PSO2ブログ「あけがたの出来事」

PSO2 ship9が拠点のチーム「暁の女神」のチームブログ的ななにか。 当ブログで使用しているPSO2の画像の権利は全て(C)SEGAが保有しています。 当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ: 攻略関係

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 という事でこれといった記事ネタも当面ありませんので久しぶりの更新。
 といってもコレクトファイルの登場でメインストリームは完全に★13ですし、★14も一部カテゴリで実装されましたから、今更★10や11の石交換武器を使う人は居ないと思います。

 まだ一部石に関しては集め甲斐がありますが、全体的に見るとほとんどの石は現状存在価値がなくなりつつあるので、更新はしますが、こんな時代もあったなーって感じで暇つぶしとしてご覧いただければと思います。

●石ころとは●
19

 確実に高レアリティ武器を入手できる手段として登場。初心者やライトユーザー向けの救済措置の一つ。アイテム毎に決められた石(輝石や魔石)を集めて交換ショップで交換するシステムの事。一時期は新武器実装と抱き合わせで新しい石が登場し、余りにもその様がひどかった為に「石ころオンライン」と言われていた時期もあります。
 レイドボスのデウスエスカ実装からアップグレード仕様が本格化。それに伴って石ころ集めがまた復活してきたような感じになっており、素材倉庫の一件でもこの石ころに関しては今後も追加実装していく旨を明言しております。


 ・虹輝石イリティスタ レート:20個
DFエルダー、ファルスアームからドロップの石、おそらく一番古くからある石。
ルイングロームやフォシルヴィクター等の負滅牙潜在の★10と交換可能。★10が環境トップだった時代に、初心者がまず最初に手に入れていたであろうレアはおそらくこの交換アイテムだったはず。後に数を保有し始めると、属性強化用に交換されるようになった。


・幻輝石シンセスタ レート:100個
DFルーサー、アポスドリオスからドロップの石、ルチルス、ユウエイなどの全クラス装備できる★11と交換できる石、イリティスタ同様に★11環境に、なかなかエネミードロップできない人向けの救済措置の一つでした。
レートは100個でしたが、当時予告緊急で頻繁に戦う機会があり、一度に拾える数もそこそこだったので、逐一通っていた人には難しくない数字でした。 


・AD輝石 レート:90個(ヴァーユ、アグニといった名称の石達)+指定武器1個
各種アドバンスクエストで拾える石、フィールド毎に種類が異なりその種類数は12にもなります。それぞれの武器カテゴリ毎に決められた種類の石を集める必要があるため、この辺の仕様実装から石ころオンラインの片鱗を見せ始めてきます 。後にこの石100個を同じ種類の大輝石1個と交換できる仕様が入り、もともと種類の多かった石ころの種類が一気に倍になるという、倉庫圧迫なにそれ美味しいの?


・AD大輝石
先ほどのAD石100個で1個交換するか、ADクエストドロップで入手の石。この大輝石は二種類の交換に使用され、レートが異なる為、以下にまとめておきます。
○大輝石3個 or 30個+指定武器1個
所謂旧AD石交換武器の上位互換武器を交換できる。大輝石の数で同じ武器でも元々の属性値とスロット数に差があり、一回の交換でより良いものがほしい場合は30個で交換するほうが良い物になる。 
大輝石3個だと属性20の2s、大輝石30個だと 属性50の6sとの交換となる。
○大輝石3種類各種15個
後述するバイオシリーズの上位互換であるライブ シリーズを交換できるレート。★12で全クラス装備可能な武器と交換できるが、潜在が残念なために、同じ★12武器の性能より随分劣ってしまっている。武器カテゴリ毎に集める大輝石の種類は異なり、このライブ武器の性能だけなら無理して交換する必要は無いのだが、ジグから指定されたライブ武器を数種類提示することで、DF産の★12武器をもらえる仕様が入った事で、その為に石を集めてライブ武器を交換せざるを得ない状態になってしまっていた。現在はDF産★12はマイショップで購入できたり、コレクトファイルの必要アイテムに指定されることがあったりして入手は容易になった為、ジグ交換のためにライブ武器を集める必要は無くなった。


