こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 という事で昨日の記事に続いて感謝祭札幌会場での情報まとめとなります。
 今回はアークスライブ内で取り上げた質問コーナーのまとめとなります。
 ※アップデート内容に関係無いと思われる内容については割愛しております。※
111
Q:今後新称号や新ストーリーの報酬で時還石クロノスや創望石アンフィトリテの配布の予定はありますか?
A:新緊急の『終の艦隊迎撃戦』に関連した、迎撃ポイントの累計スコアによって獲得できる称号の報酬としてアンフィトリテを獲得できるようにする予定です。累計スコアによって獲得できるものなので、艦隊迎撃戦を遊んで頂ければいずれ必ず獲得できるものになります。

Q:EP6で新たにS4に対応した武器が実装される予定はありますか?
A:予定はあります。詳細は今回は言えませんが近々情報を出す予定です。現状S4対応武器がアトラしか存在しないため、S4の能力の逃がし先を作るといった感じの武器にはなりますが、そこそこ強い武器でもありますので、情報をお待ちください。

Q:難易度UHにおいてイクシードエナジー等の特殊能力付け作業を行わなくても良い程度の強い武器がドロップするようになりましたが、このような仕様にした理由は?
A:EP6はユニーク系潜在の武器を多く配信予定となっています。目的としてはそれらのアイテムを拾った時にイクシードエナジーや鑑定でマーク系能力が付く事でとりあえずその武器で遊んでみてもらいたいという目的となっています。また、イクシードエナジー等の能力目的で同じ武器でも何度も狙いたくなるようなという意味もあります。

Q:新緊急『終の艦隊迎撃戦』の実装に伴ってアークスミッションにて関連の限定ミッションが追加されますが、勇者の紋章キャンペーン等のウェブ上でのみ対象アイテムの獲得条件が公開されているアイテムをアークスミッションに対応させたほうが良いと思うのですが?
A:アークスミッションについては実装後それほど否定的な意見も聞きませんので、今回の限定ミッションを実装してみて受け入れてもらえそうなら、今後そちらにシフトしていっても良いのかなと考えています。

Q:ワイルドイースター2019において、難易度ノーマルとベリーハードが存在しませんが、今後の季節緊急でも同様の内容で配信されるのでしょうか?
A:今回難易度UHが実装されたことで、ノーマルとハード、ベリーハードとスーパーハードを統合したような難易度設定としています。これは難易度の種類が多いとそれだけマッチングがし辛くなるという点から統合しているものとなります。
 現状の設定でクリア率については問題が無さそうですので、今後の季節緊急についても同様の内容で配信予定となっています。

Q:現状の常設クエストにおけるレベリングの手段が『暗影渦巻く壊れた世界』の1択になってしまっているように感じますが、他のレベルアップクエストも暗影基準の経験値効率に調整する予定はありますか?
A:レベルアップクエストの見直しは行いたいと思っています。経験値効率ももちろんですが、クエスト自体ももう少し新しいものを追加したり、差し替えを行ったりしたいなと考えています。

Q:新緊急『終の艦隊撃激戦』の各セクターの受注は1回限りなのでしょうか?
A:セクター1・2についてはセクター移行までの時間内であれば何度でも受注可能です。セクター3のみ1回限りの受注制限があります。

Q:不断の闘志、不尽の狂気、終の艦隊迎撃戦のような8人用緊急クエストは今後も実装する予定ですか?9人以上のメンバーで遊んでいる場合は溢れてしまう人が出てくるので気になります。
A:今後も8人用緊急クエストについては予定がありますが、12用緊急クエストについても無くなる訳ではなく、バランスを見て両方とも実装していく予定です。ちなみに、AISヴェガが出る緊急に関してはクエスト中のゲームの負荷やクエストの遊びやすさの問題もあり基本的には8人用緊急になる見込みです。

Q:スキルリング『R/ブーストスレイヤー』はフォトナー浸食核が付いたエネミーにも有効ですか?
A:有効です。


 という事で今回は以上でございます。今回はEP6実装後の反響についてだったり、エキスパ条件取得代行の注意喚起の話だったりで、質問コーナーの時間は短めでしたね。次回の福岡会場での放送がそれほど日を空けずに実施されるので、またそちらの内容も楽しみです。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。