こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 11/6に追加された☆15ランチャーの「コンバットカノン」とランチャー用解式PAの「プロミネンスアサイル」についてつらつらと。最近はFoと同じくらいの頻度でRaも触っているので、個人的にはこのプロミネンスアサイルとコンバットカノンには期待しておりました。
20
 コンバットカノンについてはとりあえずのところは「扱いやすい」という印象です。
 現状実装されている解式PAの中では最も威力の低い解式PAですが、消費ストック1というのがやっぱりメリットとなっていて、「とりあえず発動してしまってもOK」感といったら良いでしょうか、インペリアルクリーヴが3ストック消費、テンペストレイドが2ストック消費なので、これらの解式PAは割と使いどころを判断して発動していく必要性がありますが、プロミネンスアサイルは1ストック消費ですから消費後の回収も早いですし、5ストック分あれば5回連続発動が出来るので、1回の発動については勿論インペリアルやテンペストの方が強いですが、連続発動をすることでその辺りもカバーできる(するような設定)印象です。

 ただ、これで長らく不遇環境が続いているRaが救済されたかと言われるとそれはまた別なので、一旦はこのプロミネンスアサイルで火力面に多少テコ入れが入った程度で、Ra自体が火力を出し辛い状況への根本的な解決にはなっていないので、今後のバランス調整に期待ですね。
15
『コンバットカノン』 ☆15ランチャー
 射撃力:1960(2646) 対応SOP:無し
 特殊能力因子:シュートⅥ
 潜在能力:「排速猛撃」
       威力が10%上昇し被ダメージが50%上昇。
       戦闘不能になった場合クエストが終了するまで上記の効果が消失。


 今回追加された解式PA「プロミネンスアサイル」発射用ランチャーと言われている武器ですね。
 潜在効果は一見してデメリットの方が効果が大きいですしSOP未対応。唯一の特徴が射撃力2646という点で、シオンランチャーに比べて射撃力が225高いランチャーとなっているので、カタログスペック上は現状一番の射撃力を持つランチャーとなっていますが、コンバットカノンはSOP無しの威力10%アップに対して、シオンはS1~3対応な上に潜在効果による威力アップが最大13%となっているので、総合火力という点で見るとシオンには勿論敵いません。☆15全体で見ても戦闘不能前でもPP250以上で運用しているオブリサナより若干火力が出る程度ですし、戦闘不能後は☆14のディム以下で、PP250未満運用のオブリサナ以下まで落ちるので、公式が本当にプロミネンスアサイル用に出したのだとしてもユニーク系武器というよりはもはやネタ武器と言わざるを得ない印象です。

 今後登場するリバレイトシリーズの事を考えると、正直実装された瞬間に死んでいる武器と言っても良いくらいネタ感のあるランチャーなので、デメリットが伴う分強力な潜在効果を期待していたのですが、裏切られたというか期待外れでしたね。

 解式発射用という意見もありますが、極端な話「S4:累加追撃」が付いたイクスには解式の火力も敵いませんから、そう考えると解式発射用としての価値もちょっと微妙な印象になってしまいますね。

 今までも潜在効果の上方修正は実施されてきているので、今後救済の対応が入る可能性はありますが、現状は使い道が無いと言っても良いくらいのネタ武器なので個人的には残念です。

 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。