PSO2ブログ「あけがたの出来事」

PSO2 ship9が拠点のチーム「暁の女神」のチームブログ的ななにか。 当ブログで使用しているPSO2の画像の権利は全て(C)SEGAが保有しています。 当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ: チームメンバー

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 本日は数日前に掲載した記事の後編となります。
 ご協力いただいた人はもちろんこの人。
pso20151220_121918_011



Q、EP4の大きなアップデートも残り少なくなってきましたが、EP4が展開されたこの1年4か月を振り返ってみての感想をお願いします。
A、まずはメインの舞台が地球という所が新鮮でしたね。また新しいコンテンツに絡んだ新クラスサモナーも新しい体験だったと思います。最初の内はレベリングで触る程度でしたが、最近のチェインマロンで台頭するなど、サモナーはまさにEP4を象徴するクラスだったと思います。


Q、EP4を通して、もう少しこういう所がほしかった、頑張ってほしかった点などありますか?
A、クラスバランスですね。特にレイド戦ではクラスによってDPSに大きな差があり、その差を埋められるような調整がほしかったですね。


Q、EP5のタイミングでクラスバランス調整の実施が明言されましたが、具体的にどういった調整が個人的にほしいと感じますか?
A、明言されているマロン(マロンストライク)の調整に関しては賛否あるかもしれませんが、個人的にはやむを得ないと思います。これまでもロールJAやElなどありましたが、このチェインマロンはちょっと次元の違う強さがあるとおもいますので。ただ、既存のクエストでも修正が入ると難易度が上がってしまうので、あくまでも今後実装されるものに対して適用されると聞いたのは少し安心した点ですね。
 個人的にはやはりテクニックですね。たとえばDPSの高いラ・グランツは弱点としているエネミーには有効なものの、ラ・グランツに比べるとほかの属性テクニックのDPSが心もとないなと個人的には思います。他には、スキルツリーを他のクラスより多く用意しないとあらゆる属性に対応できないデザインは不公平かなと感じますね。



Q、EP5に登場する新クラス、新武器について。既に色々と噂が出ていますが、どういった遊びのクラスになることを期待しますか?
A、正直あまりイメージが出てこないですが、 噂の内容から推測するにFiに近い感じのクラスなのかなとは思います。
 噂の内容は抜きとして、安直な考えかもしれませんが、打撃と射撃の複合クラスのブレイバー、打撃と法撃の複合クラスのバウンサーと実装されてきたので、射撃と法撃の複合クラスがほしいかなと思います。弓テクとかありますけど、そうじゃなくってしっかりクラスデザインとしてそういった設計をされているクラスがほしいですね。


Q、EP4は最初の内はPS4からの新規で遊び始めた人向けのアップデートから徐々に難易度の高いクエストやソロ専用やバトルアリーナといったアクション上級者向けなコンテンツが多かったですが、これからのEP5の展開についてはどんなことに期待してますか?
A、最近の上級者向けコンテンツばかりだと、初心者や中級者にはなかなか敷居が高く、ゲームが続かなくなってしまいそうなので、もうすこしその辺への工夫がほしい所ですね。勿論上級者との住み分けは維持しつつ、もう少し知識やプレイスキル面を身に付けられるようなラーニング機能的なものがほしいですね。すでに練習クエストがあるんですけれども、もっと発展させたものが欲しいかもしれません。
 あとは新しくなるストーリーで過去のEPで活躍したキャラクターにもっとスポットライトが当たればいいかなと思います。



Q、これまでEPを重ねていく毎にカジノやチャレンジクエスト、ギャザリング、最近だとバトルアリーナといった新コンテンツが追加されてきましたが、EP5にはどんな新コンテンツが来そう、または来てほしいと思いますか?
A、難しいですねw当分はバトルアリーナ関係の拡張が続くと思いますが、バトルアリーナはもう少し報酬面にライトさとうまみがほしいかなと思います。もう少し手軽にバトルコインを稼げるようにとか、交換商品のレートの調整が今後は必要になると思います。じゃないと結局また遊ぶ人口が先細りになってしまって遊びにくいコンテンツになっていってしまうとおもうので。


