こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 先日の公式放送で告知があった「☆13武器の取引全面解禁」について、解禁後に需要が高くなりそうというか、金策に役立ちそうな☆13武器をいくつかピックアップしていきます。
39
 画像の2行目の内容についてですね。

レボルシオシリーズ
 因子でバーンⅤが付与可能なソード・ガンスラ・ライフル、ポイズンⅤが付与可能なナックル・弓・ウォンドはUHエネミー用にある程度の需要が出てきそうな感じがします。
 通常の特殊能力付与ではⅤまで用意するのは割と手間だったりしていたので、状態異常を組み込んだ武器を作りたい場合は今後レボルシオを利用した因子付与が良くなりそうです。

 ただ、現状レボルシオシリーズの入手方法としては各種アドバンスクエストの難易度SHでのドロップのみとなっているので、レボルシオシリーズが実装された当時に頑張ってコレクトファイルを回した人や直泥狙いで当時ADSHを頑張っていた人くらいしか手元にない代物だと思うので、出品数はあまり期待できなさそうな気がしますね。

レイ(ユニオン)シリーズ
 因子でアストラル・ソールが付与可能な武器ですね。
 アストラル・ソール自体は☆15武器の懐槍エピティミアと壊砲ティシィアの因子でも付与可能ではありますが、☆15武器をアストラル・ソールの因子の為だけに使うという人は少ないと思うので、やはりレイ(ユニオン)武器の需要は相変わらず高いと思います。

 特に8sまで拡張済みの物ならばなかなか良い相場で取引されそうですから、ラボブーストの機会に拡張作業を頑張って金策用としてみるのが一番良さそうです。

深遠シオンシリーズ
 因子でレヴリー・カタリストが付与可能な武器。
 艦内潜入:敵大型戦艦でドロップする☆14ウォンドのラミアドランでもレヴリー・カタリストは付与可能ですし、ラミアドランは取引可能な武器なので、深遠武器の需要はそこまで高くは無いと思いますが、艦内潜入もだんだんと人が少なくなってきている事もあって今後ラミアドランの供給がこのまま落ち込んでいくとなると、やはり深遠武器の需要も出てくるかなという印象です。

 特に☆15光跡シオン武器の因子で付与できる増幅のSOPの200盛り以上の条件を満たす為にマナ・レヴリーの存在は大きいので、1本仕上げるのに4本分のレヴカタ因子武器を利用することを考えたらかなり捌けの良い商品になると思いますし、光跡シオンに限らずマナ・レヴリーの需要は今後も高いと思いますから、取引解禁直後は相場がやや微妙でもコンスタントに需要がある武器にはなると思います。

ゼイネシスシリーズ
 因子でセンテンス・トリプルが付与可能な武器。
 また、潜在能力「生命の導き」でゼイネシス武器への能力付けに限りますが、能力追加成功率に10%のボーナスが付くようになるので、因子と潜在の両方で需要がありそうな武器ですね。

 特に最近はソロマウスでくらいしか入手する方法が無いという事もあってかなり高い需要があるんじゃないかなと思われます。特に能力付け上級者には高い需要が出ると思いますから、手元にあるけどゼイネシスを利用してまで難しい能力付けに挑戦する予定の無い人なんかは良い金策になると思います。
 因子のセンテンス・トリプルも打射法力+30の性能で地味に強いですから、能力付けが苦手な人はセンテンス・トリプルを使った能力付けが今後行いやすくなるのも大きいかなと思います。

 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。