こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 EP5も最終盤となってきてアップデートも現在予定されているものは大した内容も無い為正直ブログネタがありません。
 という事で1年半前くらいに掲載していた『これから法撃職を始めるなら』のシリーズ記事を現在の環境に合わせた内容で再編集していきたいと思います。今まではTeについても触れていましたが、今回からはFoの内容に特化した感じでやっていきたいかなと思います。
ss_19_l
●フォースの特徴●
 他のオンラインゲームやRPG等における魔法使いのポジションのクラスです。多種多様なテクニックを扱えますが、近接クラスに比べて戦闘時の見た目の派手さは無くどちらかと言うと地味なクラスです。メインTeには劣りますが、野良でのマッチング次第では補助役に回る事も可能です。
 他のクラスに比べて事前準備が必要なクラスとなっている為新しく始めるにはやや敷居は高くなってしまっていますが、それに見合った火力は発揮していけるようになります。

●現環境(2019年2月現在)のフォースについて●
 EP3・4辺りはこれといった調整が入る事も無く長らく今一つな感じがあったフォースですが、EP5のHr実装によるバランス崩壊後は定期的にアップデートが施され現在は全体で見て上の下くらいのTierには位置していると思います。
 ただ、EP5のバランス調整に伴って元々シナジーが強かったサブTeとのシナジーがさらに強化されるような内容の調整となってしまったためにサブクラスの選択肢は少なく、基本的にはFoTeの組み合わせ1択となっていて、より火力を追及する場合はFoFiの組み合わせで遊んでいる人が一部いらっしゃるという感じです。

 火力面については他のクラスに比べて事前準備に大きく左右される仕様となっているので、PSによる強さというのは勿論ありますが、基本的には準備さえしっかりと行っていれば誰が遊んでも一定の火力は安定して発揮出来るようになっています。

●フォースの立ち回りについて●
 基本的には遠距離からテクニックを使っていく立ち回りですが、ボスエネミーやレイドボスのダウン時のラッシュタイミング等ではしっかりと接近して複合テクニックやフォトンフレアロッドSCによるラッシュを叩き込んでいくスタイルとなります。
 ソロクエストの場合は全てのヘイトが自分に向くので遠距離での立ち回りばかりではなく接近戦も出来るような立ち回りも備えておく必要があります。

 野良マルチでのマッチング次第では支援に専念する必要もあります。周りが火力職ばかりの場合はシフデバでバフを撒いたり、ザンバースによる火力補助やメギバースによる回復補助に徹したほうが攻略が早い場合があります。
 シフデバのバフについてはメインTeの使用するものに効果は劣りますが、無いよりは安定感は出ますし、ザンバースやメギバースについてはTeが使ってもFoが使っても性能は変わりませんので時として支援に回るプレイングも大切です。

 ソロクエストの場合は耐久性の低さからくる一撃死が常にある状態ですので基本的には回避優先で立ち回る事になります。回避優先を念頭に置きつつ見切れる攻撃に関してはテックCパリングで受け流しつつこちらの攻撃を叩き込めると安定感が増します。他のクラスにも言える事ですがFoは特にソロクエスト用の専用ツリーや装備の準備が重要になっていますので、ある程度Foを触ってみて本格的に遊びたいという場合はこちらも準備をしておくようにしましょう。

 Foは状況判断力が重要なクラスです。エネミーの弱点属性に応じて使用するテクニックを切り替えたり、場合によっては支援に回ったりしますし、耐久性が低いからこそその時その時で適切な択を選んでいく必要があります。


 次回の記事からはFoに重要な準備の部分についていくつかの記事に分けて掲載してまいります。
 今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。