Q、EP5の実装に伴って、また新しいユーザーが沢山入ってくると思いますが、これから新しくゲームを始める人に何かアドバイスをお願いします。
A、レベルは緊急クエスト等、どんどん新しく配信されていくものを遊べば自然と上がっていくと思います。今の環境で必要なのはプレイスキル。なのでボスエネミーに対する攻略や防衛戦などにおける自分の立ち回りや遊んでいるクラスの特性などをしっかり身に付けてほしいです。今年新入学、新社会人になった人にも言える事ですが、本当に分からないことはどんどん聞いてほしいです。それが新しいコミュニケーションの1歩にもなるので、フレンドを作ったりチームへの入団も難しくないかなと思います。このゲームはボッチで遊ぶより友達や仲間がいたほうが効率も違ってくるので、そのほうがゲーム自体を楽しんでいけると思います。

 
 ということで、今回は以上となります。久しぶりにチーム要素のある記事となりました。
 また次回です。
 参加中です、ご協力いただけると嬉しいです♪
 

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 久しぶりにチームっぽい要素のある記事となります。
 お手伝い頂いたチムメンの方へインタビュー形式でとお話しを伺っております。前編の今回は最近3ボタンタイプに移行されたという事で2ボタン、3ボタンについてのお話しを、後編はEP5について期待するやお願いしたい事などを聞いております。
 以前にもいくつか記事の提供を頂いたことがあるこの方に協力いただきました。
pso20160217_185445_003


Q、2ボタンから3ボタンにこのタイミングで移行したきっかけはなんでしょうか?
A、今までは食わず嫌いというか2ボタンでもなんとかなると思っていました。レベルキャップ解放でHu、Fi、Gu、Br、Bo、といったオリコンがある職を使う機会が増えたのがきっかけです。これまではパレットを圧迫する、次に使いたいPAへ咄嗟に移行できないのが地味に不便でした。


Q、3ボタンにしたことでそれまでのボタン配置がどのように変わりましたか?
A、PS4コントローラー準拠で、〇ボタンがアクセスからアクションに変わりました。アクセスは代わりにタッチパッドに移動。武器アクションをオプションボタンに割り当てて、メインメニューへのアクセスはキーボード操作からという感じにしてあります。


Q、色々とボタン配置が換わって操作に慣れるのが大変かと思いますが、具体的にどんな場面で苦労しますか?
A、使用頻度の高かったアクセスボタンを移動させたのでPAの誤爆が多いです。また武器アクションをオプションボタン設定にしているので咄嗟にガードやJRを取りにくいと感じているので、今はまだボタン配置については試行錯誤している感じですね。


Q、バトルアリーナの実装に伴ってか公式からアナウンスはなかったもののJTKの使用が出来なくなりました(別の手段で導入すること自体は現在も可能らしい)が、これまでJTKを使ったことはありますか?
A、EP2が展開されていた時期はTAが盛んだったのでステップ移動の為に少しだけ使っていたことはありますが、そもそもグレーゾーンなのは理解していたので現在は使っていないです。


Q、3ボタンで操作性の自由度は増したかと思いますが、いまだにボタン数が足りないと思います。今後操作面においてどういった改善や調整がほしいでしょうか?
A、強引に割り当てるのではなく、操作しやすいように割り当ててほしかったですね(3ボタンのデフォルト設定。)もう一つは現状オリジナルコンボの利点が思い当たらないので2ボタンでもいっそオリコンを廃止して操作性自体は3ボタンと同じにしてしまってもいいのでは?と思います。


Q、まだ3ボタン操作を慣らしているところかとは思いますが、3ボタンにしてみてそれまでの2ボタンと比べてどういった部分が良くなったでしょうか?
A、1つは1パレットに多くのPAを配置できるようになったので、パレットの圧迫が緩和されました。近接職はパレットの確保や配置に苦慮していたので、パレット緩和の効果は大きいと思います。また、2ボタンの時と違って狙いのPAへ即座に移行できるなったので咄嗟の行動における選択肢が広がりました。


Q、逆に3ボタンのデメリットといえばどんなものが挙げられるでしょうか?
A、とにかくボタン配置ですね。操作に慣れても、多少無理感があるのは否めないです、実際JTKを使ったほうが快適という声をよく聞きます。


