こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 という事で、いよいよ始まった感謝祭ですが、早速色々とアップデート情報が出てきましたので見ていきましょう。
※放送内での発表順となります。
01
 まずは新コラボとして『映画この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』とのコラボが発表となりました。
 登場キャラクターのカズマ、アクア、めぐみん、ダクネスの4人をモチーフにしたアバターアイテムがコラボスクラッチとして配信となります。
02
 次に、3年ぶりのアニメ化が決定したそうです。
 年内に放送開始という事で、アニメの制作って随分前から始めますから、EP5がサービスインする前後くらいからおそらくプロジェクトが進んでいたのかな?という感じでしょうか。

 以前のアニメはPSO2をプレイするプレイヤー視点で展開していましたが、今回はゲーム内のEP1~3の内容をアニメように再構成したオリジナルストーリーが展開される内容となっているみたいです。

 以前のアニメはちょっと入り込みにくかったところがありましたし、話の展開の仕方もちょっと違和感が多かったので、期待したいですね。ゲームのほうでも今更EP1~3を追うのが面倒なんて人はアニメで補完できるので、前回アニメの続編みたいな内容じゃなくて良かったかなと思います。


 ここからは3月下旬アップデートのEP5最終アップデートの内容となります。
03
 まずはいつも通りのサクラロビーにサクラカフェが展開。
 サクラ・ニャウも勿論登場してきます。

 注目は画像の右下。
 今まで55だったかな?までしか経験値獲得が出来なかったサブクラスがレベル70まで獲得可能となる調整が実施されます。難易度UHも来ますし、クラスレベルも90まで引きあがってますから、正直55では足りなかったところですから、これからクラスレベリングをする人はこの調整が入ってから行ってみても良いかもですね。
04
 そしてes5周年を記念してジェネ、アフタル、リーンがゲストとしてショップエリアへ登場します。
 いつもの期間限定NPCと同じくCOをこなしていく方式で、今回はチップの欠片を集めてルームグッズや武器迷彩を交換可能となっているみたいです。
05
 スクラッチのほうは昨年実施された3Dライブ衣装のマトイとクーナのアバターアイテムに、esよりゲストで登場するアフタルとリーンのアイテムも登場します。

 アークスラインのほうは特殊部隊をイメージしたレイヤリングが登場。
 女性のほうはちょっと特殊部隊とは思えないような露出があったりしてますが、こちらもかっこいいアイテムになっているなと思います。

 ロビアクのほうは3Dライブのダンスモーションが再現されているのかな?のダンス57と桜を見るが収録されます。


 という事で、EP5のアップデートは以上までとなります。
 EP5はスタートから大コケしてしまってバランス調整を中心としたアップデートとなってしまったり、色々と開発陣がやらかしてしまったり、不具合が続いてしまったりとあまり良くない印象のまま終わってしまいますが、来月からのEP6へしっかりと繋いでくれたかなと個人的には思います。

 特にバランス調整の面ではデリケートでセンシティブな部分にしっかりと向き合って取り組んで頂いたと思いますから、濱崎さん本当にお疲れ様でした。


 ここからはEP6の内容となります。
06
07
 まずはコンセプトアートとEP6全体のアップデートコンセプトが掲げられました。
 今回は『原点回帰』という事で、新しいアニメも予定されていますし、これから始めるご新規さんが遊びやすい環境整備だったり、これまで遊んできたユーザーが楽しめることをコンセプトとしているなという印象でした。

 放送内でも吉岡Dに対する期待の声が多かったですし、是非頑張っていただいてこれまでの悪い流れを断ち切って、盛り上げていってほしいと思いますね。
10
 ストーリーの登場キャラについてはファントムの案内人として「キョクヤ」、研究員の「リュドミラ」が新キャラクターとして登場するみたいですね。

 放送内の動画ではキョクヤはガーディアンに対して因縁を持っているような感じで描かれていたので、これまでの新クラス案内人と違ってストーリーにがっつりと絡んでくるタイプなのかな?とちょっと期待しています。
 リュドミラのほうは後述するAISヴェガの開発とかをやった人なのかな?という印象。キョクヤと違ってガーディアンを研究材料として利用する代わりに色々と手助けをするよって感じのキャラクターで動画では登場していましたね。
11
12
 次にクラス調整。
 ファントムについてはこれまでのおさらいという内容でしたが、難易度UHへ対抗するクラスという事でデバッファークラスとしてのコンセプトも持っていたみたいです。

 どの程度デバッファーとしての側面と火力クラスとしての側面のバランスが取れているかという所が気になりますが、デバフについては解りますが、状態異常についてはフォースのお株を奪ってしまわないかちょっと不安ではありますね。

 アークスライブのアンガの耐性の話でもヒーロータリスとファントムロッドを別物として耐性を付けれないのかという質問に対して、検討しないという旨だったりもしたから、新クラスは大歓迎ですが、既存クラスを食ってしまう性能をもっていないかはしっかりと調整・検討をお願いしたいですね。

