こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 昨日のアップデートよりDF仮面戦のトリガークエスト『T:惨劇を招く破滅の虚影』が実装となりましたね。
15
 実装初日にチムメンへ早速トリガーが落ちましたので参加して参りました。

●新挙動について●
 新挙動について昨日参加した時に確認できたのは、通常時の最後に『これは一つの結末に過ぎない』のセリフでダウンして止めを刺すところが変更されており、セリフ無しで同様のダウンモーションを取ったと思いきやダウンせずに攻撃が継続していきます。腕を叩きつけてダメージ判定のあるひび割れと衝撃波を発生させたり、拳を振り上げるアッパーカットのような攻撃から落下後も攻撃判定が残る結晶弾が降り注いでくる攻撃だったり、広範囲に黒いイグニクスのような攻撃をばら撒いてきたりと最後の悪あがきのように大分激しい感じの攻撃挙動が追加されておりました。

 私はTeで補助役をやりつつヘヴィーハンマーで頭部に接近してひたすら殴っていましたがそれほど被弾しませんでしたので、追加挙動に関しては頭部に接近してしまったほうが安全に、かつ一方的に戦える感じでした。補助の為に一旦降りると叩きつけで発生したひび割れと衝撃波や降り注ぐ結晶弾の攻撃が大分激しい印象で、当たり方が悪いとコンボのようになって一気に削られてしまうような場面も最後にありました。

●レベル95のDF仮面の印象●
 クラス構成はFo×2、Te、Hrという構成で行ったのですが、基本的な攻略法は変わらずといった感じ。私自身はTeで補助をばら撒きつつデバンドリンクを飲んで各防御値を2000くらいまで引き上げていたのでレベル95でも攻撃はそれほど痛くはありませんでした。周りのチムメンも大きな一発や致命傷になるような一撃受けていなかったように感じましたので、残滓150階層の二つ名マスカレーダのような攻撃倍率仕様は持っていないように感じました。

 ただ、クラス構成が偏っていたからか、4人だったからかは定かではありませんが部位破壊がやや難しくなっていたというか、部位破壊しきる前に次の形態へ移行していっていたので、トリガー用のそもそもの仮面のHP調整と部位破壊に必要なダメージ量がちょっとちぐはぐになってしまっているのかな?と感じました。

●ドロップについて●
 個人的な成果で言えばエレボスは10個拾えましたが、これといったレアドロップは無し。公式放送で☆14以上のドロップ率が上がっているという事でしたが、そもそも本来のDF仮面のドロップが渋すぎる事もあってどの程度緩和されているのかというのは解りませんでした。
 しかし実装初日から『創望石アンフィトリテ』が落ちていたようで実装翌日である今日のレコードに載っていたみたいです。それでも1個だったみたいなので確率としては『時還石クロノス』と同程度くらいなのかなという感じでした。

 追加ドロップについてはトリガー版がまだゲーム全体でそれほどプレイされていないというのもあって事前情報にあったDF武器の迷彩以外のものについてはまだ確認できていない感じですね。この辺りはこれから情報が出てくると思いますし、今週は仮面の予告数も多いのでトリガーを拾ったらどんどん行っておきたい所です。

 ドロップとは関係ありませんがクリア報酬の武器フォーム変更補助券は15枚貰えましたのでこちらも通常時より増えていました。


 という事で実装初日に遊んでみた感想というか所感は以上でございます。
 初めてという事でRaとTeは必須かなと思っていましたが、Fo×2、Te、Hrの割と偏った構成でも苦戦すること無くクリア出来ましたので、Raは『居れば早くなる』という感じで、居ないと制限時間的にキツいという事は感じませんでした。
 Teは居ればやはり安定感が出るので、他3人の火力が十分な構成なら残り1人はTeをやって安定感を出していけばクリアできないという事はまず無いと思いました。
 油断しなければ割とボーナスゲームというか、トリガーを拾えたらDF仮面のレイドブーストを利用しておかわりに行けるという程度の難易度でした。新挙動の追加にレベル95という事で結構構えて挑みましたがそれほどでもなかったのでちょこっとだけ拍子抜けという感じですね。

 今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。