Q、基本的にメリットの要素のほうが大きい3ボタンですが、今2ボタンを使うメリットはどういった部分にあると思いますか?
A、2ボタンの場合、一般的な12ボタンのパッドに合っていて操作性の面で特別困ることが基本的に少ない点が大きいと思います。


Q、基本的にPCでのプレイ環境と伺ってますがパッドやキーボードなどのデバイスに何かこだわりなどあったりするでしょうか?
A、特にこだわりはないですが、キーボードにショトカを入れているくらいです。パッドに関しては3ボタンに対応するために、PS4コントローラーを使っています。


Q、キーボードへのショートカットは主にどんなものを設定されていますか?
A、よく使うロビアクを設定したり、パレット切り替えをワンボタンでできるようにしたりしてます。コントローラーだとパレット切り替えは順送りで行いますが、キーボードならワンボタンで即座に切り替えられるので重宝してます。


  といった感じで前編の内容は以上となります。私も3ボタン実装当時はしばらくこちらでプレイしていたこともありますが、やはりボタン配置などの問題やVITAでのプレイも割と多めな側面もあって操作感にあまり違いを持たせたくないという理由でいまだに2ボタンで遊んでいますが、ちょっと3ボタンに本格的に移行してみようかなという風に感じた内容でした。

 後編はEP5についてのお話しを色々と聞いておりますのでそちらの内容も是非ご覧いただければと思います。ほかにもいろいろとブログネタの提供を頂いておりますので順序記事にしてまいります。
 今回は以上となります。また次回です。
 参加中です。ご協力頂けると嬉しいです♪

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

いよいよ本日、幻創戦艦大和実装ですねー
待ちに待ちました楽しみです。

本日の記事のほうは昨日に続いてチムメンのノエルさんより提供いただいたシリーズ記事の続きとなります。

ではどうぞー


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

どうもこんにちは、ノエルです。

前回から引き続きウィークバレットについてお話ししてまいります。

class02_02

「ウィークバレット」(以下WB)。
これはWBを撃ち込んだ部位に赤いマーカーが付与され、その部位のダメージ倍率を
2.55倍に上げる効果があり、味方もその恩恵を受けるため、非常に効果が大きいです。
ウィークバレット_0.png

ただし、WBはエネミー1体につき、1箇所しか効果がなく、後から撃ち込まれたものに
上書きされる性質があります。そのため、WBが撃てる人が複数いると、いわゆる
貼り合いが起こります。これは味方を混乱させたり、WB弾数の無駄にもなるので、
先に貼られたWBがよっぽど非効率的な部位(ダメージ倍率が元々低い等)でもない限り、
上書きは控えるのが賢明です。

じゃあどこに貼るのがいいの?と特にRaに慣れていない方にはWBを貼る箇所に悩む
かもしれませんね。下記にエネミーごとにWBを貼るオススメ箇所を解説しますので
ご参考になればと思います。なお、WBスキル10振り(最大)で、4発撃てる前提とします。
(あくまでも筆者自身の経験に基づく内容のため、参考程度にとどめておいてください)



ダーク・ラグネ
4本の脚を1本ずつ、2段階破壊する度にダウンするので、ダウン中にコアにWBを貼って攻撃しましょう。脚にWBを貼る場合、破壊するごとにWBが消滅し、残弾がきつくなるので、1段階目はWBに頼らず破壊を狙うのも手。
また、コアを直接狙える職が多いマルチの場合、コアに直接貼って速攻で撃破を狙うのがいい場合もあるので、状況を見て判断しましょう。
なお、防衛(襲来・侵入・絶望)では脚を破壊してダウン狙い推奨です。暴れられると拠点の耐久をゴリゴリ削られますから…。味方のAISがラグネを攻撃している場合は、コアに貼るといいでしょう。


ウォルガーダ
ロックオン箇所にWBを貼るとマルチでは安定する傾向。ただし、正面からロックオンで狙っても肩にWBが付くこともあり安定しない、と感じるでしょう。そんな時は背後からロックオンして狙うか、正面から狙うときは肩越し視点で足部分を狙ってみるといいです。安定してロックオン箇所にWBを貼れますので是非お試しを。


