こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 「Road to EPISODE6」も後半戦に突入。
 4/3からまた色々と新しいブーストも始まりましたので、この機会に初心者・復帰勢さん向けにレベリングについてつらつらとやっていこうと思います。

 現在は各クラスに特定レベル到達が獲得条件となっているスキルが追加されており、昔と違ってレベリング重要度はより大きくなってきました。

 今までもそうでしたがこのゲームは基本的に最高レベル帯・最高難易度帯へアップデートが行われていくようになっているので、最新環境を遊ぶためにはクラスレベルは大事な要素となっています。
77
●事前準備●
 いくつか事前準備できる範囲でレベリングに役立つ内容を解説していきます。
 全ての要素の準備が必須という訳ではありませんので可能な範囲で用意するようにしましょう。

【取得経験値アップの特殊能力】
 ・アナザーヒストリー:取得経験値が10%増加。
 ・EXPブーストⅠ~Ⅲ:取得経験値が5%・7%・10%増加。


 ボーナスクエスト等へ出向く際はこれらの特殊能力が付いた武器を装備すると経験値の取得量が増加します。2つ合わせて付与されている場合は最大20%アップになりますので、恩恵は大分大きいです。
 アナザーヒストリーは特定武器への固有付与、EXPブーストはスペシャルウェポンの鑑定時に付与可能となっています。

 オススメの武器は☆10ソードの「ドラゴンスレイヤー‐NT」、☆10カタナの「剣影‐NT」、☆10ガンスラッシュの「エンペルアキシオン‐NT」の3つかなと思います。
 全クラスで扱えるガンスラッシュのエンペルアキシオンは言わずもがな、ソードのドラゴンスレイヤーについてはHrでも扱えるという点、剣影はPhのレベリングに丁度良いという点での選抜です。
 ドラゴンスレイヤーについてはソードを扱えるクラス限定ですが、剣影は全クラス装備可能なカタナなので、射撃職や法撃職のレベリングでも使える点が評価が高いかなと思います。

 紹介した3種の武器はどれもボーナスキー禍津【銀】・【金】でドロップしますし、☆10武器ですのでマイショップで上記の能力が付いたものが出品されていないか見てみるのも良いと思います。

 注意点としてあくまでもこれらの武器は「レベリング用」の装備です。火力が求められるレイドボスや緊急クエストへ装備していくのは顰蹙を買う可能性がありますのでご注意です。

【サブクラスグロウアップ】
 Suのスキルに「サブクラスグロウアップ」というスキルがあります。
 このスキルはメインSu時にサブクラスが得られる獲得経験値倍率を+100%にしてくれるスキルです。

 サブクラスが獲得できる経験値量は先日修正が入り、メインクラスが獲得した経験値の25%まで獲得可能になりました。
 このサブクラスグロウアップが適用されればサブクラスが獲得できる経験値量は50%まで伸びますので、Suと一緒に他のクラスのレベリングを行う際は便利です。

【ブーストを用意する】
 獲得経験値量を底上げする為に一番大事な要素となります。
 ブーストと一口に言っても色々ありますので、用意できるものから準備していきましょう。

・ブーストアイテムの使用
 純粋に獲得経験値+〇〇%だったりトライブースト+100%等を使うという意味です。
 特に獲得経験値+〇〇%は基本的にレベリング以外の使い道はありませんので惜しまず使ってしまって問題ありません。

・デイリーブースト
 デイリーオーダーの中にはオーダー名の右側に青い矢印のマークが付いているものがあります。
 このオーダーを達成・報告することでデイリーブーストが5%ずつ上昇していきます。(最大50%)
 デイリーブーストはトライブーストと同じく「獲得経験値・獲得メセタ・レアドロップ倍率」の3つの効果がありますので、可能であれば常時50%を維持しておくようにしましょう。

・プレミアムブースト
 プレミアムセット有効期間中は無条件にトライブースト+50%が発生します。

・ドリンク
 シフタドリンクの副効果に獲得経験値アップの効果がランダムで付与されるようになっています。通常時で+10%、プレミアムセット有効中は15%。
 またプレミアムドリンク1・2であればシフタ以外のデバン・ガッツ・フォトンドリンクでも獲得経験値+15%の効果が確定で付与されるようになっています。

・チームツリー
 チームルームにデフォルトで設置してあるフォトンツリーから得られる効果の1つ。
 チームポイント(TP)を使用してツリーを成長させることで各種効果の性能も上がっていきます。
 フォトンツリーから得られる各種ブースト効果の上限レベルは8。取得経験値アップのブーストは3%から1レベルアップで1%ずつ上昇していき、レベル8で10%の効果となります。