・EX石
エクストリームクエストで拾えたり、踏破のご褒美にもらえる欠片、原石、魔石の事。AD石同様クエスト毎に拾える種類が異なる。
○欠片90個→原石1個
○原石30個→魔石1個
○触媒1個+魔石1個→別種の魔石1個

という風に交換もできる。肝心のアイテム交換に使用するのは原石と魔石な為、欠片は集まり次第、原石に交換していくしか使い道が無い。
○原石50→★11ユニット1個
ユニット自体はEXクエストでの現物ドロップもあったが、記憶が確かなら、サイキユニット実装までは現物ドロップを狙うかこの方法でしか★11ユニットは手に入らなかった為、魔石交換の紅葉シリーズ目的と合わせてEXに籠った人は多かったはず。
○魔石5個→★11武器1個
所謂紅葉シリーズ武器の交換レート、当時緊急ボスドロップを狙う以外ではこの方法でしか★11武器は手に入らなかった為、そういった需要と武器のデザインも相まって非常に人気になったシリーズ。今は使わなくなったけど、愛着があって倉庫に置いたままになってる人多いんじゃありませんか?w 
○魔石6個→★11武器1個
こちらは同じ★11でも全クラス装備可能な★11バイオシリーズが交換できるレート、前述のライブシリーズデザインの兄貴分。こちらも納刀時に武器がカード状のホログラムに収納されるという ギミックや、当時使いやすい潜在から人気がでたシリーズ。


・ウェポンズバッヂ レート:アイテムによって様々
石ころではありませんが、集めて交換することには変わりありませんので一応。実装時からあらゆるクエストのドロップやトライアル報酬、クエスト報酬で集める事が出来るアイテム。
現行で使える2017バッヂは★13新和風武器やソロ花トリガーや★12ユニット等と交換できるようになっている。

・灰輝石シヴァ レート:100個+指定武器1個
マガツからドロップできる石と★9武器を揃えて★11の上位互換武器との交換ができます。


・壊輝石ドゥルガー レート:100個+灰輝石シヴァ100個
所謂マガツ武器と言われる★12武器との交換レート。武器潜在はなかなか優秀。今の環境でこれから使えるものかと言えばちょっと厳しいですけれど(´・ω・`)
ルーサーのシンセスタ同様、マガツ緊急に通っていれば自然と貯まっていたりするので、交換自体は比較的楽な部類。


・陰輝石チャンドラ レート:200個
黒の領域探索XH「クエスト報酬」やハンスのCO等で入手可能な石。スカルシリーズと呼ばれる★13武器との交換レート。潜在もさることながらその武器デザインが秀逸で厨二心をくすぐられる。
旧式武器ではありますが、現在の環境でも活躍している武器なので、交換しておいて損は無いです。旧式武器なので強化も運が絡むという点を我慢できれば作っておくと良いと思います。


・極機晶ユルルングル レート:250個
アルティメットクエスト壊世調査:リリーパのSランククリア「クエスト報酬」 、カジノ景品、フランカ、ハンスのCO等で入手可能な石、今でこそこれだけの入手方法が割と多く用意されている石、実装当時はこの「クエスト報酬」のみでの入手に限られており、「石ころオンライン」の通称を確立させた石。★13のスレイヴシリーズを交換できる。レート250個で属性値15の3s1個との交換と今考えてもだいぶ厳しい交換条件となっています。現在は他に集める方法が用意されたのでそれほどでもありませんが、、、
武器自体の性能はカテゴリによってはまだまだ活躍していると思います。が、コレクトファイルでこれより高性能なものはたくさん出てきてしまったので、いまからこの武器を交換して旧式仕様の強化を頑張れるかどうかというのはちょっと難しい所。


・ 極原晶ガレル レート:250個
アルティメットクエスト壊世調査:ナベリウスのSランククリア「クエスト報酬」、カジノ景品、フランカ、ハンスのCO等で入手可能な石、ユルルングルでのユーザーの不満を一切無視し、公式放送で「元々こういう計画でした。」発言の元実装された。ガレルに関しては追加実装当時からクエスト外での入手方法が用意されてはいたが、ユーザーとしては「またか、、、」と思った人は多いはず。★13のネメシスシリーズを交換できる。潜在の世壊種のダーカーにも効く、負討滅刃が注目を集め、アーレス堀り、ユルルン堀り、に続き三度ユーザーをULTのまるぐる地獄へと誘った。
潜在の負討滅刃は大変人気の出た潜在能力で長らく光属性武器の決定版として活躍していましたが、さすがに現在では複数属性をカバーできるフォルニスや錬成開花の存在が大きくあまり見かけなくなった。


