こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 12/4のアップデートにて実装された、新☆14ソードの「サイレントツリー」の所感について。
40
カタログスペック
『サイレントツリー』:☆14ソード、全クラス装備可能
 打撃力:1628(2197) 対応SOP:S1・S3
 特殊能力因子:「S1:戦友の加護」
 潜在能力:「聖夜の奇跡」
       威力が10%上昇。
       PTメンバー戦闘不能時に3秒経過後に自身のHPを50%消費し全員復活。
       リキャスト300秒発生。


 Teスキルの「リバーサーフィールド」に似た潜在効果を持つ武器ですね。
 因みにリバーサーフィールドの方はスキルレベル10の状態で、発動後15秒間にBoの各種フィールドスキルと同等の効果範囲内の戦闘不能者をHP100%の状態で復活させるという効果で、リキャストは600秒(10分)

 そしてムーンアトマイザーの方は基本的に1戦闘中1人5回まで使用可能で、効果範囲はリバーサーフィールドよりも広く、リングスキルのアトマイザーラバーズの効果で使用中無敵を得られるので、アトマイザーラバーズを装備またはユニットに付与している場合はわざわざリバーサーフィールドを使う理由は無いという感じですね。

 同じ蘇生効果と比較した場合、今回のサイレントツリーの強みとしては、リバーサーフィールドやムーンアトマイザーと違って蘇生する為に操作が必要無いという点と、サブパレットの枠を必要としないという利点はあるものの、PTメンバー限定の効果と、発動時に自身のHPが持っていかれてしまう点、リキャストタイム300秒(5分)と長い点と欠点もあるので、他の蘇生効果と比べても一長一短な内容という印象です。

 この潜在効果をデザインした人はおそらくリバーサーフィールドを参考にしていると思うのですが、リバーサーフィールドは現状死にスキルなので、それに寄せてデザインしたこの潜在効果はユニークではありますが、使いどころが難しいと言わざるを得ないかなと思います。

 一応因子で用意出来る「S1:戦友の加護」(2人以上のPT時、PT人数に応じてPP消費軽減・クリティカル率上昇・威力上昇の効果を得る:2人PTでPP消費8%軽減・3人PTでさらにクリ率+10%上昇・4人PTでさらに威力+3%)とシナジーはしている潜在効果なので、PTプレイ時の保険として武器パレットに仕込んでおくのはアリかなとは思います。
 難易度UH実装以降からこっちは割とプレイヤーが死にやすい環境ではあると思いますし、サイレントツリーがドロップするメリクリもボスラッシュで事故死とかも割とあったりしますから、割と活躍の機会は多いのかもとは思います。

 ただし、蘇生させる為にはこのサイレントツリーを勿論装備していなくてはいけませんから、SOPの方で火力系SOPを積んである程度☆15武器に寄れる武器としてもしっかり火力を確保していきたい所です。そういった意味でのSOP選択としては、因子付与可能な「S1:戦友の加護」は潜在効果との相性は良いですが、火力面では4人PTを組む必要がありますからちょっと扱いにくいという感じで、火力が欲しい場合は妙撃の志や錬成の志といったもっと扱いやすい火力系SOPの方が良いのかなと思います。

 ユニークな潜在効果ではありますが、個人的にはちょっと残念な印象が強いですね。
 「PT限定」、「発動時HP50%消費」、「リキャスト300秒」のこの3つの要素の内どれか1つでも無かったならまだ扱い易かったかなという印象で、『蘇生』に関してはアトマイザーラバーズを装備してムーンを投げるが一番便利ですし、リバーサーフィールドについてはユーザー側としては死にスキル認定されているという点を加味してもう少し強気なデザインに出来なかったかなと悔やまれる感じですね。
 蘇生に関する以上やりすぎるとバランスを壊す懸念が公式にはあったのでしょうが、明らかにリバーサーフィールドを参考にした上で上記の3つの要素を入れてきている潜在効果という点から、公式側は現状のリバーサーフィールドに特に問題を感じていませんと言っているようなものなのでそれもまた個人的には残念でしたね。
 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。