 そして、前回のEP5のサービスインのタイミングでは色々とそれまでの既存クラスへ大きな下方修正が実施されましたが、今回はEP6開始のタイミングでクラスバランスの下方修正は行わない方針が発表されました。
 EP5全体を通して適宜バランス調整は行ってきていましたし、このタイミングで下方を入れると、「じゃあEP5のバランス調整はなんだったの?」という風にもなりますから良い判断かなと個人的には感じます。
 実際EP5前に猛威を振るっていたマロンリボルバーだったり、チェインマロンのようなものは現状無いようにも感じますし、新難易度が実装されるタイミングですから、ここで下手に下方を入れてまたバランス崩壊なんて事が起きないようにするためのものかなと思います。
13
 新難易度UHについてはストーリーのテーマにもなっている「フォトナーとの戦い」をモチーフとした白いカラーリングの超化エネミーが登場予定となっているみたいです。

 フォトナー浸食核といったものだったり、エネミーシールドといったものが難易度UHに追加となっています。
 エネミーシールドについては、特定の武器や攻撃のみしか通さないシールドを展開するようになっているとの事で、中にはエンドレスクエスト等のオーダーみたいに背後からじゃないといけなかったり、空中からの攻撃じゃなくちゃいけなかったりと色々と条件を設けられているみたいです。

 エネミーシールドはこれ自体は良いのですが、例えばレンジャーのような射撃職で遊んでいるときに、近接攻撃じゃないとダメといったシールドが出てしまうと遊びにくいですし、場合によっては詰む場合もあると思いますから、遊んでるクラスに応じたシールドが展開されるような調整がしっかりと入っていると期待しています。
 さすがに放送で発表された内容だと、面白い仕様ではありますが、遊びにくくなってしまっては元も子も無いですし、このシールドの為にガンスラッシュを持っていかなくてはいけないという風にゲーム側がそれを強制するのは良くない風潮だと思いますので、もっと具体的にどのような仕様になるのか続報に期待ですね。

 さらに超化エネミー、フォトナー浸食核、エネミーシールドに有効な効果を持つ特殊能力(SOP?)も実装予定となっているので、性能次第では、UHの緊急クエストやソロコンテンツで必須のものになるかもしれないですね。

 難易度UHや超化エネミーといったアップデートは5月下旬に予定されているみたいです。
14
 次にコチラも5月下旬に実装予定の新緊急クエスト『終の艦隊迎撃戦』が発表されました。
 今までも宇宙を舞台にした緊急クエストはいくつも実装されてきましたが、今回はザ・宇宙な緊急クエストとなっているみたいで、フォトナーの艦隊とアークスの艦隊の戦いを描いている感じの緊急クエストとなっているそうです。

 緊急クエストの進行には段階が設けられているそうで、その段階の進行事に緊急クエストを受注する形式となっているそうです。
 これまではレイドボス倒したら終わりーだったり、そのまま後半戦へ移行していく感じの内容でしたが、今回は進行段階に合わせてクエストを受注していくので、30分の開催時間をある程度しっかりと遊ばせてくれる内容なのかな?という風に個人的には感じました。

 段階が進むことでAISの新形態「ヴェガ」に搭乗できるようになり、まるで某ロボット作品をモチーフにしたゲームのような全く別の遊びへと発展していくみたいです。
 AISの見た目や武装も変化して宇宙戦仕様となっているそうで、ヴェガに搭乗しての戦いはこれまでのAISと違って3次元的な戦い方になっていくそうです。

 ここまでくるともうAISも各アークスの専用機みたいのを作って見た目や武装のカスタマイズができるようになったりすると面白そうだななんて感じました。
15
 コミュニケーション機能の拡張としては、ついにグループチャットが実装されます。
 これまで白茶にPTチャット、チームチャットに個人間のウィスパーチャットしかありませんでしたから、任意のグループチャットを作成してそこでチャットしあえるのは個人的にはずっと待っていた機能でした。

 例えば複数のチームが合同で固定を開催する場合だったりとか、統合はしないけど中の良いチーム同士でのコミュニケーションツールとして便利だと思います。

 ただ、当然の事ながらグループリーダーの招待もしくは承認が無いとダメな仕様だと思いますから、どの程度フレキシブルに扱えるものになっているのか、こちらも詳細が気になるところですね。

 最大100人まで1つのグループへ参加可能という事で、チャットの流れの事も考慮して、自身がログアウト中に行われたやりとりについてもログが残るようになるそうなので、間接的な連絡手段としても便利な機能となりそうですね。
16
17
 次に新コンテンツとして『アークスミッション』が追加となります。
 アークスロードの発展形といったコンテンツでメインミッションと呼ばれる一人前のアークスになるためのチュートリアル的な意味合いが強いものと、デイリーとウィークリーでそれぞれミッションが用意されているみたいです。

 これまでアップデートの時とかに実施されてきていたクライアントオーダーキャンペーンだったり、紋章キャンペーンだったりといったものがゲーム内に追加されたようなイメージという感じでしょうか。
 ミッションをこなす事で各種アイテムが獲得できるようになっているとの事なので、ソシャゲなんかによくある感じのものが新しく実装されるという感じですね。