・幻精石アーレス レート:60個
「アーレスシリーズ実装から一年なので」という訳の分からない理由で実装された石。これにより、必死にアンガ堀りしたり、まるぐるして拾ったアーレスがユニクロ化。 石60個で属性20の3s1個と交換できるが、手持ちの不要なアーレス武器1個を石20個に変える仕様まで入り、目的のアーレスを入手しやすくなった。アンガファンダージ、ディーオヒューナルからドロップ。現在はこの石自体は拾っても今更アーレスという人も大分多くなってきた。旧式武器だし、コレクトファイルあるしで、今からアーレスを交換するならサブキャラ用とかになってくるのでしょうかね?


・深遠片カリギューラ レート:100個+エクスキューブ100個
深遠なる闇、ディーオヒューナルがドロップ。★13インヴェイドシリーズと交換可能。レート的にはなかなか厳しそうに思えるが、カリギューラ自体はシンセスタ同様に気が付けば集まっている系の石であるため、徒花緊急等にしっかり通っていれば、数を揃えるのはそう難しくはない、もらえるインヴェイド武器は10600、5sとレートの割に破格の性能の物をもらえるが、次に紹介するオフスティアシリーズの交換の触媒になるため、あくまでもこの交換は通過点でしか無いのが寂しいところ。


・黒曜片ネロウ レート:100個+α 
実装当時「石ころオンライン」最強の刺客だった石。ドロップ自体はレベル71以上の、ヒューナル、アンゲル、ダランブル、ディーオヒューナル、DFエルダー、DFルーサー、DFダブル、【若人】複製体と数多くのボスエネミーからチャンスがあるが、とにかくドロップしない石として実装当時話題になりました。フルブで掘っても拾えない事しばしば、だが、採掘基地防衛戦:終焉実装以降わりかし拾いやすくなった。少し前まで環境最強と言われていた★13オフスティアシリーズとの交換に必要。交換に際してはこのネロウ以外に、前述したあらゆる石ころが必要。
○同カテゴリのインヴェイド武器1個
○深遠片カリギューラ100個
○黒曜片ネロウ100個
○極機晶ユルルングル50個
○極原晶ガレル50個
○魔石ハートキー5個
○魔石ブラッディムーン5個
○魔石ファントムナイト5個
○フォトンブースター10個
○エクスキューブ300個

これらを揃えて初めてオフスティア1個を交換できる。公式も「やり込み向け」と言っているだけあってなかなかおいそれと揃えられる素材数では無い。
今ならばギクス、アストラ、ゼイネシス、クリファド等オフスティアを超える武器が多くなってきたので、無理に交換する必要はないが、交換して損はないです。


・光輝片トラナ レート:武器の場合30個、ユニットの場合50or60個
採掘基地防衛戦:終焉XHにて拾える石。交換用途は多く、所謂オフゼユニットの交換、オービット武器の交換、オービットユニットの交換に使用される。一度に拾える数はそこそこ。ソロEXクエストでも拾えるようになっていますし、ウェポンズバッヂで交換も出来る。
オフゼユニ、オービットセル、オービット武器のいずれも現環境で活躍できるアイテム。特にオービット武器はPP効率がぐんと引きあがるのでまだ持っていない人はおすすめです。
交換できるのは旧式武器のソード、ナックル、DB、ランチャー、TMG、弓、タリス、ウォンドとなっており、他のカテゴリ武器は防衛戦VRでのドロップか、今後再配信されるかは不明ですがコレクトファイルからの入手となっております。

 ・同種のインヴェユニット1個+黒曜片ネロウ50個+光輝片トラナ50個=オフゼユニット1個
 ・光輝片トラナ30個+星繋石プレアデス60個=オービット武器
 ・光輝片トラナ60個+星繋石プレアデス30個=オービットセル(レッグユニット) 


