こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 今回もユニット関連のお話となります。
 6/10のアップデートにてUH版OF敗者戦で新☆13ユニットのアトラシリーズがドロップ。ジグの交換ショップでは☆12オフゼユニットを☆13へアップグレードできるようになりました。今回はこの2種類のユニットの性能と既存ユニットとの性能比較を行っていきます。
09
基本性能
『アトラシリーズ』(3部位共通性能)
 打射法防御:373 打射法耐性:4% HP:+110 PP:+11 打射法力:+90

 入手方法:緊急クエスト「異界に紡がれし知の化身」UH、トリガークエスト「T:異界に紡がれし知の化身」「T:異界に甦りし全知への渇望」の難易度UHでドロップ。

『☆13オフゼシリーズ』(3部位共通性能でこれまでのオフゼと違いセット効果は存在しない)
 打撃防御:407 射撃防御:387 法撃防御:393 
 打射法耐性:5% 氷風光耐性:5%
 HP:+120 PP:+13 打射法力:+60 技量:+40


 入手方法:ジグの交換ショップにて、対象の☆12オフゼユニット・幻精石アーレス100個・プロメチット50個・ピュアフォトン50個・アルティメットブースター30個を用意してアップグレードで入手。

各主要ユニットシリーズとの性能比較
 ※3部位を各ユニットシリーズで統一した際の比較です。
 ※画像が見にくい場合は拡大表示か、画像のみ別タブ表示推奨。

12
 アトラユニットについてはリバレイトユニットと対となる感じの性能となっており、リバレイトと比べて防御値・耐性値・PPは劣りますが、HPと打射法力は勝るといった感じで、リバレイトよりもさらに攻撃面に尖った性能を持つのがアトラといった印象です。
 3部位でHPを計330得られますが、他の☆13ユニットと比べて防御面がかなり脆く総合的な防御性能はシオンにも劣るレベルだと思いますので、運用する場合はEtまたはサブEtの組み合わせが無難かなと思われます。
 ただ、今後アトラ・イクスシリーズへのアップグレードが用意されている可能性は高いと思いますから、現状でこの性能という事ならばイクスユニットの方は覇権ユニットになる可能性もあるかもしれないですね。

 ☆13オフゼについては打射法防御値にばらつきはありますが、総合性能的にはシュベルシリーズの上位互換といった性能になっていますね。上位互換といっても厳密には射撃と法撃防御はシュベルに劣りますし、得られるHP・PP・打射法力もシュベルと比べてやや高い程度のレベルなので、現状シュベルを運用している人がわざわざ☆13オフゼに乗り換えるだけの価値があるかと言われると、アップグレードに要求される素材の事も考慮してそれは無いかなという印象です。上記しましたが、☆11・☆12オフゼと違って今回の☆13オフゼはセット効果が存在しない点には注意しましょう。

まとめ
 どちらも魅力的な性能は持っていますが、急いでこれらのユニットに乗り換える必要があるだけの性能ではない印象で、今後EP6のラスボスレイドが実装される予定も考えるとそちらでより強いユニットが登場してくる可能性も高いので、焦って今回のアトラや☆13オフゼを仕上げる必要は無いかなと個人的には感じました。
 また防御面については相変わらずノヴェルが一番ですし、PPが欲しい場合はリアのオーブやダスク、レッグのノヴァやミラージュがありますから、今回のアトラ・☆13オフゼは強いユニットではありますが、覇権ユニットと呼べるものでは無いかなと思います。
 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。