こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 3/25に実装された新コンテンツ、ディバイドクエストの「逆境訓練:フォトナー強襲」についての所感をつらつらと。
20
 実装初日はチムメンで組んでちょこちょこ遊びましたけど進行状況を合わせたりしつつ遊んでいたので、初日ではステップ16~20まで遊んだ感じでした。

 クエストの内容自体は殲滅・補充・工作・討伐とありますが、結局楽なのは殲滅・討伐戦という感じで、工作はやや説明不足感があって初見では何をどうしたらいいのか戸惑う感じで、説明では「仮想装置の停止」と言われているのにポイントの獲得条件は結晶の回収と対象エネミーの撃破となっていて、仮想装置の停止についてはリザルトへの影響は無しですし、一定時間経過で障害雨が降ってきたりと、初見だったり攻略法を理解していないとクリア出来ないのはなかなか曲者でしたね。
 補充戦についてはエネルギーポッドの防衛もあるので、ソロや少ないPTプレイには向かないデザインで、マッチングの仕様がいまいち不明瞭な事もあって実装初日では進んで補充戦を選択する場面はあまり無かったですね。

 決戦のクラーブエクゼクル戦についてはBGMの事もあってなかなか楽しめますし、EP4のライディングクエスト、EP5のバスタークエストに比べればまだ遊びやすいコンテンツといった印象でした。
 ただ、身内だけで8人集まって遊びたい場合は鍵をかけて遊ぶといった方法を取れませんし、野良との合流についてもいまいちマッチングがしにくい状況といった感じで、マッチング云々の部分については要改善かなという感じです。

 ピュラス・スティルの入手に必要なグラーニア・エメル・各種モジュールについても低層では基本的にドロップでの入手機会はほぼほぼ無いのがつらいところで、ステップが上がってくると各ステージで「悪い効果」が付きやすくなりどんどんきつくなっていく割には報酬は一定ですし、それでボスを撃破出来なければボスドロップ無しという点も大分意地悪な印象ですね。
 マッチングと合わせてもう少しカジュアルに遊べるデザインにしてほしかったところですね。

 マッチングについてはステージ選択の際にどちらに何人今居るのかといった表示くらいは欲しいですし、身内や固定で遊べるような施策も用意して欲しいところといった感じで、EP5のバスタークエストと同様に色々と今後改善が望まれますね。
 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。