こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 8/21実装の新☆15ライフル「ヤスミノコフ5000S」の性能を見ていきましょう。
08
●基本スペック●
 射撃力:1575(2126) 対応SOP:S1・S2
 特殊能力因子:シュートⅥ
 潜在能力:「必撃の褒賞」
       威力が9%上昇。弱点部位(HSも有効)への射撃攻撃が60回命中した時、
       クリティカル率が100%PP最大値が60上昇。(弱点部位命中時HP3回復)


 実装前に吉岡DからRaでもPhでも扱えるARという風に言われていたとおり、潜在効果についてはRaでもPhでも扱い易い性能となっていますね。ただ、親和性という点ではフォトンストリーム・クリティカルストリームのスキルを持つPhの方がRaよりも高い印象で、弱点部位への60回の射撃攻撃についても、Phの場合はシフト発動したクーゲルシュトゥルムで簡単に稼げますから、RaよりもPhの方が取り回し易い印象です。

 Raの場合でも零式パラレルスライダーやワンポイントがあるので、60回の条件については簡単に達成可能ですが、ジャンピングドッジやネクストジャンプ後にその場に留まって滞空射撃が可能なクーゲルシュトゥルム(シフト発動)の方がより簡単かなと思いますね。

 60回命中後に発動するクリ率+100%とPP+60については、一度条件を満たせば武器切り替えを行わない限りはずっと継続するので、クリ率を積みにくいRaでの有用性も高いですし、装備面でPPの確保が十分に出来ていないPhでもフォトンストリーム・クリティカルストリームの効果を引き上げてくれるので有用性が高いですね。

 ただ、Raの場合はWBの存在だったりARでの対複数戦が苦手なので、どうしてもランチャーに持ち替えたくなる場面が存在し、その度に再度60回の条件を満たしていく必要がある点はPhに比べて手間になってくる点と、対応SOPの都合上「S4:静の胆力」が積めないのがネックです。
 また、潜在効果とのシナジーを優先する場合はやはり妙撃の志を採用したい所なので、WB装填時のPP回復手段にやや乏しい部分が欠点かなと感じます。PP回復優先で「海青・災転」または「死中・災転」を採用する選択もアリではありますが、潜在効果とシナジーする妙撃に比べるとやや見劣りする選択になるかなと感じます。

 そして、Phの場合はレゾナントの存在が大きく、対応SOPの数や、潜在効果で得られる威力上昇値の差と、マーカーとのシナジーを考えると総合性能という点ではやはりレゾナントなので、親和性は高いがレゾナントを持っている人は採用しないかなと思いますね。

 便利な潜在効果を持つヤスミノコフ5000Sですが、火力面においては☆15の標準的な位置で、シオンや「S4:累加追撃」を付与したイクスやノヴェルには敵わないので、シオンやイクスでARを作っていない人かつレゾナントオルコスを持っていない人向けのARかなという印象です。
 
 付与したいSOPについては、「S1:射撃増幅」、「S1:錬成の志」、「S1:妙撃の志」、「S2:妙撃の志」、「S1:海ノ青閃」、「S1:死中の志」、「S2:災転輝与」あたりが優先度が高いかなと思われます。

 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。