・時限能力インストール
 マイルームで行うクラフトメニューの1つでユニットへ様々な効果を付与できるものです。
 その中の1つとして獲得経験値上昇の効果を付与する事が可能です。レベルが5段階用意されており、最大で9%の効果が得られます。ユニット3部位分に付与することで27%のブーストとなりますので、こちらも割と大きな効果となっています。
 毎月10日、15日、20日に付与されやすい能力となっているので、必要な場合はそれらのタイミングで見て作業されると良いと思います。

・PTブースト
 2人以上のパーティーを組むことで(NPCキャラでも可)トライブーストの効果が発生するようになります。

●2人PTで+20%(NPCの場合は15%)
●3人PTで+30%(NPCの場合は20%)
●4人PTで+40%(NPCの場合は25%)


 といった具合にトライブーストが発生します。
 また、このPTブーストの獲得経験値のブーストについては特殊な仕様となっていて、「最終獲得経験値に乗算で発生する効果」となっているので非常に効果が高いものとなっています。
 例として、素で獲得できる経験値を100%として、獲得経験値+75%とトライブースト+100%を使用して4人PTでクエストへ行く場合、(100%+75%+100%)×40%となり倍率385%となります。
 緊急クエストやレイドボスへ出向く際は出来るだけPTを組む方が効率が良いので活用するようにしましょう。

●経験値効率の良いクエスト●
【緊急クエスト】
 緊急クエストへの参戦は可能な限り行っていくようにしましょう。
 常設クエストと違って稼げる経験値量がかなり違いますし、基本的にこの緊急クエストへの参戦だけ意識していければレベルはどんどん上がっていきます。

 緊急クエストの中でも特に効率が良いのが「エネミーが沢山出現するクエスト」です。
 2019年4月現在で予告されるもので効率が良いものは『地底を染めし女王の悪夢』『魔神城戦:不尽の狂気』が特に効率が良いと思います。
 この2つのクエストは雑魚エネミーと沢山戦うクエストとなっている上にボスエネミーも沢山出現しますので獲得できる経験値量が美味しいです。特に不尽の狂気については1開催で2回まで行けるクエストとなっているので、非常に効率が良いと思います。

【ボーナスキー】
 毎日日替わりで配信される「おすすめクエスト」をクリアすることでスペシャルギフトを貰う事ができます。
 このスペシャルギフトから各種ボーナスキーが獲得できるようになっていますので、常設でのレベリングをやっていきたい人はまずは毎日のおすすめクエストをクリアしてボーナスキーを獲得するようにしていきましょう。

 各種ボーナスクエストの経験値効率は以下の通り。
 (※タガミカヅチ1体を100とした場合)
79
 ボーナスキーはキャンペーン等で配布されたものに関しては使用期限が長めに設定されていますが、おすすめクエストで取得したものについては期限が1週間となっているので勿体ぶらずにじゃんじゃん使ってしまいましょう。

【レベルアップクエスト】
 おすすめクエストの項目の1番下に表示されているクエストはレベルアップクエストと呼ばれるものです。
 常時獲得経験値+200%のブーストが発生しているクエストとなっているので、緊急、ボーナスキーに次いで効率が良いクエストかなと思います。
 特に狙い目なレベルアップクエストが『暗影渦巻く壊れた世界』というボスラッシュクエストになります。1周あたりが短く、短時間に沢山周回数を稼ぐ事ができますのでおすすめです。
 レベルアップクエストは『暗影渦巻く壊れた世界』を含めて5種類が日替わりで配信されていきますので、常設クエストではありますが毎日行けるものでは無い点にご注意です。


●まとめ●
 色々と個別に解説しましたが要は「出来るだけブーストを焚いて効率の良いクエストへ出向く」という事ですね。
 ゲーム開始序盤はNPCのクライアントオーダーの報酬経験値も美味しいですが、難易度VH帯くらいになると効率が悪くなってきますので今回そちらは紹介を省きました。また、アドバンスクエストについてもリスク上昇前提だったりPSEバースト前提だったりという側面もあるので同じく割愛いたしました。

 記事の冒頭でも記載した通り今は特定のクラスレベルに到達しないと取得できないスキルがあったり、受注条件がレベル80や85のクエストが今はメインコンテンツとなってしまっているので、出来るだけ早くレベルだけでも上げておきたいところかなと思います。
 ただし、レベルが上がっただけではこのゲームでは大して強くなりませんので、装備を整えたり、遊んでいるクラスでの立ち回り等が重要になってきますので、レベリングをしつつその辺りの知識を身に着けたり、準備をしていくようにしましょう。

 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。