・星繋石プレアデス レート:武器の場合60個、ユニットの場合30個
各種防衛戦クエストXHクリア報酬でもらえる石。終焉、絶望、侵入の場合は2~3個、襲来の場合は 1~2個もらえる。使用用途については前述のトラナにあるオービット系アイテムの交換に使われる。トラナとセットでアイテム交換に用いる石。トラナ同様にウェポンズバッヂで交換もできる石なので、集めるのは割と楽。


・幻創石カガセオ レート:キャンディの場合50個、★12武器の場合80個、★13武器の場合200個
EP4実装と同時に登場した。東京,ラスベガスフィールドで拾える石でEP4からの初心者向けに★12武器、★13武器と交換が出来、新クラスサモナーの為の交換も用意されている。


・ユニオンブースター レート:5個
ソロ徒花登場時に実装された。レイシリーズの武器&防具をユニオンシリーズにグレードアップさせるために必要。レート分の5個と交換先と同じカテゴリ・部位のアイテムを用意することで、素材となったアイテムの強化値やOP構成をそのまま引き継ぐといった仕様の交換となっている。入手はソロ徒花と呼ばれているクエスト「輝光を屠る輪廻の徒花」にてドロップ。現在はクエストトリガーでのみチャレンジが可能となっている。


・クリファドフューズ  レート:武器120個 ユニット60個 潜在解放120個
EP4の終盤にまさかの石拾い復刻。ユニオンブースターはまだ必要個数が少なかったのでよかったですが、クリファドフューズに関してはがっつり「石を拾え!!」というレートとなっているので、複数個分集めようと思うとゼフィロスもグラーシアも両方しっかり通ってもそこそこ時間がかかります。交換に関しては交換先と同じカテゴリ・部位のゼイネシスと武器ならば120個、ユニットならば60個のフューズが必要。レイ⇒ユニオンの交換と同様に、交換元となるアイテムの強化値やOP構成が引き継がれる交換となっている。


・エーテルフューズ  レート:20個
EP4で舞台となった地球産の武器のアップグレードと大和関連武器の新潜在解放に使用する石。ユニオン、クリファドと味をしめたのかここから石ころ集めが本格的に復活。レートは20個と少な目だが、アップグレード武器が持つ特殊能力因子がステⅥという事で因子利用の為に交換数は多数になるかと思います。
強化版として再登場した大和とその再戦クエストに登場する天轟戦艦大和からドロップする石。デウスエスカに比べて1度の緊急発生時に戦える数が1回分多いのでクリファドフューズよりは収集しやすくなっている。
アップグレードに関してはユニオンやクリファドと同様に強化値やOP構成がそのまま引き継がれるようになっている。


・クリシスブースター  レート:60個
EP5のメインコンテンツであるバスタークエストにて収集できる石。同カテゴリのイヴリダ武器と石60個でクリシス武器へとアップグレードできる。クリシス武器となることでイヴリダの潜在を引き継ぎつつバスタークエストのディフェンスフェイズにおいてさらに威力アップするようになる。
バスタークエスト自体は常設で1度のクエスト時間も割と短めなので、周回する事自体は楽だがメインマッチでしか落ちない石なので、都度フリーマッチを挟む必要があるのがちょっと難点。
フリーマッチで収集できるバスターメダルでも交換可能な石となっている。


・シュベルブースター  レート:60個
EP5のメインコンテンツであるバスタークエストにて収集できる石。同カテゴリのクリシス武器と石60個でシュベル武器へとアップグレードできる。シュベル武器となることでイヴリダの潜在を引き継ぎつつバスタークエストのバスターフェイズ、アタックフェイズにおいてさらに威力アップするようになる。
シュベル武器にするためにイヴリダ⇒クリシス⇒シュベルと3段階のアップブレードが必要となっており結構大変。強化値やOPは引き継ぎなのでイヴリダの時点で強化とOP付けをしておけば後は交換するだけではあるが、、、
クリシスブースターはバスターメダルでの交換は無く、クリシスブースター10個で1個が可能となっているが、シュベルにするために結局クリシスブースターも使うのでこの辺はちょっとなんだかなーって感じ。

