こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。

 先日の水曜日に実装となった新エンドレスクエストの『無限連戦:永遠の輪舞』について
ss04 (1)
 最近体調不良が続いていて、遊んだのは実装初日にちょこっとだけでしたが、所感としては、「いやらしさがよりすごくなってる」という感じが第一印象でした。

 特に最初のインターバル前のオメガ・ヒューナルステージはちゃんとソロプレイも想定してこの作りに本当になってるの?という感じで、ヒューナルはかったいし、取り巻きのファルスアームはダメージが1しか入らず撃破不可能なので慣れないうちは此処が鬼門になりそうです。

 クエスト全体の印象としては1ステージ1ステージが広くて長いものが多いなという感じで、どのあたりまでテストプレイをされたのかは分かりませんが、ソロだとかなり辛い作りになっているなと思いました。ベガス・イリュージアのルーレット攻撃とか強制的に時間を取られる事があったりするので回数を重ねて少しずつ最適化していくしかなさそうですね。

 使い回しのステージも割と多く、新年祭の限定クエストだった星芒の各エリアがそのまま使われていたりとかという部分もありましたが、元々そういうつもりで星芒も新エンドレスも作っていたのでしょうね。
 星芒やってたらそのステージは慣れてるからある程度は楽でしょ?みたいな。

 エンドコンテンツですし、今後入るアップデートの要素も加味しての難易度という感じで作られている印象でした。
 毎度そうですが、このゲームのエンドコンテンツは本当に先細り感がすごい内容なので、今後このクエストを継続して遊ぶ人はわずかな人達だけかなと思います。

 ただ、ドロップアイテムはそこそこ魅力的なものが落ちるようになっていて、エルダーペイン・オメガが落ちたり、☆13深遠シオンにインヴェNTと☆15作成に欲しい所が拾えたりしますし、SOPは新規5種に加えて、錬成の志や時流活与2が落ちますし、ファーブラ・ソールやアルターフリクトがドロップ品に付与されたりしますので、スコアは度外視でドロップアイテムの為に通うというのも全然アリだなという印象でした。
 追憶の彼方でも一定数のステージだけ進んでそのあと時間経過を待ってリタイアしていくアイテム掘りが流行ったりしましたから、同じことが永遠の輪舞でも行われていくのかなと思いますね。

 とりあえずクエストに慣れてくればファーブラ・ソールに関してはバスターや幻惑の森に通うよりは手軽に収拾が出来るのかなという印象でしたので、実装したててで野良部屋とかも多いでしょうから今のうちに遊べるだけ遊んでおきたいクエストかなと思います。

 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。