こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 本日は10日に実装された期間限定クエスト「逢魔に誘う幻惑の森」についてあれこれと。
13

 設定として異世界オメガのクエントとヴェルン間に突如出現した大森林という事で、森の出現に巻き込まれた人々を救援するためにハリエットが向かったんだけどDFの反応もあるからアークス皆さんお願いしますという感じの内容。

26
 マップに関しては固定。高難度ルートが出た場合は追加エリアが出てくるといった感じ。 
 今回のクエストの大きな特徴の一つとしてC5エリア付近で発生するファルスアームとその取り巻きのキュクロナーダとサイクロネーダのグループ。このキュクロナーダとサイクロネーダには非常に大きなブーストがかかっており、難易度XHではHP+1000%、攻撃力+300%がブーストされ、見た目も通常時と違って若干大きくなりオーラを纏った風体となっています。
 またファルスアームもHP+300%のブーストがかかっていてこの地点が最初の激戦区という感じ。

 D5エリア付近からイグニクスが発生。プレイヤーの邪魔をしてきます。発生源のウォルガーダがE6地点付近に居るのでこの辺りは早期に雑魚エネミーをせん滅して進行していく必要があります。この辺は正直鬱陶しいだけで、なぜこんなデザインにしたのかちょっと疑問。

 高難度ルートでエネミーのオンパレードとなっており、一気に出現してくるわけではないが狭い地形のなかでミノタオルグスやオークの樽が非常に厄介となるエリア。ある程度殲滅してくるとリグシュレイダかイザネカヅチのどちらかが乱入してきます。このエリアを抜けた先ではMrポワンが出現。そのままオメガ・ヒューナルの待つエリア2へ進行できるようになっています。

 エリア2はオメガ・ヒューナルと取り巻きで魔物種が複数出現。魔物種に関してはある程度殲滅することで出現しなくなります。オメガ・ヒューナルのほうはこちらもHP+300%、攻撃力+100%のブーストが発生しており危険度が増しています。

 トリガー版は通常版との違いとして難易度XH限定、受注条件80/80となっており、制限時間30分、PT累計死亡回数9回までとなっており、死亡回数によって各個人のクリアランクが決まる仕組みになっています。
 またエネミーの攻撃力増加とプレイヤーのHP回復量減少の仕様も入っており、メギバースは99%カット、レスタ等の他の回復手段は40%カットとなっており、そもそも被弾すると辛い状況になる感じで、加えてトリガー版は高難度ルート確定でクエストが進行していく
ので通常版と違って大分難易度が引きあがっています。

 ドロップ品に関しては、☆13イヴリダ、バル、紅葉NTに☆14デモニアにマザー、デウス、大和産の9種もラインナップ。イヴリダユニットも落ちるようになっていますし、ウェポンズバッヂやクエストトリガーも落ちるようになっています。ほかにもデトネションのドロップ報告も見かけるので色々と落ちるクエストになっているみたいです。


 個人的な所感としては、「一応」新フィールドなわけじゃないですか、なのに出現エネミーもBGMも既存のものだけというのが残念という感じ。クエストの作りとしてもとりあえずエネミー強くしてイグニクスとか発生するようにして難しい感じにしとけばって思惑が大分浅ましい感じで、やりごたえはあるんだけど上手く手のひらで踊らされている感が個人的にはちょっと気に入らない印象。
 それでも紅葉NTや☆14はほしいですから上手くやってくれるなーという感じで関心もしてしまう内容だなと思います。
 実装前から常設化するかもという話も出てたクエストなので、この内容で常設化されるならドロップアイテムのラインナップ数も豊富ですしなかなか良いんじゃないかなと思います。

 という事で今回は以上でございます。また次回です。
 参加中です、ご協力頂けると嬉しいです。