PSO2ブログ「あけがたの出来事」

PSO2 ship9が拠点のチーム「暁の女神」のチームブログ的ななにか。 当ブログで使用しているPSO2の画像の権利は全て(C)SEGAが保有しています。 当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ: 攻略関係

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 現在展開されている緊急クエスト「採掘基地防衛戦:VR」や予告数が若干また多くなってきた終焉において、やはり猛威を振るっているAISエクソーダ。猛威を振るっているというか、対処法を理解していない人や忘れちゃっている人が多いのかな?
 VRでもエクソのブラスターによって拠点が落とされたりする場面を野良だと未だに割とよく見るのでこの機会に再度エクソーダについての記事を再々編集、再々掲載してまいります。

その為今更ではありますが、改めてAISエクソーダの生態と攻略法についてのお話し。
Sエクソーダ
 
 まずはAISエクソーダの基本的な内容から。ダーカー兵器としてアークスが運用していたAISが侵食され敵性エネミーと化した物。弱点属性は光。現状出現するクエストとしては、採掘基地防衛戦:終焉と採掘基地防衛戦:VRの2つとなっています。

難易度XHにおいては基本HP205万程、破壊可能なブラスターはおよそHP36万。WAVE開始時のHP補正+40%(WAVE3~5)が発生した場合は本体280万、ブラスター約50万となる。

WB耐性を持つ。また扱いとしては通常の他エネミーと同じな為、マップ表示上では特に特別なエネミーとしての表示では無く通常の黄色い矢印の表示な為、慣れていない人はこの辺を勘違いして対処が遅れてしまう事が多い。

大きな特徴として、アークス側のAISを認識すると活発化する上に、アークス側のAISからの攻撃を大幅軽減してくるアンチAISエネミー。接敵するだけでも反応し、こちらのAISを落しにくる。
反面生身のアークスの攻撃には弱く、通常のエネミーとは違った特殊な倍率仕様が入っており、生身時のエクソーダに対するダメージは通常時の4倍(400%)となっている為、AISエクソーダに対しては生身のアークスが対処を担当するほうが良く、AISに搭乗中のプレイヤーはエクソーダに近寄らないほうが良い。
万が一接敵して反応させてしまうと生身のアークスでは処理が難しくなるくらいに素早くなってしまい、またヘイトも持っていかれてしまう為、こちら側のAISが近寄ると基本的には邪魔にしかならない。ただし、エクソーダにブラスターを撃たれてしまうよりはという所があるので、そこはケースバイケースで対応できるようにしておきたい。
※「採掘基地防衛戦:VR」の場合はそもそもアークス側にAISが用意されていないのでこの辺は注意する必要は無いが、サテカを構えているRaやバニッシュアロウを構えているBrがいる場合はうっかりブラスターを破壊してしまわないように注意、早期に対処しようと思ってやみくもにダメージを与えようとするとブラスターを先に破壊してしまって動きが素早くなってしまうので、そうなるとRaやBrの行動の阻害となってしまう。※

エクソーダ自体の挙動としては、出現後にブラスターを構えてチャージを始めます。発射を許してしまうと3秒ほどのフルヒットで耐久値一杯の状態から半分程削られてしまいます。同時に2体以上のブラスターを許してしまうと拠点が破壊される威力。アークス側のAISを認識すると、活発化して動きが俊敏になり、ブレードに持ち替えて衝撃波で遠距離攻撃してきたり、バルカンだけでも甚大なダメージをもらうようになる。こちらのAISに対しての認識範囲は非常に広くなっているので、不可抗力で強化状態になってしまう事もしばしば。

強化状態になったエクソーダへの対処法としては、Huスキルの「ウォークライ」Guスキルの「ショウタイム」でエクソーダのヘイトをリセットしてしまう事で、強化状態が解除されるようになる。

有効な武器能力としては、負滅牙、負討滅刃。アルティメットバスターや強闘心は効果が無いので注意。
効果的なPA・テクニックとしては「ヴォルグラプター」、「バニッシュアロウ」、「ザンバース」。


 ・ヴォルグラプター、バニッシュアロウ
  それぞれパルチザンと弓のPAで、マーカーをエネミーに付与する。一定時間経過でマーカーが爆発し、マーカー付与中に与えたダメージの合計値のダメージが発生する。
生身時の4倍補正があるので、爆破ダメージも4倍、元々のダメージから16倍となる。各PAの倍率強化に、後述するザンバースも織り交ぜる事で、容易にカンストダメージをたたき出せる。

ヴォルグラプターはJAで1.3倍、チャージで1.2倍の合計1.56倍。これを4倍化で6.24倍。元のダメージから約25倍(2496%+蓄積ダメージ)

