こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 今回はスキルツリー編です。
ss12
 Foをメインで遊んでいる人の場合スキルツリーは3つ4つくらい用意していたりしますが、これから始める場合は最初からその数を用意するのは大変ですので初心者向けのツリー例を1つ見て頂いて各種スキルの解説等をご覧いただければと思います。

●メインFoツリー●
005
 初心者向けに必要最低限な所だけを取っている形です。この内容でSP9が余っていますのでこの内容に欲しいものを足しても良いですし、不要に感じたものは切り捨てて他へSPを回してしまって良いと思います。
 ※初期取得となっているもの、クラスレベルによってSP消費無しで取得できるものについては、「フォトンフレアロッドSC」以外のものは解説を割愛しております。

【火力アップ系スキル】
『ハイレベルボーナスFo』:必須
『エレメントコンバージョン』:必須(メインクラス時限定)
『タリステックボーナス』:重要
『テックJAアドバンス』:必須
『テックチャージアドバンス1・2』:必須
『ノーマルテックアドバンス』:不要
『フォトンフレア』:重要
『フォトンフレアアドバンス』:重要
『フォトンフレアアフターバースト』;重要
『〇〇マスタリー1・2』:重要
『法撃アップ1・2、法撃ハイアップ』:重要

 ・各必須スキルについてはしっかりと各スキルレベルMAXまでスキル振りをしておくようにしましょう。上記の4つの必須スキルは基本的な火力アップ系スキルですのでまず最初にこれらのスキルから取得していくようにしましょう。ハイレベルボーナスFoについてはレベル80到達で取得可能スキルとなります。

 ・エレメントコンバージョンはEP5のバランス調整で緩和されそれまで各属性武器の用意が必要だったFoの環境が大きく変わりました。武器の属性値をダメージボーナスに変換するスキルで、武器属性値60換算で武器属性と使用テクニックの属性が一致時は30%のダメージボーナス。不一致の場合でも27%のボーナスが発生しますので取得必須スキルです。
 この3%の差を大きいと見る人は「S4:摂理洗練」だったり、属性変換値の差が無くなりさらにダメージボーナスが45%まで引き上がるエターナルサイコドライブだったりを用意すればOKかと思います。

 ・タリステックボーナスは参考画像ではスキル振りを行っていませんが、タリスも運用する場合は必須スキルとなります。とりあえず初心者の場合はロッドだけという場合が多いと思いますのでさらに踏み込んだスキル振りをする場合はこちらへのスキル振りも行っておきましょう。

 ・ノーマルテックアドバンスはノンチャージテクニックの威力が上昇するスキルです。一昔前の環境では活躍したスキルでしたが、現環境ではフォトンフレアロッドSCもありますし、ノンチャージテクニックの使いどころは基本的にありません。
 今後☆15武器で無心の形のようなシナジーのある潜在能力だったりSOPが出てくればまた日の目を浴びる事があるかもしれません。

 ・フォトンフレアに関してはフォトンフレアロッドSCのスキルの為に参考画像では1振りとしていますが、効果中のDPSを重視する場合はフォトンフレア、フォトンフレアアドバンスにSPを振るようにしましょう。合わせてフォトンフレアアフターバーストにもSPを振れるとなお良しです。

 ・マスタリースキルについてはとりあえず初心者用に全マスタリーを全取得しておりますが、ある程度全ての属性のテクニックを触ってみて環境的に使用率や使い勝手の面から不要に感じる属性があれば切り捨ててOKです。
 ただし、複合テクニック・略式複合テクニックの存在もあるので取捨選択の際は雷を取るならTe側で風を取るといったマスタリーの取り方をするようにしましょう。複合・略式複合で関連付けられている属性を意識して考えるように。

 ・法撃アップ・ハイアップについてはSPに余裕があれば振りたいスキルです。他のクラスと違ってFoの場合は純粋な法撃値が火力に大きく直結するので参考画像で余ったSPについてはとりあえずここに振っておきたいところです。

【立ち回り関係スキル】
『フォトンフレアロッドSC』:必須(メインクラス時限定)
『チャージPPリバイバル』:必須
『ロッドシュート』:お好みで(メインクラス時限定)
『タリスファストスロー』:お好みで(メインクラス時限定)
『チャージエスケープ』:重要(メインクラス時限定)
『ロッドキープボーナス』:重要
『フレイムテックSチャージ』:重要
『テックチャージJAアディション』:不要(場合によっては必須)

