PSO2ブログ「あけがたの出来事」

PSO2 ship9が拠点のチーム「暁の女神」のチームブログ的ななにか。 当ブログで使用しているPSO2の画像の権利は全て(C)SEGAが保有しています。 当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ: PSO2

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 年明けから抱えていた引っ越しも先日済みまして、仕事のほうはようやく四月が終わるというところで徐々に忙しさが落ち着きつつあります。そうなってくるともうPSO2また沢山プレイできちゃうからリアルの忙しさを言い訳にして、「マイペースでゆっくりやっていく」と思っていたレベリングにちょっと本気を出していこうかなと思っております。

04

 まだそもそもキャップ解放条件を満たせてないクラスもいくつかありますが、それは追々として、まずはメインテク職のフォース&テクターに万能サブクラスのハンターのカンストを早期に目指そうかなという所。
 やっぱりこういうのってまとまった時間だったり、そもそもモチベーションが無いとなかなか本腰いれて取り掛かれない所なので、29日からGWブーストも来るみたいですしちょっとやる気を出してみようかなって感じですね。

 でですよ、私みたいに基本的に遊ぶクラスが固定されたままキャップ75環境をずっと遊んでいたりすると、このレベリングやキャップ解放作業に伴って数年ぶりに触るクラスとかもあったりして、「このクラスっていまどんな風に戦えばいいの?」っていう浦島感がすごいです。
 私の場合ファイターなんて本当に75にしたままずっと触ってなかったので、75キャップが解放された当時とは全然別物と言っても良いくらい違うクラスになっていてびっくりでした。そして久しぶりに遊ぶダブセが楽しいのなんので、キューブ集めやレベリングは面倒ですが、そういった部分で割とエンジョイしてたりします。
 本当にファイターとかは過去触っていた経験とか全部忘れちゃって初心者になったつもりであれこれアドバイスをもらったりして「あ、ファイターってこんなに楽しいクラスだったんだ」というのを再認識させられました。
 本当は常に万遍なく各クラスを触っているほうが、いたほうが良いのでしょうけれどね。また一通り全クラスカンストしたらテク職プレイばかりになるのかもしれませんね(´・ω・`)
 ともあれ順次レベリングをしていくにあたって久しぶりに触るクラスは初心に返って新鮮な気持ちでプレイするほうが面倒な作業も楽しめるので本腰いれつつぼちぼちとやっていきます。

 ということで今回は以上となります。また次回です♪
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです
 

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。
 

 今週はメンテナンスのみで、アップデートは無いのですが、2つキャンペーンが終わってしまうのでその告知となります。


01
 まずはアップデートやイベントの内容に関するアンケートの回答期限が明日一杯までとなっております。この前のSTATIONだったかな?で、木村Dが今後は主要なアップデート毎に細かくアンケートをやっていくような事を言っていたので、またすぐに別のアンケートが始まるかもしれません。
 今回のアンケートを回答しておけば後日40SGが配布されるので今日明日中にまだ未回答の人は回答を済ませておきましょう。普段公式に意見などを送らない人もこういったアンケートの機会でゲームに対する思いや考えを表現できる機会なので是非。


02
 クロトのCOのほうは来月10日までですが、バトルアリーナブーストのほうは明日のメンテ開始前までとなっております。まだ弓やブーツを試してない人はブースト中で人が多い今が遊び時かと思います。

 ちなみにクロトのCOの内容はこちら。
43
  たかだかCO1つクリアするだけにしては豪華なアイテムがもらえるキャンペーンになっているのでこちらも忘れずに是非やっておきましょう。

 という事で今回は以上となります。また次回です♪
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです♪
 

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 本日はバトルアリーナのお話し。デウスエスカやコーデカタログと新しいアップデートがまとめて来たのでバトルアリーナはちょっと後回しになってましたが、昨晩環境が新しくなったバトルアリーナを遊んでみた所感記事となります。
37
36

