こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 11/20より配信がスタートした使徒戦にて新規実装となったSOPについてみていきましょう。
14
S6:回避の口笛
 回避行動に合わせてペットが戻ってくる。

 使徒戦の他にプライズメダル交換ショップでも入手可能なSu用SOPですね。
 各ペットには使用後に手元に帰還するPAが存在しますが、このSOPを付与することで回避行動を取る事で手元にペットが戻せるようになります。

 潜入等の割と難易度の高めなクエスト等では割と簡単にペットが戦闘不能となったり、自身がエゴ死してしまう場面が増えてきたように感じるので、帰還用PAを使用せずとも即座にペットを手元に戻せるのは便利な反面、Suの場合はペットがエネミーのヘイトを取るので戻ってきたペットへの攻撃の巻き添えになる場面が増えそうなSOPとも言える感じです。

 使いどころとしては、トリム・エアロのスパイラルやサリィ・ポップルのプロード、レドランバースト、ラッピーエンド等のチャージを必要とするPAのチャージ中の緊急回避用という感じでしょうか。
 S6は他に滅域輝与や妙技の巧等の強いSOPが存在するので、Su用とはいえそれらに勝る利便性があるかと言われると正直微妙な印象です。

S6:修羅の備
 HPが50%以下の時3秒間、被ダメージを40%軽減する。発動後リキャスト発生。


 Phスキルのゲシュペンストに似た効果を持つSOP。
 発動条件に発動時間がゲシュペンストと同じ設定となっているので、リキャスト時間についても同じく30秒の設定になっていると思われます。ユニットSOPなのでPhに限らず生存能力が向上するのは魅力的ですが、そもそもPhのゲシュペンスト自体が微妙という評価もあったりしますから現状の評判としてはやや微妙なところかなという印象です。

 ソロクエスト時にエネミーのラッシュを貰ってしまっても戦闘不能になりにくくなるという点で保険としての有用性は高いですが、クラス構成や武器SOPと組み合わせて使いやすいのはやはり滅域や妙技だったりしますし、被ダメ軽減という意味では常時7%カットを得られる守護の備の方が利便性が高いという印象なので、保険としての信頼性は高いですが、限定条件下での発動という点で考えるとやはり常時効果を得られるSOPの方が優先順位は高くなりそうかなと思います。

S6:守護乱舞
 10%の確率で被ダメージを70%軽減。


 被ダメ軽減率は脅威の70%を誇りますが、10%の確率発動という点がやはりネックなSOP。
 保険としての性能は上記の修羅の備の方が信頼性があるので、条件を満たせば確実に発動する修羅と常時70%軽減の可能性はあるが10%の確率の乱舞という感じで、好みで選んで良さそうな印象です。

 70%軽減は大きいですが、肝心なところで発動しないと何も意味が無いので、信頼性という点ではやはり修羅の方が有用性は高いかなと思います。

 使徒戦で登場した「リア/アビオンオーブ」が防御性能面が大分控えめな性能となっているので、今回実装された修羅の備・守護乱舞か、守護の備あたりは弱点をフォローするという点で相性が良いかなと思います。

●まとめ●
 今回実装されたSOPの中ならば当たりはやはり「S6:修羅の備」かなと思います。
 保険としての信頼性はありますが、発動条件がある分やはり常時効果を得られるSOPには見劣りしてしまう点があるので、滅域輝与や妙技の巧といったS6を持っている人には刺さらないでしょうし、アビオンオーブのような防御性能面が控えめなユニットの弱点をフォローするならば、常時7%軽減を持つ守護の備の方が強いかなという印象なので、それらのユニットSOPを持っていない人はという感じのSOPかなと思いました。
 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。