こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 少し間が空きましたが今回はテクニックカスタマイズについてです。
 これまでの関連記事については以下のリンクからご覧になれます。
 『現環境のFoについて』 『スキルツリー編』
 『武器編』 『ユニット&スキルリング編』
ss16
●テクニックカスタマイズって?●
 テクニックの性能をカスタマイズして威力やチャージ時間やPP消費量等を大きく変化させるシステムです。一部テクニックには『零式』が用意されており、零式化したテクニックはテクニック自体の挙動が別のテクニックへと変化するようになります。

 現在テクニックを扱えるクラスはFo、Te、Bo、Su、Hrと存在し、新クラスのPhもテクニックの使用が可能なクラスとなっています。
 あらゆる属性の攻撃テクニックまで幅広く使うクラスはFoとTeくらいで他のクラスについては基本的に補助テクニックをメインで使用する傾向が強いです。

 Foにおいては基本的にカスタマイズ可能なテクニックは全てカスタマイズを施したほうが良いものとなっており、扱いやすいまたは強いテクニックのカスタマイズの厳選作業を含めるとこれまで紹介してきたFo記事の中でも特に事前準備として重要度の高い分野となってきます。

 今回は2019年2月現在の環境で、最低限これだけは押さえてカスタマイズしておいたほうが良いテクニックについて見ていこうと思います。
 全てを一度にとなると情報量が多い為今回は補助テクニック編となります。


●まずは依頼かマイショップ購入で揃えるように●
 私のように長くFoをメインで遊んでいる場合は自身のテクカス実績を地道に解除していってという作業を行ってきましたが、現環境はマイショップでカスタムディスクの取引が可能となっているので、自身でコツコツ実績解除をしていってという作業を今から行っていくのは効率が悪いです。
 実績解除と厳選作業にかかる費用を考えるとマイショップで多少高くても買うほうが安上がりです。またフレンドやチムメンにテクニックカスタマイズの実績を積んでいる人が居ればその人に依頼するのも手です。


●まずは補助テクニックのカスタマイズから整えていく事●
 補助テクニックは上記でも記載したとおりFoやTeに限らずテクニックを扱える他のクラスにおいても使用頻度の高いテクニックとなります。特にバフ効果を与えるシフタ・デバンドに回復効果のあるレスタ・メギバース。火力補助となるザンバース等基本的にどの補助テクニックも重要なものとなっておりテクニックカスタマイズにおける優先度も高いです。

●シフタ●
「数多カスタム」
 メリット:ヒット数増加。効果範囲拡大(1m)。
 デメリット:消費PP増加。
「集中カスタム」
 メリット:チャージ時間短縮。効果範囲拡大(2m)。
 デメリット:消費PP増加。

 ポイント:チャージ時間短縮を取るか、ヒット数増加を取るかの選択。環境的には相変わらず集中カスタムがおすすめです。
 炎テクニックにはフレイムテックSチャージの存在もある為そちらで炎テクニック全体のチャージ時間短縮を図る場合はメリット値が固定の数多カスタムでも良いと思います。ただ、テク職以外のクラスでも使用頻度の高いテクニックですので、どのクラスでも扱いやすくという点で言えばやはり集中が良いかと思います。
 デメリットであるPP消費の増加はテク職の場合ならば『テリトリーPPセイブ』がある為ある程度までのPP増加はあまり問題になりません。

●デバンド●
「集中カスタム」
 メリット:チャージ時間短縮。効果範囲拡大(2m)。
 デメリット:消費PP増加。
「数多カスタム」
 メリット:ヒット数増加。効果範囲拡大(1m)。
 デメリット:消費PP増加。

 ポイント:選び方はシフタと同じくチャージ時間短縮を取るか、ヒット数増加を取るかという選択。環境的な事を言えば集中カスタムでチャージ時間を短縮したほうがやはり取り回しやすく、効果範囲も数多より広くなるのでオススメ。厳選作業を頑張れるなら集中、簡単に済ませたいならばメリット値固定の数多という選択でもOKです。
 デメリットの消費PP増加はテク職においてはテリトリーPPセイブがあるので、ある程度のPP増加は気にしなくても良いと思います。
 
●ゾンディール●
「雷迅カスタム」
 メリット:厳選で64%程度まで威力増加が可能。
 デメリット:チャージ時間増加。
「深刻カスタム」
 メリット:状態異常発生率上昇。効果範囲拡大(1m)。
 デメリット:威力低下。

 ポイント:集敵としての使用目的のほうが強いテクニックですので、吸引の効果範囲が拡大する深刻カスタムがオススメです。メリット値を厳選する事でショックの付与率も大幅に上昇する点も地味ながら優秀なカスタムです。
 雷迅カスタムは大幅な威力強化が望めますがやはりチャージ時間増加のデメリットが痛く、威力強化出来ても取り回しにくくなっては元も子も無いという感じです。
 テク職においてはゾンディールよりも吸引性能が優秀で、吸引しつつ攻撃できるレ・ザンディアが登場したことで使用頻度がかなり落ちましたが、テク職以外のクラスでは相変わらず集敵に便利なテクニックですのでカスタムはしっかりと施しておきたいところ。

