こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 10/5のエトワール体験会にて、色々と気になるアップデート情報が発表となりましたが、メインFoで遊んでいる身としてはまずはFoのバランス調整については記事にしておきたいと思います。
37
●タリスの通常攻撃のPP回復量を上昇(全て15回復)●
 大分前の調整で、タリステックボーナスのスキルレベルが5⇒1に調整されましたが、それでもFoでタリスを利用する人は増えなかったという事なのか、今回もタリスへの調整が実施されますね。
 PP回復量上昇は、フォトンフレアロッドSC登場前に実施されたならば嬉しい調整でしたが、現状のFoは特にPP回復手段に困っている訳では無いので正直微妙な調整です。ロッドを使わないタリスオンリーのFoさんならば嬉しい調整かもしれませんが、現状Foを遊んでいる人でタリスオンリーで遊んでいる人って殆ど居ないと思うので、需要に応えられている調整ではないかなと思います。

 やはりタリスについては一旦投擲してからテクニックのチャージを開始するという現状のゲームスピードに合って無いところが大きいので、「テクニックチャージ開始と同時に自動的にタリスが投擲される」といった新しいスキルなりリングだったり、一旦投擲する挙動を調整する気が無いのならば、投擲数を増やしてロッドに比べて攻撃範囲が広いですよなんて調整が無いと正直現環境では見向きされないかなと思います。

●空中でのテクニック使用後、着地までの間に移動性能を追加●
 一部テクニックを除き空中でテクニックを使用した後に移動性能を追加とありますが、正直放送時の説明だけではピンとこない内容だったので、こちらについては実装されてみてどういったものになっているのかというところ次第でしょうか。
 現状でも空中でテクニックを発動した後は大概ミラージュなり、ショートミラージュを挟んで位置調整なり、安全に着地するような動きをする人が多いと思いますので、その辺りとどういう風に違うのか気になるところですね。

●複合テクニックのリキャストタイムが120⇒90秒に●
 おそらくは解式PAが実装されはじめたからというところでの調整かと思われます。
 解式PAはリキャストの概念が無く、使用する解式PAによっては使用後のゲージ残数によっては連続使用が可能ですし、複合テクニックと違ってリキャストが無いのでゲージを再度貯めればすぐに再使用可能という点で、利便性は解式PAの方が高いのでそれでという事なのでしょう。

 ありがたい調整ではありますが、この調整が入っても解式PAの方が取り回し易いという評価は変わらないと思いますから、複合テクニックをFo・Teの強みとして今後も調整するのならばリキャストタイムは0にしちゃっても良かったかなと個人的には思いました。

●炎属性テクニック全般の威力を上方修正●
 不遇属性にようやくテコ入れが入るという感じですね。
 素直な挙動故に使用頻度が高く、脳死ラフォなんて時代があったりイルフォでリスキルをする時代があったりなんかしましたが、それをずっと引きずっていた感じで控えめな調整ばかりが続きついには不遇属性となってしまった炎属性ですが、ようやく見直しが入る感じです。

 ただ、炎属性は単発火力が多い属性なので、威力調整と言っても他の属性が1発動で叩き出す総合火力と同等の単発火力調整が必要なので、しっかりとその辺を考慮した威力調整になるかなと気になるところですね。
 正直現環境は属性間の格差が特に大きい環境なので、炎属性オンリーなスキル振りや戦術を取っても戦える程度の調整でないと意味が無いと個人的には思います。

●ナ・フォイエの消費PPを軽減(35⇒25)●
 扱いやすい挙動が多い炎属性の中で異彩を放つのがこのナ・フォイエですね。
 弧を描くようにゆっくりと飛んでいく挙動となっているので、エネミーへ直当たりさせるのが難しく、地面に着弾した際は継続ダメージが発生するようになりますが、基本的に火球の直当たり以外では威力が低く、高い消費PPもあって特に扱いにくかったテクニックですね。

 今回の調整で消費PPが軽減となりますが、ユーザーが欲しかったのはPP軽減よりも挙動の高速化だったり、火球の当てやすさの方だったと思いますから、上記の炎属性全般の威力調整と合わせて強くはなるのでしょうけれど、結局当てられないと意味が無いという点が変わらない事にはという感じで個人的には微妙な印象です。

●バータの威力を上方修正(1.25倍)●
 氷属性の中では唯一の純粋な単発火力テクニックだからという事なのかなという印象です。一応貫通性能は持っていますが、エネミー1体に基本的に1ヒットなテクニックなので、やはり現環境では威力不足な所は否めないテクニックではありましたね。
 現状のバータの威力が916なので、その1.25倍は1145になります。
 
 氷属性はイル・バータにレ・バーランツィオンがやはり扱い易く便利なテクニックなので、この威力調整でバータが氷のメインウェポンとして食い込んでくるかと言われるとちょっと微妙な気はします。
 ただ、テクカスを施す事で高いフリーズ率を確保出来ますし、チャージ時間も0.6秒と長い方ではないのですから、威力面と挙動以外は優秀な性能を持っているという点で使用頻度は明確に上がってくるのは間違いないかなと思います。

●ギ・ゾンデの威力を上方修正(1.25倍)●
 雷属性は割と単発火力系が多い属性ですが、その中でもエネミーに避けられやすいギ・ゾンデが選ばれたのかなという印象です。
 現状のギ・ゾンデの威力が1177なので、その1.25倍は1471.25となります。小数点以下は切り捨てになると思いますから1471という事になる筈です。
 威力カスタムを施す事で状態異常率が大きく低下してしまいますが、威力は最大130までプラス出来ますし、おまけ効果でチャージ時間-0.10秒も付くので、取り回しやすさはそこそこです。

 ナ・フォイエやバータもそうですが、挙動面に調整を加えない代わりにとことん威力面を調整していく方針なのかなという印象で、テクカスの兼ね合いもありますから調整が難しいのは理解していますが、テクニックだけ調整内容が単純すぎるというか、もっと挙動面や細かい性能面に対しての調整が欲しいところです。

 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。