 という事で2017年9月更新版は以上となります。
 また次回です♪
 参加中です、ご協力いただけると嬉しいです

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 昨日に続いて本日もビンゴのお話し。今回は裏面です。表面攻略記事はコチラから。

54

●配信期間●
 2017年9月6日~10月11日。

 裏面ビンゴの景品内容はこちら。
02

 今回の裏面ビンゴは非常に難しい内容となっていて、運が悪いとおそらくコンプ出来ない可能性があります。根気よく戦道に通うか関連の常設クエストを回していく必要があるのでビンゴの為にも行ける戦道には毎回参加するようにしたい所。

●エネミー撃破系●
 裏面は表面から引き続き戦道関係と拡張が入ったバスタークエスト関係のエネミーが対象となっております。

「バスタークエスト関連」
 ・オークボンバ ・ボンバゴーレム ・ミノタオルグス
 ・魔神城・ランザーバレス
 オークボンバのみG2以上指定でほかはG1以上であればクリアできる。

「戦道関連」
 ・ガンナガムLV21以上 ・バン・オガキバルLV21以上 ・ガウ・オガキバルLV1以上
 ・プレディカーダLV21以上 ・ゴルドラーダLV41以上 ・プラチドーラスLV1以上
 ・グアル・ジグモルデLV21以上 ・ガル・グリフォンLV21以上
 
●レアエネミー系●
 前回の「サマー2017ビンゴ」の裏面でも仕込まれていたレアエネミー系ですが、今回は非常に難易度の高いエネミーがラインナップされており、多くの人はこのレアエネミーの討伐に苦労されていると思われます。一応全て戦道に出現する可能性はあります。
 
 ・プレディカーダ・ネロEx凍土と機甲63、Ex森林と龍51、68、Ex遺跡と海王52、65にて確定出現。指定レベル41以上。

 ・ギムナガムリ、ヨルナガムリ:実装当時から全く見かけないレアエネミーとして定評のある2体。ギムナガムリはET「ボル・オガキバル討伐」でまだ見かけるがヨルナガムリは完全に運が絡む。確定出現クエストも無いので戦道に通いつつも探索クエストを回すかAD白の領域等で根気よく探すしか手段が無い。指定レベル41以上。参考までに画像を掲載。
09
左が通常種のガンナガム、右がレア種のギムナガムリ。
10
左が通常種のレランガム、右がレア種のヨルナガムリ。


 ・ヴァレス・ランカース:こちらも非常に希少なレアエネミー。戦道ではマップのA1地点でのみ出現するとの事でそもそも希少なのにさらに難しい状況も重なって戦道でも出会うのが難しいエネミーとなってしまっている。常設だと東京探索、ラスベガス探索のET「幻創種討伐」の赤トラでしか出現せず、さらに、そもそも通常種のランカ・ヴァレースがEP4ストーリー5章の「魔人、再び」をクリアしていないと東京探索、ラスベガス探索に出現しないといった条件もあってこちらも難しい感じとなっている。指定レベル1以上。参考までに画像を掲載。
11
左が通常種のランカ・ヴァレース、右がレア種のヴァレス・ランカース。

●クライアントオーダー系●
 ・金色の鎧を纏いし番兵:ジラードより受注。「連破演習:ハルコタン」にて確定出現
 ・ニャウなる希少種:ジラードより受注。「禍魂集いし戦道2017」が無難。
 ・魂狩の大鎌の調達:フランカより受注。グアル・ジグモルデよりドロップ。
 ・六角と風袋の調達:フランカより受注。ガンナガム、レランガムより其々ドロップ。
 ・嵐と雷の神々:ハンスより受注。「禍魂集いし戦道2017」が無難。
 ・デモリション・アンビションⅢ:ラヴェールより受注。「禍魂集いし戦道2017」が無難。

 基本的には戦道に行くことで各種COをクリアすることが出来るようになっています。ジラードの「金色の鎧~」だけはレアエネミー討伐となっているので確定出現するハルコタンTAがオススメ。