 まずは新武器について。
●「バレットボウ」
 弓に関してはPAがラストネメシスのみとなっており、その代わりに通常攻撃のチャージが3WAYで発射されるというもの。ラストネメシスは非JA発射でもかなりの威力がありますが、やはり隙が大きく低空使用で発射後の隙を軽減しても隙だらけな状況を随分晒してしてまいます。また隙が大きいからと言って必中ではないのでこれまでの他の武器に比べるとやはり取り回しに苦労する武器という印象が強く。現状の仕様だと外れ武器感が割と強いかと思います。通常チャージの3WAYショットも強力ですが射程が短く、弓なのに接敵しないと使い物にならないという矛盾がやはり大きいので初心者向けとは言えない性能かと思います。


●「ジェットブーツ」
 ブーツに関してはやはり2段ジャンプを使える点が非常に大きく、高所に位置して敵の動きを把握しつつからの強襲に向いていると思います。こういったPvPコンテンツにおける高所からの強襲はそれだけで大きな脅威なので使いこなせればキル数はたくさん稼げる感じですが、耐久力がない為、強襲に失敗するとあっさり落とされてしまう場面が私の場合は多かったです。グランウェイブを派生させずに連続使用して空中移動も可能なのでそれで敵陣の意外な場所から強襲するといった使い方もできるのは楽しいかなと思いますが、実用性としてそこまでやる必要があるのかと言えばちょっと謎です。あとは強襲重視での立ち回りだとエンブレム回収がしにくいのが難点かなという感じ。


●「スキル」
 一通り使ってみての印象としては個人的にプロテクション>その他といった感じ、各スキルの情報がアークスライブで出てから解っていた事ですが、正直戦略性は無いと言ってもいい仕様です。正直プロテクションが出たら優先的にそれを選ぶ、選ばれると思うのですが、じゃあそれに対しての対抗スキルって何よって話になると正直無いです。やるならじゃんけんのようなすくみ性のあるデザインにするべきだったと思います。このラインナップだとどうしても防御力が高まって突出した立ち回りがしやすいプロテクションが強いのは当たり前の話で、耐久性能の高いソードと組み合わせると強気に立ち回れるのでこのスキルの仕様が入ったことでソードはより強くなったと言えると思います。
  

 ということで、新しく入ってきたものに対しての各所感でした。個人的にブーツは使っていて楽しかったですが、本当に楽しいだけという感じで堅実に行くならばやはりソードなのかなという感じでした。弓とスキルに関しては改善の余地多いにありという感じで、現状の環境だとABTはプロテクション選択のソードが台頭しまくって正直あまり面白くないんじゃないのかななんて思います。
 ABTに関してはすでに練習クエストを出してしまってますし、予選まであまり日も無いですから大会までにこの辺の仕様が調整・改善されることは無いと思われます。華麗にラストネメシスでスナイピングを決める人とか出てくると超カッコいいと思いますけどね、それはそれでw
 
 おそらくABTを経てバトルアリーナは色々とまた手が入ったり新しい要素が出て来たりすると思います。その時に弓やスキルがどうなっているのかまた期待しておきます。
 今回は以上となります。また次回です♪
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです♪
 

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 この時期は毎年そうですが、週末といえど問答無用で出勤を余儀なくされます。世間は早くももうすぐGW。私もたまにはまとまった休みを取って旅行にでも行きたいですねぇ
 と、本日は新しく登場した3種の☆14武器についてのお話し。
30

 今回登場したのはダブセの「クヴェレスカーレット」、ウォンドの「ラヴィス=カノン」、タクトの「リュクロス・スタッフ」の3種。基本的にデウスエスカからドロップを狙っていくものになりますが、前回のカザミ、スプニ、EPDと同様にこれまでに配信された緊急クエストのいくつかにもドロップとして仕込まれています。前回はDFが出現する緊急に仕込まれていましたが、今回の3種は防衛戦に仕込まれているそうです。