 ・フォトンフレアロッドSCはFoのクラスレベルが85になることでSP消費無しに取得可能なスキルで、フォトンフレア発動から20秒間、ロッドによるテクニックチャージ時間が60%軽減されるスキルです。零式ギ・グランツやナ・メギド等の特殊チャージ系や複合テクニックは対象外となります。
 チャージ時間の計算としては先にテクニックカスタイズの値を適用した後にこのスキルの数値が乗算される形です。その為チャージ時間を減少させたカスタムの場合はほぼノータイムでチャージテクニックの発動が可能になります。
 20秒間ではありますがチャージ時間が軽減されたテクニックを連続で撃ち込むことでDPSが瞬間的に跳ね上がります。使用するテクニックによっては複合テクニックと同等かそれ以上の火力を出せるようになりますので取得必須スキルです。

 ・チャージPPリバイバルには忘れずにスキル振りを行っておきましょう。テクニックチャージ中にもPPが自然回復していくスキルですが、これが有るのと無いのとではPP管理に雲泥の差が生まれます。取得することでTe側のスキル「PPリストレイト」の恩恵を常に受けられるようになりますので取得必須です。

 ・ロッドシュートについてはPP回収手段が他に用意できない場合のみ取得するようにしましょう。威力についてはおまけ程度のものとなっており☆14ロッドの「クヴェレネージュア」でも無い限りはあくまでもPP回収手段の為のスキルです。
 PP回収量についてはスキルレベル3で打ち止めとなるのでスキル振りを行う場合は3までにしておくように。ネージュアが用意できる場合は逆にしっかりと5まで振るようにしましょう。下手なテクニックよりも火力が出ます。

 ・タリスファストスローはタリスメインで遊ぶ場合は取得がおすすめです。アクティブスキルなので発動切り替えで投擲位置の調整もしやすいですし、素早く遠くへ投げたい場合は便利です。
 しかし現環境としてはタリスの投擲してからテクニックチャージを始めて~の一連の動作がプレイする上ではテンポが悪く、その間に周りのプレイヤーに殲滅されるなんて事が当たり前に起きます。かといって未投擲で戦うならばロッドのほうが火力が出ますから、強い意志と拘りを以てタリスメインで遊ぶ人は取得しましょうという感じです。

 ・チャージエスケープはテクニックチャージ中に回避を行う事でそれまでのチャージ状態をキープすることが可能なスキルです。耐久性の低さからFoは基本的に被弾したくないクラスですので回避行動が多めになります。回避後に再度チャージしなおしてというのが手間に感じる人は取得をおすすめします。
 チャージエスケープを取得した場合は合わせてロッドキープボーナスも取得しましょう。キープしたテクニックの使用にPP消費が発生しなくなりますので回避行動で中断された攻撃をお得に使用していけます。注意点としてはロッド装備時限定のスキルですのでタリスメインでという人は取得しないように。

 ・フレイムテックSチャージは炎属性メインで戦う場合に必要なスキルです。スキルレベル10で炎属性テクニックのチャージ時間が半分になりますので矢継ぎ早に炎テクニックが撃ち出せるようになります。
 炎属性は各テクニックの挙動も素直で初心者が扱いやすい属性ですのでまずはSチャージの適用された炎属性で遊んでみると良いと思います。
 ただし、あまりにも早いチャージ時間で戦えるようになるので、他の属性テクニックのチャージ時間が長く感じてしまって炎属性のみで戦おうとしてしまっては本末転倒です。快適なチャージ時間にはなりますが炎属性テクニックは単発火力が多くDPSを求めるならばしっかりと他の属性も扱うようにしたほうが良いという点に注意しましょう。

 ・テックチャージJAアディションですが、こちらはサブTe側で取るようにしましょう。FoTe構成の場合はFo側で取る必要はありません。FoFiといった構成の場合は取得必須ですので、どちらも遊ぶ場合は取りましょう。

【その他のスキル】
『PPアップ1・2』:重要
『HPアップ1』:お好みで
『その他ステータスアップ系スキル』:不要
『状態異常発生率上昇スキル』:不要
『フリーズキープ』:不要
『フリーズイグニッション』:不要
『Fイグニッションブースト』:不要

