こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 先日より体調優先で更新とさせていただいていますが、ちょこちょことこういった記事については更新していきたいと思います。という事で、実装から大分時間は経ってしまっていますが今回はアップグレードまたはUH版DF仮面戦にてドロップでも入手可能な☆13シオンユニットについてまとめていこうと思います。
09
基本性能
 3部位共通の性能:打射法防御396、光・闇属性耐性5、HP+100、PP+16、打射法力+65

 部位で異なる性能としては打射法耐性値がそれぞれで異なりますが、3部位統一した場合は差が無いようになってはいます。リアが「打6/射5/法5」、アームが「打5/射6/法5」、レッグが「打5/射5/法6」といった具合に微妙に違いがあります。

 入手方法としては、UH版DF仮面戦にてドロップするか、☆12のシオンユニットをアップグレードすることで入手できます。アップグレードの際は希粒石エレボスを1部位につき100個要求されますので、ご注意を。

各主要ユニットシリーズとの性能比較
 ※3部位を各ユニットシリーズで統一した際の比較です。
 ※画像が見にくい場合は拡大表示か、画像のみ別タブ表示推奨。
10
 
ざっくりとした性能面の所感としては、☆12からの正統進化といった感じで、相変わらずバランスの良いユニットとして再誕したという印象で、バランス系ユニットとしてはシュベルや☆13オフゼよりも上の性能にはなっていますね。
 特に打射法耐性値16%というのが地味に大きくて、他ユニットと比べてこの1%の違いが防御面においては大分重要なところにはなってきている印象で、所謂カチ勢や、HP盛りをするならば相変わらずノヴェルではありますが、そこに次ぐ防御性能を☆13シオンは得ている感じなので、かつて☆12シオンでアスエテマナグレスタで運用していたり、特殊能力移植実装後にアスエテマナクラを作っていた人なんかはそのままの特殊能力で運用しても全く問題ないくらいのバランスの取れたユニットになっている感じです。

 得られるHPと打射法力については他のシリーズに劣ってしまっていますが、PPについてはこの防御性能の中でもユニットの性能だけで48も得られるのが大きく、PPの重要度が大きい最近の環境においては下手なOP構成でアトラやノヴェルを装備するよりはよっぽど☆13シオンの方がしっかりと強くなれるといった印象です。

 とはいえEP6のラスボスレイドの実装がまだ控えていますし、アップグレードされた事でかなり魅力的な性能の☆13シオンではありますが、覇権ユニットに認定するにはまだ早い印象です。
 というかどうせラスボスレイドの方で新規のユニットが登場するならばそちらの方が性能が良いに決まっているので、ポジションとしては「初心者・復帰勢さんが入手しやすい強いユニット」という認識でいた方が良さそうなユニットなのかもしれませんね。

 オーブやダスク、ミラージュセルやノヴァセルも含めた比較表はこちら。
 ※画像が見にくい場合は拡大表示か、画像のみ別タブ表示推奨。
11
 やはりオーブ、ダスク、エクディク、ノヴァセル、ミラージュセルといったユニットと比べると大分丸い性能といった印象にはなりますね。よりPPに特化したい場合は防御面や攻撃面を犠牲にしてオーブ、ダスク、ノヴァセル、ミラージュセルの選択になりますし、攻撃に特化するならばアトラやリバレイトユニット、HPならばノヴェルという選択肢になるので、尖ったユニット構成にする場合は今回の☆13シオンの活躍の場はあんまり無いかなという感じで、運用するならばあくまでもバランス型のユニットして、3部位全てを☆13シオンでまとめる方が良いでしょう。

まとめ
 とても魅力的なユニットですし、☆12からのアップグレードでも入手可能ですから手軽に入手できる強いユニットとしては決定版になるかなと思いますね。覇権ユニットの方はEP6のラスボスレイド品になる可能性が濃厚ですからとりあえず現状は良いかもしれませんが、そちらのユニットも仕上げる準備をしておいた方が良いかもしれませんね。
という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。