●ザンバース●
「効率カスタム」
 メリット:消費PP減少。
 デメリット:チャージ時間増加。
「集中カスタム」
 メリット:チャージ時間短縮。
 デメリット:消費PP増加。

 ポイント:EP5開始のタイミングで大幅な仕様変更が入り、固有武器装備時含めどのクラスが使用しても効果が一律になるように調整がなされました。
 カスタマイズに関しては集中カスタムがやはり環境的にオススメ。メリットの最大値を引ければ、Hrのブライトネスエンドと同じチャージ時間で展開できるようになるので、即座に発動して追加ダメージによるDPS向上を図っていけます。
 テク職での使用は勿論ですが、テクニックが使用可能な近接クラスでの使用でDPSが大きく向上しますので、補助テクニックの中でも最優先でカスタムを施しておきたいテクニックです。

●レスタ●
「数多カスタム」
 メリット:チャージ発動時の回復総量増加、ヒット数増加で周りを回復しやすくなる。
 デメリット:咄嗟の回復用にノンチャで発動した際の回復量が低下。
「閃光カスタム」
 メリット:チャージ、ノンチャージに限らず1ヒットの回復量が増加。
 デメリット:カスタムにより消費PPが増加する為厳選作業が必要。

 ポイント:環境的にもHPを盛ったOP構成が増え、HPが2000を超えてくる環境ですので1ヒットの回復量が上がる閃光がおすすめ。メインFoの場合閃光カスタムならば自身の回復に限りノンチャ発動でも十分な回復が可能なので、可能ならばしっかり厳選して閃光カスタム運用が望ましいところです。

●アンティ●
「集中カスタム」
 メリット:チャージ時間短縮の恩恵が大きく、効果範囲も効率カスタムより広い。
 デメリット:カスタムによる消費PP増加がある為厳選作業が必要。
「効率カスタム」
 メリット:消費PP減少が魅力的、集中カスタムほどではないが効果範囲も拡大する。
 デメリット:チャージ時間の増加。

 ポイント:アンティに関してはプレイスタイルによって選択してしまって良いと思います。集中カスタムのPP増加はスーパートリートメントを取得していれば問題にはなりませんし、テリトリーバーストを取得していれば効率カスタムをノンチャ発動でそれなりの範囲をカバー出来てチャージ時間増加も気にならないです。
 厳選できるなら集中、そうでないなら効率という選び方でも良いと思います。

●メギバース●
「集中カスタム」
 メリット:チャージ時間短縮。
 デメリット:消費PP増加。
「効率カスタム」
 メリット:消費PP減少。
 デメリット:チャージ時間増加。

 ポイント:環境的には断然チャージ時間短縮のほうが有用性が高い為おすすめカスタムは集中です。回復量もレスタを大きく上回る為、チャージ時間短縮カスタムの無いレスタに比べて咄嗟に発動出来て回復量も高い集中メギバースの有用性は非常に高いものになっています。
 集中カスタムのメリット最大値を引ければチャージ時間は0.5秒とレスタの半分のチャージ時間で発動できるので、是非厳選しておきたいところです。
 基本的には集中カスタムがオススメですが、ノンチャージ発動でも2秒弱フィールドが展開するので、ノンチャージ運用でも十分な回復量が確保できるならば消費PP減少の効率カスタムのほうを選ぶものアリです。


●基本的にはチャージ時間短縮カスタムがオススメ●
 ついつい威力強化やPP消費量軽減のカスタムに手を出したくなりますが、攻撃テクニックも含めてテクニックカスタマイズ全体で優先度の高いカスタムはチャージ時間短縮のカスタムになります。
 チャージ時間を短縮することでテクニックを使っていく際のテンポが良くなりますし、攻撃テクニックにおいては威力強化を図るよりもDPSが向上するものが多いです。
 威力強化やPP消費量軽減は武器の潜在能力やSOPでも強化が可能ですが、チャージ時間短縮についてはFoスキルのフレイムテックSチャージかフォトンフレアロッドSCでしか出来ない部分です。デメリットで多少威力が落ちてしまったり、PP消費量が増えてしまったりするとしてもチャージ時間短縮カスタムのほうが基本的に重要度は高いです。一部例外なテクニックがあったりもしますが、迷ったらとりあえずチャージ時間短縮カスタムを施してみましょう。


 という事で今回は以上でございます。
 テクカスは内容が多くなりがちですので今回は補助テクニックだけでした。次回は初心者が最低限この攻撃テクニックはカスタムを施しておきたいという感じで内容をまとめていきたいと思います。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。