 ・法撃アップ系以外のステータスアップ系スキルは基本的にはお好みで振ってください。優先順位としては「PP>HP>その他」という感じ。最優先は法撃アップのほうなのでそちらに振った上でSPが余るならばという感じにしましょう。

 ・状態異常付与率上昇系スキルの各属性マスタリーの並びにある〇〇ブーストとフォトンフレアブーストは基本的に不要です。状態異常率を底上げしたい場合はスキルではなくテクニックカスタマイズで行いましょう。また、現最新環境的にもエネミーに与える状態異常の重要度は高くないですし、そもそもこれらのスキルにSPを回している余裕はない為不要。

 ・フリーズキープはフリーズになったエネミーのフリーズ状態が解除されにくくなるというスキルですが、そもそもフリーズで動きを止められるボスエネミーが少ないので不要。

 ・フリーズイグニッション、Fイグニッションブーストはロマンを感じるスキルではありますが、発動までの手間を考えると現環境には合ってないスキルです。加えてボスエネミーやレイドボスには状態異常耐性上昇の仕様もある為ボス相手には基本的に1度きり、良くて2度程度しか使用できないものですし、これらのスキルに振れるSPはそもそも捻出できないと思います。

●サブTeツリー●
007
 こちらもメインFoのツリーと同様に初心者向けにスキル振りをしている感じです。SP9が余っていますのでこの内容にさらに欲しい所を足しても良いですしという感じです。
 ※初期取得となっているもの、クラスレベルによってSP消費無しで取得できるものについては、解説を割愛しております。また、メインクラス時のみに効果が発動するスキルについても解説を割愛しております。

【火力アップ系スキル】
『ハイレベルボーナスTe』:必須
『エレメントウィークヒット』:必須
『⚪⚪マスタリー1・2』:重要


 ・ハイレベルボーナスTeはクラスレベル80到達で取得可能なスキルです。SP5で威力5%強化は非常に優先度の高いスキルです。まずはここから振っていくようにしましょう。

 ・エレメントウィークヒットは弱点属性へのダメージが上昇するスキルです。エネミーが弱点としている属性テクニックの威力が120%、非弱点属性の場合でも110%威力が上昇します。
 Foは基本的にエネミーの弱点属性を都度突いていく戦術がスタンダードですので取得は必須です。

 ・マスタリースキルについてはFo側と同様に、とりあえず初心者用に全マスタリーを全取得しておりますが、ある程度全ての属性のテクニックを触ってみて環境的に使用率や使い勝手の面から不要に感じる属性があれば切り捨ててOKです。
 ただし、ライトマスタリーに関しては、光属性を弱点としているボスエネミー・レイドボスが多い為ここに関しては取得必須です。
 また、複合テクニック・略式複合テクニックの存在もあるので取捨選択の際は光を取るならFo側で氷を取るといったマスタリーの取り方をするようにしましょう。複合・略式複合で関連付けられている属性を意識して考えるように。

【PP・補助関係スキル】
『PPリストレイト』:必須
『PPコンバート』:必須
『スーパートリートメント』:必須
『テリトリーバースト』:必須
『テリトリーPPセイブ』:必須
『シフタアドバンス』:重要
『シフタクリティカル』:お好みで
『デバンドアドバンス』:重要
『デバンドカット』:重要
『レスタアドバンス』:お好みで
『リバースボーナス』:お好みで


 ・PPリストレイトはFoTeにおけるPP管理の肝となるスキルです。EP5のバランス調整で静止時の回復量上昇が発生するようにもなりましたので、安全圏から攻撃する際やテックCパリングで上手く攻撃を受け流しつつその場静止を維持しながらの行動がPP管理において重要になりました。

 ・PPコンバートもPPリストレイトと同様にFoにおけるPP管理の肝になるスキルです。Fo側のフォトンフレアロッドSC発動中においては短時間に大量のPPを消費しますので、ラッシュ時のPP切れを防ぐ為に重要なスキルとなります。
 参考画像では6振り止めとなっていますが、基本的には6振りまでの性能で十分な恩恵を受ける事が出来ます。7振り以上とする場合は9振りか10振りまでしないとPP回復量は増えない点に注意。