ゼッシュレイダ
まず足甲を破壊してフラフラしたところでダメージを与えてダウンさせましょう。ダウン時、胸部からコアが出ますが、地上からWBを貼ろうとしても、甲羅に吸われてしまいます。胴体に乗り上げて狙っても甲羅に吸われることがあるので、ジャンプして発射するといいです。一応、地上から狙えなくもないですが、不安定なので非推奨です。


オルグブラン
頭部に部位破壊判定があるが1回まで。頭部でOKです。その他の部位はWB狙わずとも耐性が低めなので破壊は容易でしょう。余裕があれば貼る、でOKです。


バル・ロドス
弱点は下顎。ロックオンで狙えない部位なので肩越し視点で狙いましょう。海岸のボス戦の場合、拘束銃座でダウンをとったら、下顎にWBを貼って攻撃しましょう。ちなみに、いわゆるロドスの一本釣りというものがあり、開幕にイカダの左右どちらかに接近して銃座を当てられるチャンスができるので、そこで拘束してダウン中に弱点を攻撃してロドスに何もさせずに撃破する方法があります。火力に自信があればぜひ挑戦してみてください。


ヴァーダーソーマ
部位破壊を狙うなら各部位破壊を。部位破壊を狙わずに迅速に処理したい場合は、脚部を破壊して露出したところを攻撃しましょう。


ブリュー・リンガーダ
このボスへのWB貼る箇所、順番は結構意見が分かれているみたいです。火力に自信があるのでしたら、リングを2つ破壊してダウン中に頭部に肩越し視点でWBを貼って、サテライトカノン等でHSを狙いましょう。ソロなら瞬殺できるはずです。頭部かコアかどちらに貼るかはプレイスタイルに合わせてお好みで。マルチの場合は、人数が多いほどダウンからの復帰が短く(つまりコア露出時間も短い)、コアに迅速に貼れる余裕がない場合は、頭部を狙うといいでしょう。


ビオル・メデューナ
速攻で処理したいなら、やはり頭部に肩越し視点でWBを貼ってサテカHSを狙いましょう。サテカで狙う場合は胴体をロックオンすれば頭部にHSするので楽です。なお、触手を2段階破壊(黒くする)すると、地面に刺さって一定時間その場にとどまるため、攻撃するチャンスだ!と思うでかもしれませんが、自分の足元に攻撃してくる技を使ってくるため、返り討ちされる危険がありますのでご注意を。


今回は以上です。
続きのボスはまた次回にしたいと思います。
ではではー。

-----------------------------------------------------------------------

 
参加中です、ご協力いただけると嬉しいです♪

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

今回はチムメンのノエルさんより新しいシリーズ記事のご提供を頂きましたので、そちらを掲載してまいります。


私のほうで改行チェックや推敲で少し手は入っていますが、内容は原文ママですので、ご覧くださいませ。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 どうもこんにちは、ノエルです。

今回はレンジャー(以下Ra)という職、主にウィークバレットの運用について
アドバイスをしたいと思います。

class02_01
 

Raといえば、中遠距離からライフルやランチャーで攻撃するのが主な攻撃手段で、
他のクラスに比べて一見地味に見えるかもしれませんが、Ra特有の支援が強力で、
マルチパーティにいるのといないとではかなり火力差が表れることもあります。

それの最たるものがライフルの特殊弾、ウィークバレット(以下WB)です。
これはWBを撃ち込んだ部位に赤いマーカーが付与され、その部位のダメージ倍率を
2.55倍に上げる効果があり、味方もその恩恵を受けるため、非常に効果が大きいです。
ウィークバレット_0.png

ただし、WBはエネミー1体につき、1箇所しか効果がなく、後から撃ち込まれたものに
上書きされる性質があります。そのため、WBが撃てる人が複数いると、いわゆる
貼り合いが起こります。これは味方を混乱させたり、WB弾数の無駄にもなるので、
先に貼られたWBがよっぽど非効率的な部位(ダメージ倍率が元々低い等)でもない限り、
上書きは控えるのが賢明です。

じゃあどこに貼るのがいいの?と特にRaに慣れていない方にはWBを貼る箇所に悩む
かもしれませんね。下記にエネミーごとにWBを貼るオススメ箇所を解説しますので
ご参考になればと思います。なお、WBスキル10振り(最大)で、4発撃てる前提とします。
(あくまでも筆者自身の経験に基づく内容のため、参考程度にとどめておいてください)