バニッシュアロウはJAで1.3倍の4倍化で5.2倍。元のダメージから20.8倍(+蓄積ダメージ)

 ・ザンバース
  追撃ダメージが4倍化する。(20%⇒80%)わずかなザンバース補助でも、非常に強力なダメージソースとなり、範囲内の攻撃に匹敵する程度の追撃ダメージが発生する。

メインテクターの場合:ザンバース強化関連スキル全取得(31.68%)で【126.72%】

メインorサブバウンサーの場合:破壊部位が対象(28.6%)で【114.4%】


ここからは、各クラスで具体的なAISエクソーダ即殺プランをご紹介。
基本的な内容のみなので、クラス構成や武器OP、仕様PA・テクニックでアレンジを加えてもOK。

・メインorサブHuの場合。
 ヴォルグラプター⇒セイクリッドスキュア⇒ピークアップスロー
 
・BoHuの場合。 
 ヴォルグラプター⇒ザンバース⇒セイクリッドスキュア⇒ピークアップスロー
先ほどのコンボのアレンジ代表格。サブパレットにザンバースを仕込んでおいて、ザンバースによる追撃ダメージでさらにダメージを稼ぐタイプ。爆発ダメージカンストを狙いやすい。

・Brの場合。
 バニッシュアロウ⇒カミカゼアロウ
カミカゼアロウはチャージで2発撃ちこむと1番ダメージが高い。サブRaで弓特化構成の場合は、バニッシュ後に肩越しラストネメシスでHSも良いでしょう。

・RaHu、RaBrの場合。
 エクソーダ胴体ロックオンで、サテライトカノン。
テク職によるザンバース補助やシャープシューターの適正距離内で放つとより高ダメージを稼ぎやすい。エクソーダ胴体ロックオンでサテライトカノンを放つ事でHSになる。

・Guの場合。
 チェインフィニッシュorエリアルシューティング(チャージ発動)⇒サテライトエイムを頭部に連打(GuRa)
可能ならば両立できると確実。チェインフィニッシュによる確殺ラインが確実に確保ができる場合はエリアルエイムのコンボは無理に狙う必要は無いが、ダメージソースとしてはやはりサテライトエイムが一番優秀か。

・Fo、Teの場合。
 ザンバース⇒ラ・グランツ、フォメルギオン、バーランツィオン
ラ・グランツはラッシュをかけれるように集中3カスタムは必須。フォメルギオン、バーランツィオンの場合も威力底上げのための関連属性マスタリーの取得は必要。理想形はFo側で炎・氷マスタリー、Te側で風・光マスタリーの取得ツリーの用意。とはいえ、上述した近接射撃の内容に比べてラ・グランツの場合は手数が必要だったり、フォメルギオン、バーランツィオンは失敗が出来ない為、即殺自体は可能だが、あまり向かない。
 サブBrの場合は、法撃弓装備でバニッシュアロウ⇒ザンバース⇒ラ・グランツ×nというコンボも狙っていける。
 血槍ヴラドフラムの用意がある場合は胴体にチャージヴォルグラプター⇒チャージザンバース⇒集中3カスタムのラ・グランツという落とし方もできる。
 
・Suの場合
 ●ワンダ、ジンガ●
  パルサー⇒スライサー×n
  パルサーでスリップダメージを発生させ、スライサーの高い威力で畳みかけるイメージ。

 ●トリム、エアロ●
  シャウト⇒スパイラル
  Raのサテライトカノンのようにチャージ待機も可能な方法。シャウトでフルチャージスパイラルは威力が2.5倍となるので最も高ダメージを叩き出せる方法。

  バレット⇒シャウト⇒バレット⇒スタッブ×n
  こちらはワンダ、ジンガ同様にスリップダメージで畳みかけるコンボ。

 ●サリィ、ポップル●
  テリトリー(ホールド)
  エクソーダはこちらが注意して対処すれば基本的に動かないエネミーなので、ひたすらテリトリーを浴びせ続けるという方法。4ヒット目以上は表記威力の125%となるので、しっかりと育成しているサリィ・ポップルなら十分対処できるはず、プレイヤー側でザンバースをかけてやるとなお良し。

 ●マロン・メロン●
  (1段階以上膨らんだ状態)ザンバース⇒ストライク×n
  DPSとしてはペットで一番の方法なはず。

 ●ヴィオラ●
  パルサー⇒チェンジ⇒重パルサー⇒重スタンプ×n
  こちらもスリップダメージで畳みかけるコンボ。重スタンプは威力補正もあって非常に強力なので、スリップ付与後に畳みかけるなら一番かと思います。

