こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 今回はようやく実装となったイヴリダユニットのアップグレード版であるクリシスユニットの性能を見ていきましょう。
09
●基本性能と入手方法●
・基本スペック(3部位共通):打射法防御344、炎・闇耐性3
・追加能力(3部位共通):HP+90、PP+10、打射法耐性+4%、打射法力+40

・入手方法:ジグの交換ショップにて、同部位のイヴリダユニット+クリシスブースター100個でアップグレード。

 ユニットの性能については、やや控えめな感じとなっており、シオンやフォボスを運用している場合は正直乗り換える程の性能は持っていないユニットです。
 それでも防御性能についてはボード系よりも上ですし、イザネと悩める程度のスペックではあるので、初心者さんや、ゼイネ・クリファド等の古くなったユニットを運用している復帰勢さんには丁度良い性能にはなっているかなと思います。

 電撃のインタビュー記事の方で今後シュベルユニットの実装も予定されているという内容が出ているので、今回のクリシスユニットはあくまでも中間アップグレードという事になります。
 中間アップグレードと考えると高い性能を持っているユニットという感じにはなるので、シュベルの実装タイミング次第ではトップクラスのユニットになる可能性も秘めてそうです。

 7周年記念の後半クエストである『懐世周回試練:Excluder』では新☆12ユニットのアウェイクシリーズがドロップするようになっているので、ユニットの新調を考えている人はクリシスユニットどちらにしようか悩みどころです。
 電撃のインタビュー記事の方では、アウェイクはシオンと悩める性能となっているという風に記載されているので、アウェイク掘りを頑張るか、コスパ重視でクリシスにするかという感じですね。

●各シリーズユニットの3部位統一装備時との性能比較●
 クリシスユニットの数値よりも高いものは赤文字低いものは青文字表記となっています。

●『クリシスシリーズ』
  打射法(力)+120、HP+270、PP+30
  打射法(防)+1032、打射法耐性+12%、炎・闇耐性+9%

●『ボードシリーズ』
  打射法(力)+120、HP+150、PP+30
  
打射法(防)+1011打射法耐性+13%
●『フォボスシリーズ』
  打射法(力)+120、HP+240
  
打射法(防)+1104打射法耐性+15%
●『イザネシリーズ』
  打射法(力)+60、技量+60、HP+450
  打撃防御+1083射法防御+1020
  打射法耐性+12%、
雷耐性+16%、光耐性+12%
●『ヒューナル系』
  打射法(力)+85PP+51
  打射法(防)+1046打射法耐性+6%闇耐性+15%
●『ザラシリーズ』
  打射法(力)+90技量+150HP+240PP+24
  打射法(防)+1014打射法耐性+9%
●『☆12オフゼシリーズ』(オフス‐NTを含めた4種装備時のセット効果込み)
  打射法(力)+80、技量+100、HP+260PP+35
  打撃防御+1087射撃防御+1003法撃防御+1045
  打射法耐性+13%、氷・風・光耐性+12%
●『光跡シオンシリーズ』
  打射法(力)+150HP+300PP+45
  打射法(防)+1113打射法耐性+15%光・闇耐性+15%

 冒頭の方でも記載した通り、やはりシオン・フォボスを現行で運用している場合は乗り換えるメリットは無いと言えるでしょう。ただ、バランスの良いユニットではあるので、シオン・フォボスに次いで3番手、防御性能はイザネと悩む感じなので4番手くらいの性能のユニットではあるかなと思います。

 7周年記念バッヂでアップグレード元のイヴリダユニットもアップグレードに要求されるクリシスブースターも簡単に集まるので、コスパ良でこの性能と考えると優秀なユニットかなと思います。
 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。