ロックベア
これはもう頭部をロックオンしてWBを貼っちゃいましょう。これ以上の説明は不要ですw
ちなみに…いつだったか忘れましたが、以前は頭部をロックオンできない仕様だったの
ですよ。なので射撃職は肩越し視点で頭部を狙いヘッドショット(HS)※1を狙ったり、
肩越し接射ホミ※2を狙ったりと案外面倒なエネミーでした…w

※1ヘッドショット射撃攻撃をヒットさせると大ダメージを与えられる射撃専用の弱点であり、
主にエネミーの頭部に設定されている。狙えるなら積極的に狙いたい。

※2肩越し接射ホミ:肩越し視点に切り替えて、ライフルのPA「ホーミングエミッション」を
ロックオン箇所が複数あるエネミーをマルチロックオンで狙い、接近距離でロックオンした数
の弾を1箇所に集中して当てる技。当初のRaのPAは威力に乏しかったので、この技で
高威力を叩き出したが、サテライトカノン等強力なPAがある現在は廃れている。


・ヴォル・ドラゴン
まず尻尾の結晶にWBを貼って破壊し、結晶再生成中の隙に頭部にWBを貼って一気に
たたみかけましょう。他の部位を狙いたいときはその箇所にも貼って壊しちゃいましょう。
ただ、ヴォルドラゴン等の龍族のボスの頭部には怯み蓄積みたいなものがあり、
一定ダメージを与えると怯んで、部位破壊の判定になるらしく、WBが解除されます。
WBの弾数に余裕がない場合は、脚等に貼るのも一考ですが、そうでもない限りは、
頭部を集中的に叩いてさっさと倒すのがいいでしょう。


グワナーダ
最初は頭部に貼って攻撃しましょう。速攻で倒すのが理想ですが、途中でグワナーダビットを
全部破壊してグワナーダがダウンしたときは腹部のコアに貼って一気に大ダメージを与え
ちゃいましょう。


ファング・スノウ夫妻(実際に夫妻はどうかはわかりません…)
部位破壊を狙うなら1箇所ずつ狙いましょう。部位破壊を狙わないのであれば、頭部にWBを
貼りましょう。頭部に部位破壊判定がありますが、1回のみで、ドラゴン系ボスと違って
弾数の心配はそんなにいりません。


ビッグヴァーダー
めんどくさいボスです…
とりあえず、部位破壊を狙うなら狙ってかまいません。WB貼らずとも壊すのは容易です。
さっさと倒したいなら、全クラス装備できるジェットブーツで2段階ジャンプでさくっと甲板
着地して、クレーンロボ(本体)の主砲が出てきたところを主砲WB→破壊後コアWBでさっさと
落としたい…がミサイルの嵐で被弾が怖いのならミサイルポッドを破壊しておきましょう。
安全地帯からチマチマ攻撃できる方法もありますが方法は割愛します。(ぉぃ 


クォーツ・ドラゴン
クォーツ・ソールが優秀なため、部位破壊を積極的に狙ってドロップ枠を増やしたいところ。
なお、頭部先端の角は他のドラゴン系ボスと同様、怯み蓄積があり、一定ダメージを与える
たびに怯みます。破壊する順番はどこからでも構いません。攻撃しやすい箇所から狙いましょう。


今回は以上です。
続きのボスはまた次回にしたいと思います。
ではではー。

-----------------------------------------------------------------------

提供いただいた記事が非常にボリュームある内容でしたので、分割掲載いたします。
今回はこれまでです。


参加中です、ご協力いただけると嬉しいです♪

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

突然ですが、ブログネタが無い!!(´・ω・`)
でも毎日更新は日課なので何か掲載したい!!


