こんにちは、こんばんは、ごきげんよう♪
ブログ担当なづきです。


 本日は新しく実装されたバトルアリーナについて。
11
 
  とりあえず昨日一昨日の2日間の空いている時間はバトルアリーナを回して、ランクもB2くらいまで遊んでの所感としては「ただただ楽しい」という感じ。5分間が非常に丁度よくもう一戦、もう一戦と繰り返しているとあっという間に時間が経っていたりしてびっくりすることが多々ありました。

 個人的にはやはりライフルとロッドの遠距離攻撃で立ち回るのが楽しい感じで、ソードは普段から全く触っていないという事もあって敵陣に飛び込んでもあっという間にやられてしまったりしちゃってました。

 ゲームとしてはやはりエンブレムの獲得数が大切になってくるので虹色の出てくる地点をいかに制圧・維持するかという部分が勝敗に大きく左右しますからできるだけ激戦区へ参戦するようにして仲間がより多く虹色のエンブレムを稼げるようにしたほうが良いです。

 試しに激戦区には行かずに他の場所の自チームや相手チームのエンブレムを集めるプレイも2、3回やってみましたが、エンブレム自体はたくさん稼げるので自分のチーム内ランキングは上がりますが、チームへの貢献力は小さい感じで勝てた勝負は1回も無かったでした。

 最初の内は訳も分からず目に入ったエンブレムは取りに行って、見つけた相手プレイヤーは倒すように動くみたいにがむしゃらにやってましたが、マップを見て動けるようになるとそれだけで随分変わってきます。

 個人的にオススメなPAはワンポイントとゾンデとメギド。
 ワンポイントは強いからという事でPP効率が試遊より悪くなっているとの事でしたがやはり攻撃時間が長いという強みがあるので使っていて安心感があるかなと思います。 
 ゾンデはフォイエとメギドと違って避けられにくいという強みがあります。発生が相手の頭上からなので攻撃を察知されにくいのは大きな強み。
 メギドはフォイエと違い追尾性能と破裂したときの巻き込み範囲の広さが強み。テクニックは素直に取り回しやすいフォイエ、不意打ちのゾンデ、追尾と破裂が強いメギドという感じで魅力的なものが多いですが、やはりチャージしなくちゃいけないというのが最大の欠点。チャージを維持したままでは動きも鈍くなるのでしっかりタイミングを見て動く必要があります。

 個人的に一番扱いにくかったのはライジングエッジ。一撃の大きさは一番だと思うのですが、これが当たる距離までそもそも技術的に接敵できないのが大きいです(´・ω・`)
 近接得意な人は尊敬しちゃいますね。

 スクラッチ景品に血塗れの禍々しいデザインが特徴的なジラドシリーズ迷彩やイザネ宝晶や強化上限値+1等が出てきます。

 1個だけ不満というか不便に感じる点として、私が見つけられてないだけという事もあるかもしれませんが、バトルコインの所持数が交換所に行かないと確認できないという点がだいぶ不便。これまでなら新通貨が追加されるとステータス表示内に情報が出ていたのに今回はそれが無かったのでちょっと不便かなーという感じ。


 今年のアークスグランプリにはたぶんバトルアリーナ部門出てくるでしょうから今後も盛り上がるコンテンツになりそうです。緊急待機等のちょっとした時間でも遊べる手軽さが個人的に素晴らしいと思いました。
 という事で、ざっくりでしたが所感でした。今回は以上となります。また次回です。
 参加中です、ご協力いただけると嬉しいです。