 ●シンクロウ●
  ケン⇒ザン⇒ケン⇒ザン⇒ゲキ
  シンクロウの場合はやはり最大威力のシンクロウゲキを叩き込むのはやはり一番の方法かと思います。フィニッシュのゲキにつなげるためのケンとザンも他PAから繋げた際に威力が上がるので、DPS的に一番ダメージを稼げる構成のはず。

 
という事で、再々編集で再々掲載ではありましたが、エクソーダ対策のお話しでした。
ヴォルグラプター、バニッシュアロウ、ザンバースはエクソーダ以外でも様々な場面でDPSに大きく貢献できるPA・テクニックなので、この機会に使用法・活用法を身に着けておくと良いと思いますよ。

ということで今回は以上です。
また次回♪
参加中です、ご協力いただけると嬉しいです♪
 

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 バトルアリーナやレベルキャップ解放に防衛戦VRと大きなコンテンツが続いてますが、ビンゴも忘れてはいけません。ということで今回はビンゴの攻略をつらつらと。
01
  注意点として先に配信されていた表を攻略していないと裏の攻略に取り掛かれないのは従来通りですので表の攻略がまだという人は先にコチラをご覧くださいませ。

●ビンゴ報酬●
 1ビンゴ報酬:獲得経験値+75%×2
 2ビンゴ報酬:FUN1000獲得チケット
 3ビンゴ報酬:釣りスタミナドリンク50
 4ビンゴ報酬:進化デバイス/桜ニャウ
 5ビンゴ報酬:強化大成功率+30%
 8ビンゴ報酬:トライブースト+100%
 コンプリート報酬:SG50獲得チケット


●エネミー撃破系●
 ・デュラハンライダーの撃破:LV21~
 ・エスカ・ラグナスの撃破:LV41~
 ・ヤクトディンゲールの撃破:LV21~
 ・カイズフォエーゴの撃破:LV21~
 ・クローム・ドラゴンの撃破:LV41~
 ・ゼータ・グランゾの撃破:LV41~
 ・アンジャ・ドゥリリの撃破:LV21~
 ・ランカ・ヴァレースの撃破:LV21~
 ・ガンカイザーの撃破:LV21~
 ・ダーク・ビブラス・ユガの撃破:LV41~
 ・デコル・マリューダの撃破:LV41~
 ・A.I.Sエクソーダの撃破:LV21~

 今回は防衛戦VRが配信された事もあってエネミー撃破系が多めですが、基本的にはVRに行っていれば達成できるものとなっています。

●クライアントオーダー系●
 ・「風雷を呼びし凶鳥」のクリア:ジラードより受注
 ・「暴虐のリリーパ族」のクリア:ジラードより受注
 ・「堅き鎧の侵略者」のクリア:ブルーノより受注
 ・「調査の為の掃討作戦」のクリア:ブルーノより受注
 ・「不自然なダーカー発生」のクリア:ジェネより受注
 ・「大規模エネミー調査」のクリア:ジェネより受注
 ・「参道に立ち塞がりし悪鬼」のクリア:ハンスより受注
 ・「嵐と雷の神々」のクリア:ハンスより受注
 
 今回はジェネ、ブルーノ、ハンス、ジラードより各2個ずつCOをクリアしていく必要があります。基本的には防衛戦VR絡みで達成できるものが多いですが、ブルーノのCOだけ少し異色なので注意。

●その他●
 ・マグにアイテムを与える
 ・任意のドリンクを飲む
 ・プリンに話しかける
 ・コフィーに話しかける

 という事で今回はブルーノのCOくらいかな?以外は防衛戦VR絡みで達成できるものが多いので裏ビンゴですがさほどコンプは難しくないと思います。
 最近配布機会の多くなってきたSGですがそれでも貴重な通貨なので今回のコンプ報酬SG50もしっかり貰っておくようにしましょう。
 今回は以上となります。また次回です♪
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです♪
 

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 今回はタイトルの通り、レベルキャップが解放されてレベル75以降のレベリングに必要な経験値がどの程度増えたのかというお話し。
 まずはこちらをどうぞ。
04
 
 先週末の長時間放送で一太郎がちらっと言ってましたが、それまではおよそ200万程の経験値でクラスキューブが獲得できていたことを考えると数字がいきなり跳ね上がっているのがわかるかと思います。
 一部では必滅の再来と言われていたりしますが、今はあの当時に比べてレベリングがしやすい環境なので個人的にはそれほどでもないんじゃないかなと思います。
 とは言ってもこの跳ね上がり方は割と異常と言っても良いと思うのでADに通ったりボーナスキーを使ったりして効率の良いレベリングが必要なのは間違いないでしょう。

