こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 9/4実装の新☆14ダガー「ランフェシー」について見ていきます。
04
●基本性能●
 打撃力:1064(1436) 射撃力:1000(1350) 対応SOP:S1・S2 ※全クラス装備可能
 特殊能力因子:「S2:暗闇の備志」
 潜在能力:「風切の羽」
       威力が10%上昇。
       スピンでのガード成功時後通常攻撃に遠距離攻撃が数回分追加される。


 スピンガード成功後に発生する遠距離攻撃は24回分追加となっており、ダガーの通常攻撃は1ループで6ヒットしますので通常4ループ分の遠距離攻撃が可能になります。遠距離攻撃の威力については通常攻撃同程度という感じですが、射撃力が設定されている武器なので射撃依存の威力となっているのかなという感じです。遠距離攻撃命中でPP10が回復します。

 同じく戦道でドロップするシホウゲンブとサーペンプレンザーが割と話題性が強い事もあって、前回のBWで実装されたタリスのイクルシオクルテに比べて大分影が薄い印象ですね。
 
 ダガーで遠距離攻撃が出せる事がメリットという訳ではなく、それによるPP回復がメインといった印象で、スピンガードで遠距離攻撃を獲得した後はエネミーとの距離が離れていても通常を振る事でPPを回収してからレイジングで再度接近して乱舞していくという行動が行いやすいといった感じですね。

 全クラス装備可能なので、Fiが絡むクラス構成でPP回復用にと言いたいところですが、その点に関しては電池仕上げを施したイクルシオクルテの方が利便性が高いので、全クラス装備可能な性能を活かす組み合わせはちょっと難しい印象です。
 一応S1・S2に対応となっているので、気輝応変を積んで電池仕上げも可能ですが、電池性能としてはS3まで対応しているイクルシオクルテの方がやはりPP回復性能は上なので微妙かなと思います。
 パラメータ値は☆14最上位ではあるので、火力系SOPを積んである程度の火力を出せるようにして運用するほうが結果的に扱いやすいのかなと感じます。

 因子が「S2:暗闇の備志」という事もあるので、闇属性で仕上げて閃機種用の武器として仕上げるのもアリなのかなと思います。その場合は「S1:依属の志」が組み合わせとしては良さそうですが、S1は火力系SOPが豊富なので、錬成の志や時流の志等でも良いと思います。
 組み合わせとしては増幅と妙撃2でより高い威力上昇を目指せますが、流石にそこまでする価値のあるダガーでは無いと思うので、PP回収効率の良い局地戦用として仕上げる方が輝く武器かと思います。

 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。