●その他●
 ・任意のバスタークエストのクリア。:勝利した場合のみ達成。 
 ・採取をする。


 ということで今回は以上となります。前回のビンゴでも仕込まれていたレアエネミーですが、前回は確定討伐手段があったのでまた良かったですが今回のラインナップはちょっと酷いの一言ですね。このレアエネミーを頑張ってもコンプ報酬は50SGですから正直割に合いません。
 一応私が調べたところではギムナガムリ、ヨルナガムリ、ヴァレス・ランカースは確定出現するものが見つかりませんでしたのでもしも情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらコメントをお願いいたします。
 正直公式としては戦道に一応仕込んであるからという理由で今回のレアエネミー設定をしたのでしょうけれど、そもそもレアエネミーを指定してくること自体正直どうなの?って感じではあります。たかだかビンゴの為にレアエネミーを必死に探すのもこちらとしては馬鹿らしいですし、その見返りがこの程度ではって感じですね。今後レアエネミーの討伐指定は止めて頂きたい所。

 また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです♪

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 本日はビンゴのお話です。
54

●配信期間●
 2017年9月6日~10月11日。

 表面のビンゴ景品はコチラ
01

 表面は季節緊急の「禍魂集いし戦道2017」とNPCヤミガラスのCOが中心となっている構成となります。今回もカテゴリー別にみていきましょう。

●エネミー撃破系●
 表面で指定されているエネミー討伐は全てLV1以上指定ですので難易度Nからでも達成していくことが出来ます。

・ディカーダ ・バジギッリ ・オロオガル ・パラスピコス ・スナイパーネオン
・イタギザクリ ・パラタ・ピコーダ ・パジゴワン ・イザオガル
・コドニアガリ ・ボンタ・バクタ 

 基本的に戦道に行けば全てクリアは可能ですが、常設で埋める必要がある場合赤字エネミーはハルコタンTAパラスピコスはEP4ストーリーの「122-C 闇の幻創」、「129-C 想いのかたち」にてそれぞれ確定出現、スナイパーネオンはラスベガス探索でも狙う事が可能。

●クライアントオーダー系●
 今回は期間限定でショップエリアに出現中のヤミガラスのCOがビンゴ対象となっております。6種全てクリアしないと表面クリア出来ませんので必ず全てやること。

 ・荒ブル爪牙ノ試練:オススメは「ザウーダン討伐」、「フォンガルフ討伐」
 ・負ナル浸食ノ試練:オススメは「連破演習:ハルコタン」
 ・百戦錬磨ノ試練:オススメは「連破演習:ハルコタン」
 ・気高キ武者ノ試練ヤミガラスのみ同行「龍祭壇探索」H以上、Aランク以上でクリア。
 ・天裂ク晶翼ノ試練:オススメは「浮遊大陸探索」VH以上が無難。
 ・闇鴉ノ最終試練:オススメは、ウォルガーダ、ゼッシュレイダは「走破演習:ウォパル」か「走破演習:闇の痕跡」SH。グワナーダは「砂漠探索」SHが無難。注意点として「走破演習:ナベリウス初級」のSHではグワナーダ、ウォルガーダのエネミーレベルが足りないので達成出来ない。

●その他のあれこれ●
 ・「禍魂集いし戦道2017」のクリア。:難易度N以上
 ・ヤミガラスに話しかける。:ショップエリア
 ・プリンに話しかける。:ゲートエリア
 ・アールチェに話しかける。:フランカsカフェ「リングショップ」店員
 ・ブラックニャックをプレイする。:勝敗問わず。
 ・任意のドリンクを飲む。
 ・ACショップの商品リストを確認する。

 という事でヤミガラスのCOが少々面倒な内容ではありますが表面という事でやはりそれほど難しい内容ではありません。ヤミガラスCOの為にある程度まとまった時間を作って早々と裏面に移行すると良いと思います。

 今回は以上です、また次回。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです♪

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 本日はコレクトファイルのお話し。戦道に合わせて配信が始まった「戦道2017コレクション」の攻略となります。
55

●配信期間●
 2017年9月6日~10月11日まで。

●構成●
 今回も必要アイテム数と討伐エネミーは全体で統一されているような感じのコレクトファイルとなっており、雑魚エネミーの設定がシート毎に異なりますが基本的に戦道に通っていれば問題なくゲージを伸ばしていけるようになっています。

