こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 昨日より配信開始された季節緊急クエスト『チョコレートの行方2019』についてつらつらと。
04
 クエストの内容としては昨年の2018バージョンと基本的には同じ内容となっており、クローム(アポストロ)から分岐してその後合流して二つ名デッドリオンと戦うという内容。

 今回2019の変更点としては難易度XHにおいて一部エネミーが置き換わるようになっております。
 ●クローム・ドラゴン→アポストロ・ドラゴン
 ●ファルス・アンゲル→オメガ・アンゲル
 ●ファルス・ダラン、ファルス・ダリル→ダブル・クローネ×2
 ●ファルス・ダランブル→オメガ・ダランブル

 難易度SH以下の場合はエネミーの置き換わりは無いので、昨年の内容から変化無し?という事になります。

 周回数を稼ぐには分岐後の左右ルートの殲滅スピードのバランスが重要かと思われます。先日まで配信されていた限定クエストの『星芒喰らう闇の狂宴』の黒の領域の分岐では一方が片付けばもう一方をフォローできるようになってなっていたので今回のチョコ2019でもそのように出来ればよかったのにという所。正直野良で行くと分岐の左右バランスが大幅に偏る事があったりしますし、先に殲滅が済んだ方はもう片方のルートが片付くまでただ待ちぼうけするだけなのでフォトンパニッシャーなりでサポートできるようにして欲しかったですね。
 この辺りが詰めが甘いというか、折角星芒で出来た事を無視して、一部エネミーだけ置き換えてあとはただただ使いまわし、、、
 そりゃ毎年毎年リニューアルを実施するのは大変でしょうけれど、もう少しやり方があるんじゃないかなというところです。

 ドロップ品についてはユニーク系☆14デュアルブレードの『ツインクレアセイバー』に関連コレクトファイル品が主なドロップ。ラブ・ラッピースーツ・ミニやピンクラッピースーツ・ミニもドロップいたします。
 特殊能力についてはラブ・エンペラッピーからのドロップ品に『錬成の導き』という新しい能力が付くようになったのと、SOPについては『S2:火炎の備志』が新しくバルアルズに付与されるようになっているみたいです。

 以下新規ドロップ品及び能力の詳細について。

『ツインクレアセイバー』
 対応SOP:S1、S3
 特殊能力因子:アビリティⅣ
 潜在能力:「精励領域」威力が12%上昇。クラススキルによるフィールド効果が有効時に
            フィールドに追加効果(詳細はまだ未確定)が発生する。


『S2:火炎の備志』
 炎属性、バーン耐性が上昇。敵の弱点属性が炎属性の時、威力上昇。
 耐性上昇については30%となっていますが、レジスト系とは乗算となっている模様。
 威力上昇については3%。

 効果は優秀ですが大分限定的な内容なので特定のクエストやレイドボス用の武器向けといった感じの能力です。また、炎・バーン耐性の上昇と炎弱点威力上昇はやや矛盾していて、炎属性攻撃を行ってくるエネミーは炎属性は弱点では無い事が大半ですし、その逆もまたしかりなので耐性用として使うか火力アップ用として使うか判断が難しいところです。バーンについてはスキルリングのバーンガードも存在するので、バーンに対しての運用ならバーンガードで良いと思いますしという感じです。

『錬成の導き』
 この能力が付与された装備品への特殊能力追加成功率+5%の効果を持つ能力です。
 ☆13武器のゼイネシスシリーズの潜在の1つ「生命の導き」と同じ性能を持つ能力です。(生命の導きは潜在LV3で10%UP)
 あくまでもこの錬成の導きが付与されているものに対しての成功率アップなので、OP付けの際は事前に能力付けやスロット拡張を行うアイテムに継承させておく必要があります。
 継承については錬成の導きが2つで50%、3つで80%の継承率となっています。報酬期間中ならば2つ用意すれば成功率+40%使用で確実に継承可能です。

※錬成の導きは現在不具合が発生しております※
1月24日の緊急メンテにて不具合は解決されました。
06
07
 不具合の内容は画像にある通り、継承時に成功率100%と表示されているのに継承が失敗してしまう不具合が起きているそうで、この不具合解決の間はチョコ緊急の開催と緊急のランダム発生が停止されるとの事。

 さすがに昨年末からこうも立て続けに不具合の連続だともう何も信じられなくなるという感じですね。相変わらず公式放送の度にスタッフ募集の宣伝をしているくらいですし、本社が移ったタイミングで開発・運営スタッフの配置換えでもあってオンラインゲームに不慣れなスタッフが作業しているのかな?と思いたくなるくらいです。

 出てしまった、出してしまった不具合は取返しがつかないので迅速に対応して頂くとして、それ以前にここまで大きな不具合を連続して出してしまっている事をどれだけ考えているのかな?という気持ちですね。以前の記事でも少し言いましたが意識としての問題ならお詫びがトラブ等のいつものお詫びでは正直納得いかないレベルまで来ていると思います。
 アップデートペースは相変わらず2週間に1度行っていますが、アップデートで入るコンテンツも内容が薄くなっている時期があったりしてますから、ペースを落としてしっかりとしたクオリティアップと不具合に対してのチェックを綿密に行うようにするという時期があっても良いと思いますし、信頼回復を本気で目指しているなら使いまわしのコンテンツをなんとなく配信するよりは断然良いと思うのですけれどね。

 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。