 これに伴ってアークスロードが配信停止となるそうで、実装までに未獲得の報酬については獲得できなくなるので、アークスロードがまだ未完の人はアークスミッション実装までに完了しておくようにしましょう。

 また、クロトのタイムアタッククエストやエクストリームクエスト関連のCOのメセタ報酬額が下方修正されるそうです。
 下方された分をアークスミッションの報酬のほうへ充当していくとの事です。これまで作業になっていたハルコタンTA周回から色々と遊びながら報酬を獲得していく方式へとシフトする目的となっているみたいです。
20
 次に新EPが実装される時に恒例となったゲーム序盤の調整について、より実践的に基本操作や仕様を学べるような構成に変更し、これからゲーム始める人が覚えやすい内容へと変更が加わります。

 これまで初心者向けに練習クエストだったり、ハンドブックだったりを実装してきたり、初心者向けの動画を配信していたりしていましがた、肝心の直接的なチュートリアルが不足していた部分を補完した形だと思います。

 この改善に伴って、森林探索のボスエネミーがファングバンシーに変更されたり、低難易度帯で遊びやすく、またドロップアイテムも調整されていくみたいですから、難易度ノーマルやハードである程度のレアリティの武器までは落ちるようになるのかな?と思います。
21
 次にストーリークエストについて。
 新アニメが放映される事に合わせて、EP1~3を「オラクル編」、EP4を「地球編」、EP5~6を「フォトナー編」として再定義し、新規ユーザーがどこから始めていけばいいのかをわかりやすくしたそうです。

 またEP4についてはストーリーボードの配信が終了となり、クリア状況についてはアカウント単位での管理へと移行されるようになります。

 EP6についてはEP5のクリアがプレイ条件となっているみたいですからまだEP5をクリアしていない人はEP6のストーリー配信までに終わらせるようにしておきましょう。

 これまでは新ストーリーっていきなりそこから始められたりしましたが、今回のEP6はあからさまにEP5から話が続いているのでというところで、いきなりEP6から始める事は出来ないようになっているみたいです。
22
 その他の改善点も色々とありました。
 特にようやく対応されたという点についてはチームツリーの全ての支援効果が常に点灯する点とドリンクの飲み直しが可能になった点ですね。
 この2つについてはなんでそういう仕様なのという部分でしたから、ようやく対応されましたかという感じですね。

 次にゲーム画面のダメージ表示とエフェクト軽減のカスタマイズ機能が拡張され、特定のダメージのみ表記するような設定にできたり、一切ダメージ表記を出さない設定にできるみたいです。
 エフェクトについては自身以外のプレイヤーのエフェクトを大幅にカットできたりするみたいで、ここ数年はエフェクトや演出が派手すぎて何が起こっているのかわからないみたいな状況も多々ありましたからこの対応で好みのカスタマイズが行えるようになるのはうれしいですね。

 サブパレットにPAが設定可能になる対応については主に2ボタンタイプで遊んでいる人への対応との事で、ファントム試遊にて意見が多かったので実装となったみたいです。
 そもそもサブパレットが10枠というのがかなり少ないですし、クラスによっては満足に欲しいものがサブパレに入りきらないなんて事もありますから、そろそろサブパレ自体の調整というか枠拡張が欲しいかなとは思います。
23
 そしてEP6サービスインから次の冬までの大まかなロードマップが公開となりました。
 ある程度主要な内容については9月頃までの内容が公開され、新フリーフィールドの『超界探索:リリーパ』だったり、夏にはソードとJBに新PAが追加されたりといった情報が出てきました。
 新PAシステムというのは以前のアークスライブだったかな?でちらっとでた零式PAと元PAの切り替えが可能になるものなのかな?という風に予想。

 特に注目なのでは画像の一番下にある、冬予定の更なる新クラスですね。
 吉岡D曰く「たまには2回増えることがあってもいいのかな」ということで、個人的には「ああ、それは毎度毎度スタッフ募集もするし、EP5の終盤のアプデ内容についても納得かな」という感じでした。

 開発としては冬の新クラスについてももちろん着手しているでしょうから、そりゃEP6のほうに注力していくよねって印象でした。

 個人的な予想ですが、新アニメの放映時期次第ではもしかしたらアニメのほうで新クラスが先に登場してきたりもあったりするのかな?なんてちょっと思ってます。
24
25
 EP6のサービス開始は4月24日という事が発表されましたが、EP5のアップデートは今月下旬の3月20日で終了となりますので、その間の1カ月間はEP6への準備期間としてアップデートを行わないとの事でした。

 その代わりに『Road to EPISODE6』という事で4月24日までの期間にプレイヤー側のEP5の総仕上げとEP6の準備期間としてアイテム配布やアイテムラボの弱体化、支援アイテムセレクトの配信が実施されるみたいです。

 ファントムに向けて色々と準備が可能な期間となりますから、しばらくはアップデートが無い期間にはなりますが、EP6の準備期間という事で、しっかりと各種調整等が行われるなら応援したいところですね。

 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。