 いままでもこの経験値に関しては節目節目で調整緩和が実施されてきた部分なので今後この数値が緩和される可能性はあるとは思いますが、おそらく向こう1年くらいこのままでいくと思います。

 ま、個人的にはもうスキルツリーに新規スキルを追加する意欲が開発には感じられないのでレベルに関してはもう一気にキャップ100くらいまで上げてしまってもっと好きにスキル振りが出来るようになってしまっても良いんじゃないの?と思ったりもしますが、それはそれでアップデートの楽しみが1つ無くなるのでしょうがない所ではありますね。

 どのみち準備段階から長い目で見ながらやっていかなくちゃいけない部分だと思いますから2週間ごとのアップデートを楽しみつつじっくりやっていくのが一番かと思います。必要経験値は跳ね上がってしまいましたがレベル75と80でそれほど大きくステータス差が出るわけではないと思いますし。

 という事で雑談ぽくなってしまいましたが、今回は以上となります。また次回です♪
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです♪
 

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 本日は復刻配信が始まりましたアウラシリーズ武器のコレクトファイル「アウラコレクション」の攻略をつらつらと。

 初回配信時は昨年夏に実施されたFF14とのコラボ企画の1つとして「漆黒の騎士コレクション」として配信されました。今回はその時展開されたアウラシリーズの復刻配信版となっております。

 まずは初回配信時と今回の復刻配信時の比較から。
●初回版
01
●復刻版
02
 
 初回版は武器迷彩を含めた必要ゲージ4つ構成でしたが、今回はユニットのみの3ゲージ構成となりました。復刻版のほうは事前告知で出されていたこの画像の内容はとは異なり魔石交換やEXクエストでドロップのある☆11ユニット各3部位が指定されています。
 比較としているアウラデルウォッグの場合ですとクローズユニットの3部位がそれぞれ必要アイテムとして指定されています。

●配信期間●
 2017年3月22日~2018年3月21日まで。

●構成●
 左上:LV70以上の各種ボスエネミー
 右上:LV55以上の各種エネミー
 左下:LV1以上の全てのエネミー

●左上のゲージについて●
 指定LV70以上という事で狙いやすい印象を持ちますが、指定エネミーがディーオ・ヒューナルだったりファルス・アンゲルだったりするのでなかなか難しいゲージとなっています。ゲージ稼ぎには日替わり配信されるオススメクエストにいくのがなんだかんだ手っ取り早いかなと思われます。
03

●右上のゲージについて●
 指定レベル55以上で、指定エネミーも雑魚ばかりなのでゲージを稼ぎやすいと思います。今回のコレクトファイルは必要アイテムに設定されている物が直ドロを狙いにくいものなので素直にゲージ進行で回すほうが結果的に効率が良いと思います。このゲージのみ稼いでいくという事ならば難易度VH~SHでOKなので楽なはず。 

●左下のゲージについて●
 おなじみの「LV1以上の全てのエネミー」が条件となっているゲージ。今回もこれに関しては他の左上、右上のゲージ稼ぎをしていれば自然と稼げるゲージなので意識して稼ぐ必要は無いはずです。
 

 アウラシリーズはレボルシオシリーズと同様にアリーナブースターで新潜在が解放できるようになっているので、今集めている人、集め始めた人は第一潜在と第二潜在の性能をしっかり確認して強化するようにしましょう。

●第一潜在●
「漆黒の摂理」強敵への与ダメージが12%上昇し、被ダメージが15%減少。

●第二潜在●
「錬成進化」特殊能力数に応じて威力・PP回復効果が上昇する。
  特殊能力数 ✖ 威力2%、攻撃時PP回復量3%、PP自動回復量3.75%という効果。

  5スロなら威力10%、攻撃時PP回復量15%、PP自動回復量18.75%
  6スロなら威力12%、攻撃時PP回復量18%、PP自動回復量22.5%
  といった感じに変化します。
 
 ということでざっくりでしたが、今回は以上となります。また次回です♪
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです♪
 

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 本日は再配信が始まっているオービットのコレクトファイル「オービットコレクション」の攻略についてのおはなしです。

001
 
●配信期間●
 2017年3月22日~5月24日まで

●構成●
 左上:LV80以上のAISエクソーダ
 右上:LV71以上のゼータ・グランゾ
 左下:LV31以上のエスカ・ラグナス
 右下:LV1以上の全てのエネミー

