こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 炎闇編、雷風編と記事にしてきましたが、今回は氷光編という事で最後になります。
 個人的に現環境で特に扱いにくいまたは調整の必要性が高いテクニックをピックアップしてお話ししていきます。
35ba580c
●氷属性●
 特徴的な性能を持つテクニックが多い属性です。現環境としては、やはりイル・バータの存在が大きく、イル・バータの為にアイスマスタリーを取りに行っているFoが殆どと言っても過言では無いでしょう。ですので今後はイル・バータと同じくらい活躍できるように他の氷テクニックも調整して欲しいところですね。

『ギ・バータ』
 発動者または投擲したタリスの前方へ扇状の範囲に攻撃を発生させるテクニックですが、1つ目の難点はチャージ時間の長さです。効率カスタムを施す事で-0.07秒だけチャージ時間を短縮可能ですが、流石にあって無いようなものなので、それなりに広い範囲を攻撃できるとはいえ取り回しにくいテクニックかなという感じです。

 発動後、約2秒間断続的にノックバックを発生させる為、雑魚エネミーの行動阻害をしながら次の行動に移れるのでコンボパーツとしては優秀な側面を持ちますが、ノックバックが効かない大型エネミーやボスエネミーに対しては弱く攻撃を途中で抜けられてしまって十分なダメージが出せない場面も多々あったりします。
 また、扇状の攻撃範囲はあくまでも横方向のみに発生するもので上下方向への範囲は狭く、位置取りや投擲したタリスによって上下方向へ射出出来ないといったところが2つ目の難点かなと思います。

 調整案としては、上下への攻撃範囲拡大か、上下方向へ射出が可能になるように調整してもらってもう少しフレキシブルに使用していけるような調整が欲しいところです。また同じ1秒のチャージ時間を要する他テクニックと比べてやや取り回しにくい側面があるので、ある程度まで短縮調整を入れてもらってもっとテンポ良く使用していけるテクニックにしてほしいですね。

『零式ナ・バータ』
 発動中に攻撃を受けるとカウンターが発生するテクニックですが、そもそも大して使われていないのが実際の所かなと思います。元々カウンターを持っているHrやPhでは利用価値が無いですし、Suの場合はヘイトがペットに向くため使用機会が皆無。FoやTeの場合はテックCパリングで同じ事が可能なので、Boがまだ使う機会があるのかな?という感じですが、Boに関しても武器アクションによる回避行動を取る方がテンポが良いので、現環境でどれだけの人がこの零式ナ・バータを使っているのかな?という感じです。
 一応テクニックが使用可能なクラス構成であれば、法撃武器以外の武器を持っている状態でも発動可能なので、サブPhを絡めたクラス構成ならばある程度の利用価値はあるのかなという感じでしょうか。

 カウンターが成立することで無敵時間が発生しますが、カウンター攻撃自体は必中では無く位置関係やエネミーのサイズ・挙動よってはヒットせず、カウンターが発生するまでの状態についてもあくまでもガード状態であり一部ボスエネミーが持つガード貫通技には無力で無敵時間も付与されないので、カウンターを取る行動としては若干弱い仕様になっています。

 テックCパリングと比較した場合、テックCパリングは1ヒット分しかガード出来ないのに対して零式ナ・バータはカウンターが成立することで発生する無敵時間で連続攻撃に強いという利点があるので、使い分けと言われればそれまでですが、実際のところはテックCパリングで事足りてしまっているのも事実なのでテコ入れはやはり必要なのかなと思います。

 調整案としては、やはりカウンター攻撃の質を高めるのが1番なのかなという感じですね。テックCパリングの場合は氷属性に限らずにカウンターが可能という点で利便性が高いので、零式ナ・バータの方はカウンターで発生するダメージをもっと引き上げて「零式ナ・バータでカウンターを行う価値」という部分をもう少し追及して欲しいところですね。
65e4be5e
●光属性●
 ダーカーや多くのボスエネミー・レイドボスが弱点とする属性な為、全属性の中でも使用頻度が1番高い属性ですね。各テクニックの性能面においてもDPSを稼ぎやすいものが多く、最もバランスの取れた属性でしょう。
 雷属性と同様に明確に死んでいる、調整の必要性が高いテクニックはこれといって無いので強いて挙げるならばという内容になります。

『ナ・グランツ』
 球型の攻撃力場を発生させるテクニックで、チャージ発動で6秒間持続し最大7ヒット(数多カスタムで最大9ヒット)の攻撃判定が発生します。SAを持つエネミーに対してもノックバック効果がある為バリアのような使い方が可能ですが、反面そのノックバック効果でエネミーを攻撃範囲外へ押し出していってしまう性質を持つので、場合によっては全段命中しない事がある点がやや残念ポイント。

 調整案としては、ノックバックでエネミーが攻撃範囲外から出てしまうのを防ぐために、持続時間の経過に応じて攻撃範囲が多少広がっていくような調整が良いのかなという感じですね。
 といってもやはりバリアとしての側面が強いですし、光属性は他に火力を出せるテクニックが多いので、威力面については環境の変化に応じて実施してもらえれば十分かなと思いますし、光属性についてはそれだけ不満点が少ないという感じですね。

 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。