルニス武器も初回配信時に仕込まれていた二つ名ボスエネミーから直ドロが狙えます。

 という事でどちらかと言えばリリチのほうが魅力的な感じはしてしまいますが、フォルニスも今回の配信をもって一旦終了になると思いますから、半端に集めきれてなかったものや今のうちに集めておきたいフォルニスはしっかりと集めておきましょう。

 今回は以上です、また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです♪

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 本日は雑談記事です。
 先月末にPSO2が3年連続となる「PlayStation™ Network Award」を受賞したという事でおめでとうございました。
16
 「PlayStation™ Network Award」はネットワーク売り上げ上位3位までに送られる賞という事で、集計期間が去年の10月から今年の9月一杯までの1年という事で、確かに去年のこの時期とかはいよいよ☆14武器が実装されるだったり、マザー戦が楽しみだったりとかでその勢いを維持したままソロ花だったりデウスエスカが登場したり、バトルアリーナが実装されたりと正直な所EP5実装まではほんとに調子が良かったというかいい流れがずっと続いていたのがあったのと、あとは良くも悪くも新EPサービスインで大きな反響がありましたから新規もそれなりに増えたでしょうしという所での結果なのかなという印象です。

 継続してプレイしていた身としては当然この間も波はあったように感じますし、EP5以降アクティブプレイヤーが減少している事は実感していますが、山あり谷ありの中でもこうした結果を残すというのはすごいなと思います。

 という事で今年も受賞を記念してアイテム配布や記念ブーストの実施が予告されているので、今夜のアークスライブで何か告知があるかもしれませんね。


 で、話は変わりまして、、、
 「PlayStation™ Network Award」めでたいなーっと思っていましたら昨日こんな発表が。

17
 来年の3月22日リリース予定でPSO2のTCG展開がスタートされるとの事で、、、「えっ」という感じ。正直個人的にはどういう需要で?という印象で、色々と嫌な予感も既に感じてしまっています。

 確かにTCGって今は色んな物が出てきてますし盛んな文化かと思いますけれど、バランス調整という点ではおそらくゲームよりシビアなものだと思いますしPSO2プレイヤーやPSシリーズファンに向けたものだとしてもそういった部分はしっかりとしなくてはいけないものなので、さすがに開発は別チームだとしても現状ゲームのほうのバランスを考えたら果たして信頼できる面白さやゲームバランスを提供できるのか既に不安です。

 次にこのTCGの商品展開とゲーム側の特典アイテムや限定アイテムが抱き合わせで展開されるのでは?という点。これまでもリアルグッズにアイテムコードをバンバン付けてきたPSO2なのでそういった部分でTCGに興味の無い人にも買わせてくるんじゃないかというのが不安です。まだそうと決まった訳ではないですがあり得る展開ではありますし、、、、

 そして一番懸念されるのはオフラインイベントでTCGの大会が開催される事ですね。感謝祭イベントでゲーム部門とTCG部門といったように次回は大会が開かれるんじゃないのかなと、、、なにかしらのTCGを遊んだことがある人は理解できると思うのですがTCGの対戦ってやはりルールを理解している同じプレイヤーでないと内容が理解できませんし、その模様を放送に乗せるとなると非常に地味な光景になります。実況もやりにくいですしね。正直興味無い人は見ていて非常につまらないものになると思います。

 と、色々と勝手な事を書きましたが、全然あり得る事だと思いますし、確かに今TCGって盛んな文化なのかもしれませんがDCGも増えてきて今はそちらのほうが勢いがあると思うので今新規に独自のTCGを展開していくというのはまずそもそもそれが大丈夫なのかな?という感じです。 
 正直やるならesの拡張要素で入れるなり、別のスマフォ向けPSO2としてDCGとして展開させたほうがよっぽど良かったんじゃないの?とは思います。
 ともあれすでにTCG展開は決まっている事なのでせめてゲームのアイテムコードだったりオフラインイベントに絡ませて展開するような事はやめてほしいなと思います。やるならTCGはTCGで完全に独自でやっていただきたい所です。

 今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 今回は雑談記事。
 先日のPSO2STATIONにて12月13日から配信の新SGスクラッチの情報が発表されましたね。
35
 現在配信中の「マザー・クラスタイミテーション」ではコオリ、フル、オークゥ、ベトールといったキャラクターの衣装やアクセサリーがラインナップされましたが12月13日のメンテ前までで配信終了となり新スクラッチへバトンタッチ。
 今回はまだ未実装だったマザー、オフィエル、アラトロンの3キャラの衣装・アクセサリー・武器迷彩が中心となった「エーテルマザーホープ」が同日メンテ明けより配信スタートとなります。

 で、私が個人的に期待していることは「ファレグさんのボイスチケットの実装」です。
 ファレグさんは衣装やアクセサリーや専用の顔バリエーションとボイス以外のものは一通り実装されていますが、ボイスだけはずっと未実装のままだったので個人的にはずっと待っているアイテムなのですが、この機会にしれっと実装されていると嬉しいなーっとちょっと期待しております。

 中の人の皆口裕子さんのボイスはいくつか実装されているのですが、どれもファレグのキャラクターとは違ったニュアンスのボイスだったので、いい加減ファレグボイスが欲しいですね。
 マザー・クラスタイミテーションのほうではコオリ(マザー・クラスタVer)、フル、オークゥ、ハギト、ベトールとボイスが実装されており、今回のエーテルマザーホープのほうでマザー、オフィエル、アラトロンの3人分だけボイスチケットが実装されるとなるとファレグさんだけマザー・クラスタ内でボイス未実装となってしまうので流石に実装されるんじゃないかなと。

 またロビアクのほうでもファレグさんのお辞儀アクションが新しく登場しますから、期待値は結構高いかもと思っております。
 以前のキャラクター総選挙のほうでも一貫してファレグさんにだけ票を入れ続けたくらいNPCでは個人的にファレグさんが一番好きなキャラなので今回実装されるといいなと。

 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです♪

↑このページのトップヘ