 ●「クヴェレスカーレット」潜在「緋炎の両刃」
 カマイタチが強化され、与ダメージが上昇。

 情報だとカマイタチの持続時間は1分、ダメージ上昇は14%となっているみたいです。

 ●「ラヴィス=カノン」潜在「未知なる魔杖」
 通常攻撃性能が強化され、3段目に衝撃波が発生。

 これは事前の木村Dの話だとステップアタックも強化されるとの事。強化というのは攻撃速度の上昇。

 ●「リュクロス・スタッフ」潜在「闇の一瞥」
 アルターエゴ発動中、状況に応じた自動支援を行う。

 アルターエゴ発動中のシンパシー要求に数秒で自動対応。自動対応自のPP消費無し。ただし、要求が出てからアルターエゴを発動するのはNGでそれだと自動対応してくれない。また自動対応のレスタやシフタはプレイヤーにはかからないとの事。
 ペットのPA発動時に振ったタクトから追撃でメギドのような追撃弾が発射、ロックオンしている対象に向かって飛んでいく。レドランの多数ロックオンPAでも発生する追撃弾は1発のみとの事。この追撃弾の挙動はノンチャメギドよりやや早めに直進していき、ロックオンしている対象に向かっていきますが、間に他の攻撃可能対象が居るとそこに命中する。威力は法撃値依存ですがマスタリーは無効。アルターエゴ発動時のチャージメギドとほぼ同等の威力らしいです。
 発射される追撃弾の威力は一律な為、PP消費の少ないPAを連打して使うほうが恩恵が大きいみたいです。見た目はメギドっぽいですが、性能や仕様はメギドとは異なる様子。

 
 新3種の特殊能力因子については、前回の3種と同様に「アビリティⅣ」となっているみたいです。
 まだまだ未確定な部分も多いので、今後情報が出揃って記事内容を更新する必要がありそうでしたらまたこれらの武器については記事を出していこうと思います。

 今回は以上となります。また次回です♪
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです♪
 

こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 週末も絶賛出勤。妙な忙しさから本日は少し更新が遅くなりましたが、本日は武器のお話し。
 先日19日に新☆13のゼイネシスシリーズにその上位版クリファード、そして新☆14が新たに3種登場となりましたのでそれらの性能を確認してまいります。※潜在説明内の数値については潜在レベル3の数値で表記。

52

 新しく配信されたコレクトファイル「幻創の造神コレクション」やデウスエスカ・ゼフィロスのドロップから集められるゼイネシスシリーズの潜在は3つ。

 「生命の導き」この武器への特殊能力追加成功率が10%上昇する。

 「生命の祝福」威力が12%上昇、PTのHPを一定間隔で回復し攻撃力を上昇させる。
 この潜在の最初に表記されている威力上昇は本人のみに適用。PTの~以降に表記されている能力については自分を含めたPTメンバー全員に効果があるが、同PT内で複数同じ潜在が発動している場合、効果は重複しない。回復&上昇量については30秒毎に最大HPの10%回復と2%の威力上昇となっている。

 「錬成開花」威力が14%上昇。特殊能力のステータス増加効果を2倍にする。
 クリファドフューズで解放できる潜在。事前のアークスライブでの説明では、この潜在についてはクリファドシリーズの武器のほうも同様の潜在となっている模様。


 ゼイネシスピックのほうは潜在が他武器と違うので別途記載。
 「生命の旋律」PTメンバーのHPを一定間隔で回復し攻撃力を上昇させる。
 生命の祝福と違って自身に対する威力上昇が無い潜在。PTメンバーに対するHP回復や攻撃力上昇効果の数値や効果の仕様については生命の祝福と同様となっている。またHP回復効果についてはペットに対しては効果は無い点注意。

 「邪悪の旋律」PP自然回復量、ペット攻撃時のPPの回復量が上昇する。
 クリファド潜在。PPの自然回復量、攻撃時の回復量上昇の数値については今後の情報待ち。


 ゼイネシスの特殊能力因子は「センテンス・トリプル」。効果は打射法+30となっており、同じ効果をもつモデュレイターとはおそらく競合しないと思われます。と言っても最近は因子の種類も増えてきて選択肢が広いので、強い能力ではありますがとりあえずゼイネシスに付けとけばという程度で考えておくと良いかもですね。

 ゼイネシス、クリファドはユニットもそれぞれ一式存在しますが、そちらのほうはまた別の記事で取り扱っていきます。
 今回は以上となります。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。

 

↑このページのトップヘ