 ・スーパートリートメントは状態異常を回復した際に自分と対象者のHP回復と30秒間PP回復量が上昇するスキルです。状態異常の回復はアンティもしくはアトマイザーの使用による回復のみが対象で、マグのトリガーアクション等では効果が発動しない点に注意。
 効果は自身及び状態異常から回復したプレイヤーが対象となるので、同時に複数人へ効果付与も可能。
 30秒間とはいえPP回復量が上昇する為FoTeにおいては重要なスキルとなります。アンティやアトマイザーの為のサブパレ枠がどうしても用意できない場合はやむを得ず切り捨てるという選択もありですが、基本的には必須スキルとなります。

 ・テリトリーバーストは補助テクニックの効果範囲が拡大するスキルです。ノンチャージ発動で+2m、チャージ発動で+4mの拡大となるので、テクニックカスタマイズによる範囲拡大効果が付与されたシフデバと合わせて使う事で広い範囲に補助を撒けるようになるので有用なスキルです。
 また、テリトリーバーストと合わせてテリトリーPPセイブも取得しておきましょう補助テクニックのPP消費量が軽減されるスキルですので咄嗟のレスタやアンティが低コストで発動できるようになります。
 参考画像では3振りでPP消費量‐5としていますが、もっと軽減したい場合は5まで振ってしまいましょう。

 ・シフタアドバンス、デバンドアドバンス、デバンドカットの3つのスキルはFoTeにおいてはソロクエストにおける自己強化目的の側面が強い為取得必須とはしていませんが、野良マルチのマッチング次第ではFoTeでも補助に回る必要性もありますので取得優先度は高いスキルです。
 どうしてもSPが用意できないという場合は最低限シフタアドバンスだけでも取得しておきたいところ。

 ・シフタクリティカルは自身の放つシフタにクリティカル率上昇効果を追加するスキルです。補助という観点ならば取得しておきたいスキルですが、FoTe自体はクリティカルに関係するスキルはこれのみとなっており、自身への恩恵は薄い為取得はお好みで。

 ・レスタアドバンスはレスタの回復量を上昇させるスキルですが、基本的にテクニックカスタマイズによる回復量上昇だけで事足ります。取得することで回復量は大きく上昇しますが、フルヒット時の合計回復量を考えると環境的には過剰ですし、メギバースの存在もある為取得はお好みで。

 ・リバースボーナスは自身が復活させたプレイヤーに対して自身のシフデバ効果を付与するスキルです。上記のシフデバアドバンスやシフタクリティカル、デバンドカットを習得している場合はその効果も付与されます。
 このスキルはどちらかというとメインTe向けのスキルでメインTe時のみに効果が発動するシフタストライクやデバンドタフネスの効果まで付与したほうが効果が高い為FoTeでは優先度は低めです。

【その他のスキル】
『テックチャージJAアディション』:必須
『ステータスアップ系スキル』:お好みで
『状態異常発生率上昇スキル』:不要
『ウォンド関係スキル』:不要
『ポイズンイグニッション』:不要


 ・メインFo側でも説明しましたが、FoTeの場合テックチャージJAアディションはTe側で取得するようにしましょう。メインFo側はSP1でも浮かせたいところではありますし、サブTe側はメインFo側と比べてSPに余裕がありますのでFoTeの場合は必ずこちらで取得するように。
 
 ・サブTeツリーではSPに余裕がありますので余ったSPは基本的にステータスアップ系へ回すことになると思います。優先順位としては「法撃>PP>その他」という感じです。

 ・各属性マスタリーの並びにある「⚪⚪ブースト」は状態異常発生率上昇スキルですので基本的に不要です。状態異常率を底上げしたい場合はスキルではなくテクニックカスタマイズで行いましょう。

 
・ウォンド関係スキルの「ウォンドギア」や「ウォンドラバーズ」等はFoTeではそもそもウォンドを使えない・使わない為不要です。

 ・ポイズンイグニッションはFo側のフリーズイグニッションと同様に現環境では使いどころの無いスキルとなっています。威力としてはそこそこ大きいですが発動の為に必要な手間とアクティブスキルな為にサブパレに枠を用意しなくてはいけないという点もあり取得する価値は現環境では非常に低いスキルとなっています。


 ということで長くなりましたが初心者向けのスキル振りと各スキルの解説は以上となります。装備やテクカスの内容についてはまた後日別記事にて掲載予定です。
 今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。