●左上のゲージについて●
 指定エネミーがAISエクソーダとなっており、必要アイテムに設定されている武器も交換武器な為直ドロ狙いのゲージ稼ぎは不可能。指定エネミーのAISエクソーダは予告専用緊急クエストである防衛戦終焉・VRでしか討伐できない点が厄介。防衛戦終焉のクエストトリガー使って任意にゲージ進行させることはできるが万人が取れる方法ではないので結局は地道に緊急へ赴きゲージ進行させていくしか方法が無い。

●右上のゲージについて●
 指定エネミーはゼータ・グランゾですが、防衛戦VRのみでのゲージ進行となっているが、必要アイテムに設定されている武器は指定クエストにて直ドロのチャンスがあるので、ゲージ稼ぎしつつ直ドロしたらラッキー程度の感覚で。
 直ドロ優先でXHではなくSHにいく手もあるが、左上のAISエクソーダのゲージの兼ね合いもあるので終焉トリガーを回せるような人はコチラが直ドロしたら終焉トリガーでエクソーダを倒してゲージ稼ぎをしても良いかもしれません。

●左下のゲージについて●
 指定エネミーはエスカ・ラグナスですが、必要アイテムに設定されているのは直ドロが狙いやすい武器が設定されているので、VR以外でエスカ・ラグナスを狙ったりするよりは直ドロしてしまうほうがシートの回転効率は良くなるかと思います。

 各種必要アイテムの直ドロについては以下から。

 ・ベルガード:LV31以上のスパルガン。機甲種性能調査:地下坑道がオススメ。

 ・ソウルイーター:LV21以上のソルダ・カピタ。海底探索、浮上施設探索、デコル・マリューダ討伐、 レオマドゥラード討伐辺りがオススメ。

 ・レリギオー:LV31以上のソル・ディランダール。確実に稼ぎたい場合はアークスクエストのソル・ディランダール討伐。その他龍祭壇フィールドに出現します。
  
 ・ヘルフレット:LV31以上のエル・アーダ。遺跡浸食度調査、特務先遣調査:市街地辺りがオススメ。

 ・サリザ二ア :LV31以上のミクダ。オススメはアークス探索任務:凍土。

 ・シュヴァーン:LV31~50のガーディナン。機甲種性能調査:地下坑道が一番無難に狙っていけると思います。

 ・クラーリタ・ヴィサス :LV31~50のファンガルフル。:オススメはアークス探索任務:凍土

 ・アレスティス:LV21以上のガウォンダ。キャタドランサ討伐のMAP2が割と多く出る感じ。

●右下のゲージについて●
 指定はLV1以上の全てのエネミーとなっているので、純粋にゲージ進行で稼いでしまっても良いですが、こちらも設定されているアイテムは直ドロが狙いやすいので、直ドロで回してしまっても良いが、ゲージ進行の条件故にそもそも稼ぎやすいゲージとなっており、VRに通っていれば一番ゲージ進捗の良い部分となるので直ドロかゲージ進行かどちらが効率が良いかの判断は分かれるかと思います。
 
 直ドロを狙う場合はコチラを参考に。

 ・クシャネビュラ‐NT:LV35までのフォードラン。火山フィールドから。

 ・バシレイオン‐NT:LV1以上のソルダ・カピタ。海底、浮上施設から。

 ・アステラ‐NT:LV25までのフォンガルフ。確実に狩っていく場合はフォンガルフ討伐。そのほか森林フィールドで出現します。

 ・スピルティア‐NT:LV40までのエル・アーダ。砂漠、地下坑道、遺跡から。

 ・シガルガ‐NT:LV1以上のブリアーダ。 砂漠、地下坑道、遺跡から。

 ・フルシリンダー‐NT:LV35までのザウーダン。確実に狩っていく場合はザウーダン討伐。そのほか森林フィールドで出現します。

 ・レッドプロセッサ‐NT:LV35までのダーク・ラグネ。確実に狩っていく場合は走破演習:ナベリウス初級が一番手っ取り早いと思います。

 ・サーハブリズ‐NT:LV45までのクラーダorブリアーダ。砂漠、地下坑道、遺跡から。

 
●マロンエッグ☆13、ヴィオラエッグ☆13について●
 武器と違ってゲージ数は3つ。構成としては武器の左下に設定されていたエスカ・ラグナスのゲージが無いという感じ。武器と違って今回もゲージ進行でシートを回すのが堅実かなと思います。



 ということでざっくりではありますが、再配信が始まったオービットシリーズのコレクトファイル「オービットコレクション」の攻略でした。
 今回は以上です。また次回♪
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです♪
 

↑このページのトップヘ