 左上:LV71以上のガル・グリフォン
 右上:LV41以上のガンナガムかアドオガル
 左下:LV41以上のコドニアガリかバジゴワン


 ガルグリフォン以外は条件緩めなハルコタンエネミーにて進められるようになっているので、常設でも右上、左下のゲージは進行できるようになっている。

●左上のゲージについて●
 上限エネミーがLV71以上のガルグリフォンとなっていますが、定番の推奨クエスト限定にて進行するゲージとなっているので、素直に戦道で地道にゲージを攻略していく部分となります。

●右上と左下のゲージについて●
 こちらは左上のガルグリフォンのゲージと打って変わって条件が非常に緩く、討伐レベルもVH帯の41以上となっており、設定されているアイテムも直ドロが狙っていける☆10新光や☆8のアルテイリ、スプレッドレガシーとなっているので攻略は非常に楽。
 今年の戦道は周回数も稼ぎやすい上にゲージ進行も早いのでよっぽど早くコレクトシートを回したい場合以外はわざわざ常設で稼ぐ必要はないかなと思います。
 常設でエネミーを狩るならばやはりハルコタン関係のクエストで、直ドロを狙うならば☆10新光は対象エネミーからも拾えますがマガツからも落ちます。☆8アルテイリは同じくマガツから、そしてLV26以上のグワナーダからも狙えます。☆8スプレッドレガシーはスパルザイルLV31~45からも直ドロが狙っていけます。


 という事で攻略らしい攻略が必要ないくらいには楽なコレクトファイルにはなっていますが、常設稼ぎをしたい人は少しでも参考になれば幸いです。
 いい加減フォルニスは飽きたよなんて人も多いかもしれませんが今回のレング、ルーギアは属性追従炎・闇で光属性で作れば結構な汎用性を持つ代物になっているのでお勧めです。特にカタナのレングとしてはHP回復もありがたい要素なのでメインブレイバーさんとかは集めておいて損は無いはずです。

 今回は以上となります、また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです♪

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 本日は新クラスHrのお話し。
 すでにHr80な人も多いかと思いますが、今回はHrを運用する際に装備しておきたいスキルリング、ユニットに付与しておきたいリングスキルについてのお話し。

 今後Hr向けのスキルリングの実装もあるとは思いますが、現状でのリングラインナップでHrに合うものをあれこれつらつらと。
61

●Lリング●

「メイトラバーズ」
 サブクラス設定が出来ない&性能的に装甲が薄目なHr。咄嗟の回復に役に立ちます。リングレベル20で回復量120%に使用速度160%となり、Rリングのクイックメイトとの併用も可能。
 便利ではありますが、Hrは普通にレスタが使えたりもする都合で優先度は割と低め。ノンチャレスタの回復量への不安や本来のレスタのチャージが億劫という人は回復はメイトに割り切ってコチラのリングを利用しても良いかと思います。

「ステップジャンプ」
 Hrの回避は挙動の見た目がそれぞれ異なりますが、全てステップなのでしっかりとステップジャンプの恩恵を受ける事が出来ます。またTMGは通常だとダッシュまでの移行が割と遅いのでそういった部分でも役に立つリング。近接職御用達のリングはHrでも大活躍します。今回紹介する中でも優先度は高め。迷ったらとりあえずユニットに付けておくと良いと思います。

「エアリバーサル」
 吹き飛ばしを受けた際に空中でリバーサルが出来る。本来の地面着地時のジャストリバーサルが苦手な人にもぴったりですし、Hrは空中戦も得意なのでエアリバーサルで即座に態勢を整えて反撃に移れるのも便利。ステップジャンプ共々近接職御用達リング。優先度は高いです。

「ジャンピングドッジ」
 空中戦が得意なHrに相性は良いが、肩越しから上空に向かっての高速移動やそもそも二段ジャンプだけでもそれなりの高度まで上がれるため、相性は良いがジャンピングドッジでなければいけない理由は特にない。上昇時の無敵時間を利用した緊急回避用として考えればHrにとっては大分有用なのかなという感じ。

「ステップJAコンボ」
 ファーストブラッドが存在するHrには必要ないように感じるが、TMGのジャストリロードをこのステップJAコンボで可能なるだけで大分TMGの取り回しが良くなります。既存の近接職御用達リングの1つ。TMGを使うHrは是非。

