こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 7/10より本格的な7周年イベントが開始されましたが、色々と新規の武器も追加されたので、ざっくりではありますが見ていくことにしましょう。
07
『シャヴァルユーベル』(ソード)
 打撃力:1883(2542) 
『シャヴァルメルム』(ウォンド)
 打撃力:1821(2458) 法撃力:1809(2442)

 対応SOP:S1 特殊能力因子:ペルソナ・レヴリー
 潜在能力:「怨暛の祈り」 
       PPが最大時の状態でPA・テクニック使用時PPが0に。
       PPが最大に戻るまで、PPの消費量軽減、超回復。


 マスカレーダの剣を模したデザインの武器です。
 潜在効果については、説明文に明記されていない効果も存在しており、大まかにまとめると以下のような潜在効果を持つという感じになっています。

 隠し効果:常時威力10%上昇。
 発動条件:PP最大時にPA・テクニックを使用し、PPを0にする。
 効果①:PPの消費量軽減(消費量が1で固定される)
 効果②:PPが超回復(0.5秒毎に6回復)
 効果③:隠し効果として、効果中に威力がさらに3%アップ。
 効果④:①~③の効果発動後、PPが全回復で①~③の効果消滅、クールタイム120秒。


 ちょっとゲーム内の効果説明が不親切な感じで、詳細を見るとかなりユニークな効果かつかなり強い武器という感じです。
 素の打撃・法撃値はどちらも光跡シオンを超える武器となっており、総合的な性能としては、追加倍率無しの状態でも火力SOPを盛ったアトラよりも強い武器となっており、追加倍率アリの状態で火力SOPを盛ったシオンに次ぐダメージが出るという感じです。

 S1にしか対応していない武器ですがそれでも相当強い武器で、効果中は実質PP無限で戦えるのでHrソードやTePhで運用するとかなり恐ろしい事になりそうな感じです。
 かなり尖った潜在効果なので、運用には慣れが必要ですし、専用の立ち回りが要求される武器になると思いますが、使いこなせればかなりのDPSを出していける武器かなと思います。
 基本火力は光跡シオンで出していくようにして、レイドやボスエネミーのダウンタイミングやラッシュをかけれるタイミングでシャヴァルに持ち替えてDPSを出していくという使い方をすると輝くかなと思います。

『ノヴェルシリーズ』(タクト含む全カテゴリに実装)
 対応SOP:S4 特殊能力因子:センテンス・トリプル
 潜在能力:「封印の牙」
       威力が14%上昇。クリティカル率が20%上昇。

      「封印の奏」(ノヴェルタクト)
       威力が3%上昇。クリティカル率が20%上昇。

 タクト含む全カテゴリに実装された☆15のシリーズ武器ですが、タクトについては、これまでのタクトと同様に因子・SOPに対応していないので注意。タクトについては基本ステータスが光跡シオンと同じなので、シオンのPP回復効果を取るか、ノヴェルのクリティカル率を取るかという選び方になります。

 タクト以外の武器についても基本的にはS4の逃がし先としての運用が主になりそうなデザインで、イクスやシオンをメインで使っている人の場合はわざわざ武器として運用する程の性能では無い感じです。
 ただ、潜在能力がシンプルで扱いやすいので、まだ☆15武器を持っていない初心者・復帰勢さんはイクスやシオンを作るまでの繋ぎとして優秀な武器かなと思います。

 メインウェポンとして運用する場合、S4の選択肢としてはやはり奪命の撃が安定なのかなという印象ですが、イクスにはイマイチ付与し辛かった「S4:天輝の守護」や「S4:聖者の盾」等を付与するのもアリかなと思います。潜在効果のクリティカル率20%上昇を活かすなら、Fi武器に「S4:正対の巧」を付与するのはちょっとありなのかなと思います。

 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。