こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 6/24に配信開始となった季節緊急「雨風とともに2020」の所感をつらつらと。
21
 今回の配信よりクエストの舞台が壊世ナベリウス森林へとリニューアルされていますが、内容自体に変更はなく、従来通りの雨風と同様にまるぐるしつつクエストポイントを貯めていき、一定のクエストポイントに到達することで決められたEトライアルが発生するようになるという感じですね。

 前回の季節緊急であるイースターではファクター系能力がドロップ品に付与されるようになっていましたが、今回の雨風では「ソール・カタリスト」がドロップ品に付与されるようになっており、わりとそこそこ付与されている方なのかな?という感じですね。
 ソール・カタリストはアストラル・ソールの作成の為に必要となる能力ですが、武器の場合はレイ武器の因子で楽に用意が可能なので、集めるとしたらユニットの方になりますね。特殊能力移植の実装でアストラル・ソール等の特殊合成系のOPはまた需要が高まっているので、今後の報酬期間等におけるアイテムラボブースト時の金策用として取っておくのも良いと思いますし、今ソール・カタリストを作ろうと思うと5つのソールを揃えるのが割と大変だったり、マイショップで結構いい値段が付いたりするソールもあると思うので、そういった意味でも今ソール・カタリストというのは割と価値のあるOPといった感じかなと思いますね。

 その他のドロップ品としては、新☆15弓の「クヴェレウェスペル」、新SOPの「S3:破砕妙撃の志」と「S5:静心拡域」に新作パフェの「どっしりパフェ」といったものが目玉ドロップになります。
 特殊能力については、バリア持ちやフォトナー浸食核付きも結構多く登場することもあって、クラックやディバインが付いたドロップも期待できます。ただ、クラックについては特殊能力移植が実装された影響なのかドロップ率は渋めな印象ですね。

 クエストの内容については上記の通り基本的には例年と変わりませんが、途中確定出現するアンガが少々厄介で、PhやEtが居るとあっという間にロッド・ウォンド・光属性耐性が付いちゃったりして、FoやTeが火力貢献しにくい状況が割とあったりして個人的にはやりづらいですね。FoもTeも現環境ではタリスを攻撃にはほぼ使用しませんしね。
 大分前に質問コーナーでも取り上げられましたが、やはりアンガの耐性については通常クラス武器と後継クラス武器を別カテゴリとして耐性が付くようにして欲しいところです。あとは耐性が付いている事に気が付いていないのか、それとも解っていてそうしているのかは判りませんが、耐性が付いている武器でごり押ししている人も結構見かけたりするのでその辺りも厄介ですね。

 総括としては、基本的には例年通りの雨風なので新鮮味が無く飽きは早いでしょうが、得られる経験値やOP素材のドロップについては割と美味しいですし、7/1からはアイテムラボブーストと強化費用が0キャンペーンが始まりますからそれまでの素材集めとしては通い甲斐はあるかなと思います。
 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。