「アトマイザーラバーズ」
 アトマイザー系アイテムの回復量と使用速度が上昇するリング。回復量はレベル20で160%、使用速度リングレベル1の時点から200%となっている。採用理由としては基本的にメイトラバーズと同じだが、EP5前後からゲームスピードが大分上がってきた事もあり、即座に仲間の蘇生や回復を行えるという点でメイトラバーズより優れている。最近は何かとムーン死も多いのでそれを防ぐためにも便利。回復量上昇と使用速度上昇に加えてモーション中無敵も付くので、咄嗟の回避行動にアトマイザー投げるみたいな戦術もありではないでしょうか?


●Rリング●

「マッシブハンター」
 やっぱり便利なマッシブハンターということで迷ったらマッシブでもOK。一時的に被ダメ軽減、のけぞり無効はやはり便利です。ただやはり本来のマッシブよりは大きく性能が落ちるので、Hrの装甲を考えるとやや心もとないかなと感じられるかもしれません。

「Cストライク〇〇」
 ウィークアタッククリティカルを利用している人は利用価値アリなリング。スキルとこのリングを合わせて弱点部位・弱点属性テクニックに限りますが85%でクリティカルするようになります。

「Pキーパー〇〇」
 純粋に火力アップをしていきたい人はコチラ。といっても打射法それぞれ利用するHrなのでいずれかの火力しか上げられないのが残念。ソード専、TMG専といったHrの遊び方をしている人には良い選択かと思います。

「テックアーツJAPPS」
 武器切り替えPAを駆使したコンボが得意な人にピッタリ。異なるPAやテクニック連続でJAすることでPP消費が軽減。リングレベル20でPP消費率は85%まで落ちます。PPが軽減されることでつながるコンボ数が変わってきますので、よりスタイリッシュにHrを遊びたい人向け。

「エフォートシンボル」
 Hr用のエフォートシンボルも実装されていますが、既存クラスですでに作ってある人はそのエフォートシンボルでもOK。どのクラスのエフォートシンボルでも性能は変わりませんし、全クラス装備可能な為。
 微量ではありますが威力アップ、クリティカル率アップ、被ダメ軽減と付いているので現状HrのRリングとして運用している人も多く見かけます。これから作る場合はソロEXの独極でクラスステッカーにクラスマテリアルを50個集める必要がありますが、Hrの性能高さからクエスト自体の攻略は非常に楽になっているので今からでも作る価値は大きいんじゃないでしょうか?

「クイックメイト」
 Lリングのほうでピックアップしたメイトラバーズと併用できるリング。併用した際の回復速度はまさに瞬間回復と言っても良いので、Hrでの咄嗟の回復を優先したい人にはおすすめ。

「フレンズプロテクション」
 とにかくHrの被ダメを抑えたい人向け。とはいっても今年のバレンタイン、ホワイトデーの時のイツキのCO報酬で貰えるリングの為、持ってない人は現状入手する手段が無いのが難点。被ダメ軽減率はエフォートシンボルよりも上なのでエフォート作るのが面倒という人はコチラを装備しても良さそうかなと思います。

「HPリストレイト」
 なんといってもオートメイトがHrは利用できない為。その代わりという訳ではありませんが、選択肢の一つして考えても良いリング。レベル20で5秒ごとに最大HPの7.5%を回復するようになります。一度の回復量は微々たるものですが、5秒ごとに自動回復はあながちバカに出来ないです。
 とはいってもエルダーペインやガルドミラのクラフト品や☆12チェインソード、☆13のフォルニス、セイガ-、セイカイザーといったHP回復効果を持つ武器でHrを運用している人は武器の回復性能のほうがやはり高いので、HPリストレイトに頼る必要は無い感じです。


 という事でざざっとピックアップしてきましたが、Hr向けのスキルリング紹介でした。今後Hr向けリングとして欲しいのは、やはり被ダメ軽減系だったり無敵効果を得れるようなリングがほしい感じですね。あとはギア関係の底上げが出来るリングも良さそうです。
 今回は以上となります。また次回です♪
 参加中です、ご協力頂けるとうれしいです♪

↑このページのトップヘ