ということで、若干手抜きかもしれませんが、当ブログがこれまで掲載してきました色々なシリーズ記事を今回一気にまとめてしまおうかなと思います。過去に掲載されたものなので、今ご覧になると「その情報古いよ!!」なんてことがあるとは思いますが、GW最終日のお暇つぶしと思ってご覧いただければと思います。

現行シリーズのものもありますが、一旦本日までの物をまとめておきます。



まずは当ブログ最初のシリーズ記事となりましたこちらから。

終焉テクカスのススメ、、、?
タイトル通り、防衛戦:終焉実装当時にあれこれテクカスの事を記事にしたものです。今となっては攻略法も確立されましたし、別にテク職で行く必要もないですが、これからテク職始める人への参考程度にでもなればと思います。
全3回。 その1 その2 その3 

 
お手軽法撃武器のススメ
終焉テクカスシリーズの流れを汲んだ、これから終焉をテク職でという人向けに作ったシリーズ記事です。さらにこの記事の発展系シリーズが現行の「これから法撃職を始めるなら」になっていたりします。現在は新世武器も実装され、スキルリングも入ってきましたから、今現在の環境目線で見ると突っ込みどころが多い内容の記事かもしれません。
全3回。 炎属性編 光属性編 番外編


風属性について
EP4スタート直前にまとめた記事。新フィールドの東京のエネミーが風属性弱点という事でピンポイントにピックアップした内容の記事でした。これから幻創戦艦・大和も実装されますし、今からでもそこそこ参考になる内容だったりすると思います。
全2回。 装備編 テクカス編 


愛着の大切さ
当時の石ころオンラインを少し皮肉った超個人的な内容の記事。PC版サービスインの頃やVITA版サービスインの頃から長くPSO2をプレイしている人は懐かしさを感じる内容かもしれません。 
全3回。 ロッド編 タリス編 ウォンド編 


「こんな時どうすればいいの??」
EP4開始から新規でゲームを始めた人向けに掲載したシリーズ。資金調達編で解説しているクロトオーダーの内容は現在の内容と大きく異なりますので、これからご覧になる人はご注意ください。
全2回。 レべリング編 資金調達編 


「設定6」
PS4版サービス開始の発表と同じくして、既存のPC版でもPS4版と同じ画質で遊べるようにと発表された設定6について、事前の考察やら比較やらをあーだこーだと記事にしたもの。結局の所これから環境を揃えたい人は、PS4を購入するか、GTX950以上が公式推奨なので、それに合った内容のスペックを持つPCを購入されると良いでしょう。 
全4回。 要求スペック考察 PC買替考察 PC or PS4??  まとめ


ウェブ連動報酬にむけて
今年の3月に実施されたウェブ連動イベントの報酬期間に向けて、アイテムの特殊能力追加講座記事を掲載したもの。アイテムラボ関係は新世武器やスキルリングが入ってきたことで仕様が変わりましたが、特殊能力追加に関しては今でも変わり無いので、まだしばらくは何かと参考になりそうな内容だと思います。
全4回。 part1 part2 part3 part4


Huおすすめ武器
チムメンのノエルさんより提供いただいたシリーズ記事。困ったらハンターという言葉がふさわしい現環境のハンターはなにかと活躍の場が多いクラスです。サブクラスに据えるにしてもやはりレべリングは必要、となればハンターについて色々知らなくてはなりません。そんなお悩みを解決してくれるようなシリーズとなっています。
全3回。 ソード編 ワイヤードランス編 パルチザン編


死にテクのお話
今回のようにブログネタに困った際に思い付きで始めたシリーズ記事。4月20日より3ボタンタイプも入り、これまでパレットに入ってこなかったようなテクニックもまた使われるようになった事かと思います。あとはテクニック自体への調整がいい加減ほしいかなーってところですねw
全6回。 炎属性編 氷属性編 雷属性編 風属性編 光属性編 闇属性編 


これから法撃職を始めるなら
GWシリーズ記事として現在連載中のシリーズ記事。もうGW終わっちゃいますけどもう少し続く予定です。内容としては新世武器に限ってこれから法撃職を始めるならおすすめはコレ。という内容のアイテム紹介の記事を現在までに掲載しております。次回からはスキル関係のお話しを少しやっていこうかなという感じです。と言ってももうすぐ大和が実装されますし、シリーズ完結までちょっと時間がかかるかもしれませんね。
5月8日現在、全4回。 ロッド編 ウォンド編 ジェットブーツ編 タリス編



ということで以上となります。解説をしてるものからくだらないものまであったかと思います。少しでも参考になったり、楽しんでいただけたなら幸いでございます。

ということでまた次回です♪
2015-12-22-211336

参加中です、ご協力いただけると嬉しいです♪

↑このページのトップヘ